FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちはFX大好きママしましまです。

昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想32.2万件に対し結果29.8万件、米・ 第3四半期GDP・改訂値は市場予想前期比年率+3.1%に対し結果前期比年率+3.1%と予想より強い結果となりました。
NYダウは米量的緩和の早期縮小観測を受け5日続落し、前日比-68.26ドルの15821.51ドルで引けました。

今日は今週注目のビッグイベント・米雇用統計が発表されます。11月非農業部門雇用者数が+18.5万人、11月民間部門雇用者数が+18.0万人、11月失業率が7.2%の市場予想です。
前回は、10月非農業部門雇用者数が市場予想+12.0万人に対し結果+20.4万人、10月民間部門雇用者数が市場予想+12.5万人に対し結果+21.2万人と予想を大きく上回る強い結果に、10月失業率は7.3%と市場予想通りの結果に、また、9月分・8月分の非農業部門雇用者数も上方修正されましたが、今回非農業部門雇用者数は予想以上の結果となれるか、また失業率も改善となるかどうかが注目されます。

その他今日の主な経済指標等は、加・11月雇用ネット変化/11月失業率、米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。
米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値の市場予想は76.0です。


昨日はECB政策金利発表後の記者会見で、ドラギECB総裁が追加緩和に対し具体的発言をせず、予想より弱くない内容だったためユーロは買われ、ユーロドルは1.3677ドルと先月末以来の高値を付けました。
一方、ドルは強い経済指標発表後上昇する場面もありましたが総じて軟調で、ドラギECB総裁の発言後売りが強まり対ユーロでは前述の通り1.3677ドルまで売られ、対円でも102円を割り込み101.62円の安値を付けました。

今日はドル円は102円手前まで緩やかに上昇も上値重く、今晩に米雇用統計が控えていることもあり全体的に小動きとなっています。
今日はまず米雇用統計に注目、ドル円は102円台へ戻し反発となるか、ユーロドルは1.36ドル台中盤を維持し更に上昇となるか等見ながら、米雇用統計後もドル売り基調となるのか、米雇用統計後の短期でわかりやすい流れとなれば頑張りたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、102円台回復できるかのドル円、レンジ上抜けのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週2日は102.49円でオープンし東京時間は主に102円台前半でのもみ合いでしたが、欧州時間は堅調な動きで先週の高値102.61円を上抜け102円台後半へ、そしてNY時間も堅調な流れは継続し5月23日以来の103円台を付け103円付近で底堅く推移、3日は東京時間は堅調な流れで103.38円の高値を付けましたが、欧州時間はドル売りが進み103円割れし102円台中盤まで下落、NY時間もドル売りの流れは継続し終盤には一時102円も割り込む動きとなりました。
4日は東京時間は下値を切り上げ欧州序盤に102.84円の高値を付けるもそこからは102円台前半まで反落、NY時間には102.70円付近まで反発するもNYダウの大幅下落等を受け午後には102円を割り込み101.82円の安値を、しかしその後はすぐ102円台前半まで反発、昨日は102.40円台まで反発も上値重くじりじりと上値を切り下げる動きで、NY午後には102円を大きく割り込み101.62円の安値を付けました。

今日も102円手前では上値重く現在101.80円台で推移していますが、ここからも弱い動きとなると昨日の安値101.62円付近を守れるか、下抜けると101円台前半~101円付近への下落が考えられます。
一方、ここから反発の動きとなると102円台へしっかり乗せ、昨日の高値102.44円を超え4日の高値102.84円~103円へと上昇できるか見たいです。




【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週2日は1.3586ドルでオープン、東京時間は1.36ドル付近で底堅く推移も欧州時間に1.35ドル台前半まで大幅下落、NY時間も1.35ドル台前半~中盤で上値重い動き、3日は東京時間は1.3540ドル付近で推移、欧州時間から下値を切り上げる動きとなりNY時間には1.36ドル台へ乗せ1.3613ドルまで上昇、しかし1.36ドル付近では上値重くその後は1.35ドル台後半へ反落しました。
4日は東京~欧州時間は1.35ドル台後半で推移、NY序盤に1.36ドルを付けるもその後米指標の好結果を受けドル買いとなり1.3528ドルまで大幅下落、しかし午後には反発し1.3605ドルの高値を付け1.36ドル台は保てなかったものの1.35ドル台後半で推移、昨日は東京時間は1.35ドル台後半から1.36ドル台前半へ上昇、欧州時間はやや軟調で1.35ドル台後半へ反落、NY時間は序盤1.3543ドルまで下落もその後ドラギECB総裁が追加緩和について具体的発言をしなかったことから大幅反発、1.36ドル台前半のレジスタンスを超え1.3677ドルの高値を付けました。

今日は今のところ1.3660ドル台での小動きが続いていますが、ここからも上昇の動きとなるとまず1.37ドル台へ乗せることができるか、まだ上へ行くと1.37ドル台中盤~後半まで上昇できるか見たいです。
一方、ここから軟調に推移すると1.36ドル台前半~1.35ドル台後半への下落が考えられます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2646-337eeecb
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替