FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

 こんにちは。FX大好きママしましまです。

 ユーロが軟調です。昨日発表されたドイツの1月失業率が7.8%となり、失業者数も4年ぶりの大幅増加となったこと、トリシェECB総裁が、政策金利を2%以下まで引き下げ、景気支援に向け他の策も講じることが可能と発言したこと、米国株価の下落でリスク回避の流れが進んだことなどが影響しました。ユーロドルは昨日軟調ながらも1.3ドル台で推移し一時1.3178ドルまで上昇しましたが、NY時間に1.3ドルを割り込み1.28ドル後半まで下落、現在は1.29ドル台前半で推移しています。ユーロ円も軟調で、119円付近からずるずる下落し現在115円60銭付近となっています。ちなみにいつも先行して下げていたポンドですが、今回は特に対ユーロで堅調であり、現在対米ドルも1.42ドル台、対円も127円40銭近辺とさほど下げておりません。
 オセアニア通貨も利下げ余地があることから売られています。特にNZD、よく売られています。昨日早朝発表されたRBNZ政策金利発表ですが、予想100bpの利下げに対し、結果は150bp金利を引き下げ、ニュージーランドの政策金利は3.50%となりました。利下げは去年7月以降5度目となり、1999年オフィシャル・キャッシュレートが制定されてから最も低い水準となりました。そして今日午前ボラードRBNZ総裁が、「必要であれば追加利下げを実施する余地がある」との見解を示したためさらに下落し、現在対米ドルでは0.51ドル付近、対円では45.5円付近まで下げております。そしてオージーも来週にRBAキャッシュターゲットを控え、売り圧力が強いです。
 今日の米国経済指標は第4四半期GDP・速報値、1月シカゴ購買部協会景気指数、1月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などが予定されています。今週も今日で最後です、あと1日頑張りましょう。

 今日は90円台をキープできなかったドル円、1.2ドル台に下落してしまったユーロドル、そして今後下向きの流れが続きそうで心配なNZD/USDをとりとめもなく分析させていただきます。

★続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
【USD/JPY 4H】
usdjpy
ドル円4時間足です。ドル円は昨年12月17日の87.13円までの下落で一旦底を打ち、じわじわと下値は切り上げてきました。そして年が明けて何度も抑えられていた91円の壁を超え今月6日には一時94.63円までの上昇となりましたが、そこでドル円の上昇も一旦終了となり一転して下落の流れとなり、次々とサポートを割りついに90円のサポートを割れ、15日はロンドン時間に88.47円の安値をつけましたがNY時間に反発、先週はじめには91円前半までの上昇となりましたが再び下落の流れとなり、21日に安値更新で87.12円をつけました。その後戻しては売られの状態を繰り返しながらも昨日は90円台まで上昇、しかし90円台を維持することができず、現在は89円半ばでの推移となっています。
87.10円付近がダブルボトムとなり今後も上昇していくかですが、一応底は打ち、上を目指す流れとなってきていたのですが、90円台を維持することができず下落、今日も米バッドバンク設立をめぐる不透明感を背景とした円買いが進んでいます。なんとか90円~89円台後半を守り底堅い動きであれば上昇の流れ継続で再び90円超えを目指せるかと思いますが、上値はかなり重く、90円付近が限界なのかと思わせる動きです。今日はもうすでに89円30銭まで下げており、もう少し円高方向の流れになると88円台半ばぐらいまで下げてくるかもしれません。しばらくは88~90円近辺での値動きとなるのでしょうか。
大きな流れとしては完全に下向き継続ですし、この流れを覆す大きな材料がないかぎり、一時的に力強い戻りがあったとしてもそう大きく長期の下降トレンドラインを破っての力強い上昇はないのは間違いなさそうです。多少の戻りがあったとしてもそこではまた売られる、円高方向の流れがまだ続きそうです。

