FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。
 
 こんにちは。FX大好きママです。

 ドル円、クロス円とも上値の重い展開が続いています。今年はもう上値は重いままで終わりそうな気配です。
 ビッグ3救済法案についてですが、ホワイトハウスと民主党は現地9日夜、ビッグ3に対して150億ドルを融資する救済策で基本合意したとのことです。民主党は早ければ10日に下院で採決し、上院に送付するという考えです、スムーズに採決にこぎつけることができると混乱も起こらず済むでしょうが、まだまだわからない、と思っておいた方がよいでしょう。なお、米FRBはビッグ3救済に対して消極的な姿勢だということで、バーナンキFRB議長は自動車メーカーへの対応については「十分な担保を有しているとしても、自動車メーカーへの融資はFRBの政策からの大幅な逸脱を意味する」と指摘しています。引き続きビッグ3問題から目を離せない状況が続きます。
 今日は注目すべき指標は特にないのですが、ビック3問題やNYダウの動き次第で相場が急変する可能性もあります。今日も気を引き締めて頑張りましょう。
 ソニーは昨日、中核であるエレクトロニクス事業で世界で約8000人の人員削減、派遣社員や業務委託など非正規雇用の人員についても8000人以上の削減を行う意向などの収益改善策を明らかにしました。ソニーはこの円高でダメージを受けた企業ですが、円高・ユーロ安を受けて、年明けからユーロ圏でエレクトロニクスの一部値上げを行う意向だそうです。大手でこれだけ厳しいのです、中小企業の苦しさも想定の範囲外のことばかりではないでしょうか。今後他企業もこのような策を打ち出してくるのではと言われております、日本の冬はこれからやってくるのでしょうか・・・。

 今日は、弱い動きのドル円、1.3ドル台がもう目の前のユーロドル、そしてクロス円の中で弱さ際立つポンド円を勝手に分析です。

usdjpy
ドル円4時間足です。昨日は92円台のままずるずると下落、一時91円台になりましたがすぐ切り返し、再び92円台に戻ったもののかなり上値の重い展開になっています。上昇する気配がないです。
大きな流れで見ると完全に下向きで、一時的に反発したとしても、引き続きかなり上値は重そうです。今日はまず92円60銭付近で値固め、そして93円にしっかり乗せたいところですが、引き続き上昇したとしてもあまり大きな上昇というのは期待できなさそうな動きです。上値をどんどん切り下げていますが、下げても92円はなんとか堅いサポートになるかを見たいと思います。
引き続き下方向への力が強い状態で、戻り売り有利な形が続いています。


eurusd
ユーロドル4時間足です。きれいな上昇トレンドを描いています。昨日は1.28ドルを確かなサポートにしながら力強い上昇で、1.3000ドルにタッチ、現在1.29ドル台中盤です。
ユーロドルは現在上向き継続、今度は1.28ドル台をサポートに上昇を続け、今日は1.29ドル付近をサポートに1.3ドル台に乗せることができるかに注目です。最近の動きを見ているとユーロドルに関してはドル売りの傾向になってきているかと思いますが、その流れは期待しても何度も覆されていますし、ドル売りがこのまま続くのかは引き続き慎重に見ていきたいところです。
一方大きな流れとしては依然下向きであり、今のところ1.24ドル台前半では下げ止まり、その後反発を見せているユーロドルですが、もし一旦崩れてしまい安値を割り込むと更なる下落が懸念されます。1.25ドル付近を割り込みまた下落となると1.24ドル付近、そして前回安値1.2328ドルが見えてきます。もしそのような下落となり安値更新、まだ加速度がついて下落となるとユーロ円も前回安値113.62円を割る可能性もあり、今の短期の上昇の流れが急変しての急落には注意したい局面です。


gbpjpy
ポンド円4時間足です。他のクロス円がドルストレートでのドル売りで持ち直している中、ポンド円はポンドドルが弱いこともあり、そんなに上昇できていません。ドル円も売られておりこの状態ですし、よほどポンドドルが復活してこないと上昇は難しそうです。一方ユーロは持ち直していますので、ユーロポンドはまた高値更新で青天井状態です。
クロス円の中で弱いのはポンド円・スイス円・NZ円ですが、ポンド円の弱さは際立っており、下値目途がまだつかない状況となっています。目先138円、そして140円台回復をしたいところですが、なかなか上昇できない、むしろ何かの後押しで安値更新・130円付近までの下落の方が懸念されます。
元英中央銀金融政策委員のウィレム・ビューター氏は、現在のポンド水準はまだ危機とは認識されないが、1ポンド=1.3ドル水準になれば暴落と認識されているようです。ポンドドルが1.4ドル割れてくる可能性も十分ありそうですね。 来年1月か2月あたりにゼロ金利になるのではないかといわれているポンド、中長期的には暗い材料があまりに多く、流れは完全に下向き、引き続き戻り売りのみにしておきたいところです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
ドル円君、膠着状態ですね!
がちがちに固まったまま、92円付近に居座ってますね~。

 おそらく来年、米ドル機軸通貨体制崩壊で、超ぉー円高か?

 その不安があると、長期で、外貨を保有するのは、気が引けちゃいます。

 機軸通貨体制維持なら、なんとなく買ってもいいかな・・なんて思うんですが!

 様子見でしょうか(^^) 
2008/12/11(木) 09:35 | URL | junichi #-[ 編集]
ドル円は硬直状態ですね~!でもドルストレートは面白いことになってますよ!
これからまだ円高になる可能性も否定はできませんよね。ユロドルやポンドルなども上昇トレンドの時はガンガンにドル売られましたからね。でも、こういうときに買ってる人が大きく儲けたりするんですけどね。
2008/12/11(木) 16:26 | URL | しましま 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/850-973c21d9
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替