FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。
 
 おはようございます。FX大好きママです。



 今日は、ユーロのことを少し・・・・。


 いつも読んでいるEトレード証券からのメルマガから、興味深い記事をご紹介です。

「為替市場では、年末・年始に悪材料が重なりドル・円は急落した。相次ぐ弱
 い米経済指標の発表、パキスタンでのブット元首相の暗殺を受けた、地政学
 リスクの高まりとドルには逆風が吹いた。市場参加者が少なかったこともあ
 り、日本の輸出企業にとっても予想外のドルの下落だったようだ。昨年の年
 末で1ドル=114円でドル売り注文を入れていた自動車会社はさらにドルは
 上昇すると見ていたようで、「ドル売りのタイミングを逃がした」(邦銀)
 という。現在、市場での話題は、米景気後退懸念を受け、ドルがどこまで下
 落するかということ。1月~2月にかけ米大手金融機関の決算が本格化する上、
 FRB(米連邦準備制度理事会)の大幅利下げ観測が強まっており、一部では
 1ドル=100円を大幅に割り込んでくるとの見方も出ている。
 ただ、悪材料ばかりではない。ブッシュ大統領が大幅減税の恒久化を目指す
 考えなどを示しており、米政府が景気回復に向けた政策の検討をしているこ
 とに期待する市場関係者は多い。また、8日発表になった米11月中古住宅販
 売成約指数は前月比マイナス2.6%と市場予想は大幅に下回ったが、前回値
 が大幅に上方修正された。この結果を受け、一部では米住宅市場の底入れの
 兆しも見え始めたとの指摘も出ている。また、サブプライムローン問題も
 「米大手金融決算発表が終われば一巡する」(エコノミスト)との声もある。
 そんな中、主要通貨で中期的に上昇が期待できそうな通貨はユーロだろう。
 ECB(欧州中銀)は依然としてインフレ警戒を強めており、「4月以降は利上
 げを再開する」(同エコノミスト)と見られる。欧州圏は域内や中東向けに
 輸出が伸びており、欧州の経済は好調に推移している。各国中央銀行がユー
 ロシフトに傾いていることもユーロには追い風となる。」

 ドル円は、状況次第では本当に100円を割り込む可能性もありますね、まあ、そう簡単には割れないと思ってはおりますが・・・。何かのきっかけで砂の城のようにもろく崩れてしまいますからね、常にどうなってもよいように万全の対策を練るべきだと思います。「この辺でさすがに止まるでしょ~。」なんて考えは捨てた方がよいです。
 中期的に上昇が期待できそうな通貨はユーロ、これは私も同感です。あ、でも、なるべくファンダの要素は取引に持ち込まないよう気をつけたいと思ってはいます。(汗)ユーロドルの売りがおととしは大好きでしたが、さすがに去年はほとんどロングでした。(笑)今年はまたじわじわと上昇していくだろうとは勝手に思っておりますが、下げるときは非常に早く激しいので、そのショートの波にもタイミング合えば乗っていきたいところです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/13(日) 16:56 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/498-372a6f97
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替