FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

 こんにちは。FX大好きママです。

 今日は、日曜日ということで「FXの基礎知識」を更新します。今回はストキャスティクスについて、ダイバージェンスについてです。間が空いてしまい申し訳ありませんでした。(汗)
ストキャスティクスは、アメリカのジョージ・レーン氏によって考案されたテクニカル指標で、「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断するための指標、オシレーター系指標に分類されています。
ちなみに7月6日の記事に、トレンド系・オシレーター系について触れておりますので、お時間ございましたらご覧ください。

前回はストキャスティクスの使用法で、%Kが%Dを下から上抜けで買いサイン・%Kが%Dを上から下抜けで売りサインの話(ストキャスティクスについて②)をしました。今回はダイバージェンス(逆行)を見るために使用する方法を書きたいと思います。

eurusd
ユーロドル週足です。トレンドは上昇トレンド、1.6ドルをつけた後下落し再び1.6ドルを超えてきていましたが、オシレーター(スローストキャス・MACD)は前回の水準まで上昇せず下降を示唆しています。そしてその後実際に下降しています。
相場が上昇・下降を続けて加熱しているときにこのような現象がでれば、これ以上の上値追い、または下値をさらに売っていくのは危険だという目安になります。先を予測するための一つの材料としてダイバージェンスはかなり有効だと思います。ダイバージェンスは非常に興味深い、特に相場が過熱しているときに見ておきたい指標です。


ストキャスティクスも多くの方に使用されているポピュラーな指標です。テクニカル指標は何を使おうかと迷っていらっしゃる方は、移動平均線など組み合わせて使用されてみてはいかがでしょうか。

テクニカル指標は完璧なものではないですが、 私たちがトレードをする上で確かな道しるべになってくれます。人というのは何かに頼りたいものです。相場で何かに頼るのでしたらやはり自分の信頼するテクニカルのみにしておきたいものです。トレードは人それぞれ、見えているものもそれぞれ違います。見る時間足やテクニカル指標によってそのエントリー、エグジットは様々なものになり、「何が絶対に正しい」というものはありません。ご自分のライフスタイルに合わせ、最も無理のない形での自分なりのトレードをされるとよいと思います。

この週末や年末年始、仕事も休みでまとまった時間がある方は、今年を振り返ったり、来年へ向けての戦略を練ったり、テクニカルについてなど勉強にあてるのもよいですね。私のブログの方では、ぜひ過去記事FXの基礎知識など、ご覧になっていただけたらうれしいです。私が初心者のころ迷ったことなども書いております、何かのお役に立てれば幸いです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
湾岸諸国が通貨統合に動きだしましたね!

 来年は、世界の通貨システムが、どうなるか??

 新通貨誕生やら、多軸通貨システムへ移行か、米ドル一極機軸通貨システム温存か、いろいろうわさされてますので、波乱に満ちた年になりそうですね☆

 慎重の上にも大胆に攻めてみたいですね!来年の為替君は!(^^)
2008/12/29(月) 10:48 | URL | junichi #-[ 編集]
そうそう、通貨統合のこと書こうと思ってたのに忘れていました、明日覚えてたら書きます。(笑)
来年は難しい値動きの年になりそうな気がします。junichiさんのおっしゃるとおり波乱の1年になるかもですね!!
2008/12/29(月) 12:17 | URL | しましま 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/871-7bd95863
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替