転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2014年6月30日(月)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、102円台中盤では上値重いドル円、反発の動きとなれるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週は日銀金融政策決定会合・RBNZ政策金利発表や米小売売上高等に注目/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週2日は101.86円と先週終値より約10銭ほど上でオープンし東京時間に102円台を付け欧州時間まで102円を挟んで底堅い動き、NY時間は上伸し午後に102.48円の高値を付け、3日は東京時間はやや軟調に推移し102.30円付近まで下落、欧州時間は102.30~102.40円台での小動き、NY時間は102.50円台へ小幅に上昇、4日は102円台中盤での推移でした。
5日は東京時間・欧州時間は102円台中盤でやや軟調に推移、NY時間はユーロ売りが進み102.73円の高値を付けるもその後は失速し102.40円台中心での小動き、週末6日は米雇用統計までは102.20~102.30円台で小幅な値動き、米雇用統計後小幅上昇し102.61円の高値を付けるも102.60円付近では上値を抑えられ102.45円で引けました。

102円台中盤~後半では上値重いドル円ですが、今週堅調に推移すると4日の高値102.79円付近~103円付近、103円台へしっかり乗せれば103円台中盤へ向け上昇できるか見たいです。
一方、軟調な動きとなると102円~101円後半、まだ弱い動きとなると101.50円付近への下落が考えられます。




【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週2日は1.3637ドルと先週終値とほぼ同位置でオープン、東京時間は1.3620~1.3630ドル台で小動き、欧州序盤は下落し1.36ドルドルを割り込むもその後反発し1.36ドル台へ戻す動きに、NY時間再び軟調な動きとなり1.3588ドルの安値を付けその後も1.3590ドル台で軟調な値動き、3日は東京時間は1.36ドル付近で小動き、欧州序盤は1.36ドルを割り込む動きとなるもすぐ1.36ドル台へ反発し1.3620ドル台へ上昇、NY時間は1.3648ドルの高値を付けるもそれ以上の伸びはなく1.3620~1.3630ドル台での動きとなりました。
4日は東京時間~欧州時間は1.36ドル台前半で推移、NY序盤に1.3638ドルの高値を付けるもその後軟調な動きとなり1.36ドル割れまで下落、5日は東京時間~欧州時間は1.35ドル台後半~1.36ドル台前半で推移、ECB政策金利発表・ドラギ総裁会見で乱高下となり1.3503ドルの安値を付けた後1.36ドル台へ急反発し1.3670ドルの高値を付けその後も1.3660ドル付近で推移しました。
週末6日は東京時間は1.3660ドル付近で小動き、欧州時間は軟調に推移し1.3620ドル付近まで下落、NY時間は米雇用統計後上下するもその後1.3640ドル付近で落ち着いた値動きとなり1.3641ドルで引けました。

ECB政策金利発表後は大きく下落した場面もありましたが、概ね1.36ドル付近~1.36ドル台中盤でのレンジとなっているユーロドルですが、今週上昇すると1.36ドル台後半~1.37ドル台前半へ、まだ強い動きとなると1.37ドル台後半へと上昇できるか見たいです。
一方、軟調な動きとなると1.36ドル台前半~1.35ドル台後半、下抜けると1.3550ドル~1.35ドル台前半への下落が考えられます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2816-c2223e60
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替