【EUR/USD 4H】
eurusd
ユーロドル4時間足です。1.38ドル台前半がサポートとならず、1.377ドル付近でも止まらず下落、1.38ドル付近のサポートを割れたことで流れが変わり、当面は大きく上昇は望めない流れになったかと思います。
先週は1.31ドル付近を保つことができず、1.3ドルを割れて1.2ドル台突入となりました。しかし1.28ドル割れではサポートされ、今週は頭を抑えられていた1.31ドルを超え、反発上昇の流れとなっていましたが、1.33ドル付近ではしっかり頭を抑えられて節目の1.31ドル台付近まで下落、1.31ドル付近を割りこんでしまい、1.3ドルを割れてしまいました。
やはりユーロドル、下方向の流れが続いているのでしょう。今回も1.28ドル付近で止まりしばらく大方1.28ドル~1.33ドルのレンジ内の値動きとなるのでしょうか。外れるのならレンジ下限1.28ドル付近を下抜けるの力の方が今のところ強そうに思います。
ユーロ円は、ユーロドルが1.3ドル台にしっかり乗せて上を目指してる間は下値も限定的で、上を目指せる流れになっていましたが、ユーロドルがまた1.2ドル台に戻ってしまいましたので、こういった動きをしている間は上昇は厳しそうです。ユーロ円などクロス円分析は明日またできたら記事にしようと思っています。
トリシェECB総裁は政策金利発表後の会見で、「2月会合は重要ではない、政策決定に適さず・次の重要会合は3月」と3月まで政策金利の変更はないことを述べており、来週の理事会では利下げをしない方針のようですが、昨日も政策金利について「現在2%だが、2%を下回る水準に引き下げることも否定していない。私が言ってきたことは、3月は非常に重要な局面になるということだ」と述べました。2月の会合で政策金利を据え置き、3月に再び50bpの利下げを実施するとの予想が主力になってきています、まだ利下げ余地があるユーロの売り圧力は根強いものとなりそうです。

トラコミュ外貨でお金持ち♪ FX活用術!

【NZD/USD 4H】
nzdusd
NZD/USD4時間足です。23日には0.5171ドルまで売られましたが、今週は持ち直し下値を切り上げてきていましたが、0.53ドル台前半、そして0.536ドル付近では頭を抑えられており、上へ抜けることができていませんでした。下値を切り上げてかなり収縮してきていたのですが、ブレイクしたのは下方向でした。今度は0.52ドル付近で上昇を抑えられる可能性が高くなってきました、戻り売りがしばらくは有利となりそうです。
昨日早朝発表されたRBNZ政策金利発表ではサプライズの150bp金利引き下げ、そして今日午前ボラードRBNZ総裁が、「必要であれば追加利下げを実施する余地がある」との見解を示し、高金利通貨としての魅力は薄れてしまい、オーストラリアと違い資源もなく「高金利」ということが主な魅力であったNZDをロングで持ち続けることの意義を問われる展開となってきました。現在対米ドルでは0.51ドル付近、対円では45.5円付近まで下げており、この評価も仕方ないかなといった印象です。 
0.6ドル台がすっかり遠くなってしまい、オージーとの乖離も進んでいるNZD、リスク選好の流れにならないとオージー以上になかなか買われてこないですし、リスク回避の流れになるとより一層のNZD売りとなるのでしょうし、NZD買いをするならしばらくは短期決済に限られれた方がよい状況かと思います。

★デイトレーダー達の今日の戦略は?にほんブログ村FX デイトレ・スイング派へ

トラコミュ主婦の為替日記

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。参考になったと思っていただけた方、
よろしければこのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援が励みになってます!

↓↓
誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ




★マネーパートナーズさんの新キャンペーン!!口座開設のみで3000円、プラス10万円以上入金だけで2000円もらえちゃいます!
                         ↓↓



★「FXメジャーズ」×しましまタイアップ
くりっく365なら「FXメジャーズ」「為替手帳 FOREX NOTE 2009」をプレゼント♪
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/905-21fae266
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替