FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

 こんにちは。FX大好きママです。

 昨日も年末相場で値動きも限定的でした。ユーロドルは一時1.41ドル台に乗せてきていましたが、再び1.40ドル台前半まで押し戻されています。ドル円は90円81銭で引けていますが、来週からまたどのような動きをするでしょうか。
 この週末や年末年始、仕事も休みでまとまった時間がある方は、今年を振り返ったり、来年へ向けての戦略を練ったり、テクニカルについてなど勉強にあてるのもよいですね。私のブログの方では、ぜひ過去記事FXの基礎知識など、ご覧になっていただけたらうれしいです。私が初心者のころ迷ったことなども書いております、何かのお役に立てれば幸いです。
 あと昨日も書きましたが、税金のこともしっかり考えておきたいですね。店頭取引の税制は大部分の方にとってかなり不利ですので、調節できるところはしっかりして、一番有利な形での納税に持っていきたいものです。もう時間がありませんし、この週末にベストな形にするために最終的につめておきたいですね。

 本日は、弱さ際立つポンドと、これから巻き返すのかのユーロについて、対比しながら勝手に分析させていただききます。
eurusd
ユーロドル日足です。12月18日に、ユーロドルは1.4718ドルまで上昇しましたが、1.462ドルは10月28日の安値1.2328ドルからの61.8%戻しの地点です。今回の動きは一旦この1.462ドル付近では跳ね返されたとみて、今回反転した1.38ドル付近をサポートにこれからまた上昇し、今度は1.48ドル~1.49ドルレベルでの攻防となり、そこを超えると次は1.49ドルをサポートに1.53ドル付近を目指していくのかと考えます。
先々週(9日の週)に始まったドル売りが本物と見るならば、年が明けてからいよいよ本格的なドル売りの流れ開始となり、ユーロドルは1.48ドル~1.49ドルレベルの壁を越え、1.5ドル台に乗せてくる可能性は十分あると思われます。1.5ドル台に入るとユーロ介入があるのではと言われておりますが、以前から一部で言われていたドル崩壊説ももしかすると・・・という状態ですし、ドルが売られれば買われるのはやはりユーロということになるのではないでしょうか。
一方1.375~1.38ドル近辺を守れず、加速度をつけて下落を始めると、11日にやっと抜けた1.33ドル近辺まで逆戻り、そこをまた抜けるようだと10月のように一気に下を目指すということも考えられます。 さらに1.24ドルを割り前回安値1.2328ドルも割り込んでしまうようだと今度はまず1.22ドル付近を目指し、1.20ドル付近まで行ってしまうかもしれません。1.2ドルというのは大きなポイントだと思います。1.2ドル付近はしっかり守れるのではと思っていますが、1.2ドルでもし支えられず下落となれば、1.173ドル付近までの下落も考えられます。
ユーロドルは個人的には、1.37ドル台後半~1.38ドル付近のサポートが破れるまでは押し目買い方向でよいかなと考えています。この年末から来年にかけてドルがユーロなどに対して、幅広く売られていく流れになるのか、それともユーロの戻しは終了で再び下落となっていくのか、最重要通貨ペアユーロドルの値動きには引き続き注目です。

gbpusd
ポンドドル月足です。ユーロドルと違いポンドの行き先に悲観的にならざるを得ないチャートです。ドル売りが強まれば1.5ドル付近までなんとか上昇し、1.5ドル台をキープできる展開となるとは思うのですが、ポンドもゼロ金利になるのではと言われており、実体経済もかなり落ち込んでおり、ここから力強く上昇する要素があまり見えないのが実情です。もし上昇するとしたら激しいドル売りの展開によるおこぼれ、といった感じでしょうか。
今週の終値は1.4591ドルで、ユーロドルは1.4ドル台を保って引けているのに1.46ドルを割ってくるとは、ポンドの弱さはかなり鮮明です。1.45ドル台中盤のサポートを破り、12月4日の安値1.4467ドルも割れてくるようだと1.4ドルを目指す展開へ、そして1.4ドルを切ることも現実味を帯びてくるのではと思います。
元英中央銀金融政策委員のウィレム・ビューター氏は、現在のポンド水準はまだ危機とは認識されないが、1ポンド=1.3ドル水準になれば暴落と認識されているようです。中期的にポンドドルが1.4ドル割れてくる可能性も十分ありそうですね。ポンド安はむしろ歓迎という声もありますし、高金利の魅力もすっかりなくなり 来年1月か2月あたりにゼロ金利になるのではないかといわれているポンド、今のところ中長期的にも暗い材料が多く、流れは完全に下向きです。リバウンド狙いの買いは超短期のみにしておきたいところです。


eurgbp
ユーロポンド月足です。もうこの上昇の勢いは止まらず、史上最高値更新を続けています。走り出した相場の怖さがよくわかる、なんでもありの展開です。
ユーロポンドは0.85を超えて大きく上昇、ポンドの弱さが手伝って伸び続け昨日ついに12/19につけた前回安値0.9561も更新し一時0.9619ポンドまで上昇、そして0.9611ポンドで引けています。まだ勢いが衰える気配がまったく見られません。ちなみに一昨日も記事にしましたポンスイも1995年の1.7424という史上最安値を破って下落が続き、昨日もなんと1.5608まで最安値を更新させ、下げ止まりが見えない状況です。
ユーロポンドは青天井状態で、英経済の見通しを考慮すれば、ユーロ高・ポンド安のトレンドは今後も継続する可能性が高いとの予想をするアナリストも多く、来年はユーロとポンドはいよいよパリティになってもおかしくないとの読みを立てられている方もいらっしゃいます、パリティもここまで来ると十分現実味がありますね。安易な逆張りだけは避け、弱さ増すポンドにはポンド売りの方向中心で考えたいです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
はじめまして。かつといいます。
勉強になりましたー。
ユーロポンド強いですよね。
0.85に向けて押し目買いできたら面白そうです。
また、勉強しにきます。では。
2008/12/27(土) 18:36 | URL | かつ #tSD0xzK.[ 編集]
かつさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
ユーロポンドははじけてますね、どこで反転するのか今のところ全く予想できない状態です。ポンスイもあわせて見ると面白いですよ。
では、ぜひまた遊びに来てくださいね!
2008/12/28(日) 10:20 | URL | しましま 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/870-22ecd6f3
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替