転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・7月NY連銀製造業景気指数は、市場予想5.00に対し結果9.46と予想より強い結果に、一方、米・6月小売売上高は市場予想前月比+0.8%に対し結果前月比+0.4%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは小幅続伸、前日比+19.96ドルの15484.26ドルと3営業日連続史上最高値を更新して引けました。

今日の主な経済指標等は、英・6月消費者物価指数、独・7月ZEW景況感調査、米・6月消費者物価指数、米・5月対米証券投資、米・6月鉱工業生産などの発表が予定されています。
米・6月消費者物価指数は前月比+0.3%、米・5月対米証券投資は-250億USD、米・6月鉱工業生産は前月比+0.3%の市場予想です。


昨日の東京時間は、東京市場が休場ということもあり目だった動きはありませんでしたが欧州時間はドル買いに、NY時間は米6月小売売上高の弱い結果等を受けドルが売られ、全体的に方向感掴みづらい動きでした。

今日はラッド豪首相が「炭素税を廃止する」と発言したことやRBA議事録を受けオージーが上昇、対米ドルでは0.9179ドル、対円では91.57円の高値を付けています。全体的には今のところ目立った動きは出ていません。
17・18日にバーナンキFRB議長の議会証言を控えなかなか明確な動きは出なさそうですが、ここからドル円はまた100円台を回復してくるか、ユーロドルも現在のレンジを抜けてくるのか等見ながら、今日も短時間の取引を考えています。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、また100円台へ乗せることができるかのドル円、レンジ内で推移しているユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週前半は100円台後半~101円台中盤での揉み合いでしたが、10日にFOMC議事録・バーナンキFRB議長講演を受け大幅下落し100円割れ、11日は98円台前半まで下落した後99円を挟んで上下に振れる動きで、週末12日は98円台後半~99円台中盤で推移し99.22円で引けました。
今週15日は99.35円でオープンし東京時間は99円台前半で小動き、欧州時間に上昇し100円台乗せ、NY序盤には100.48円の高値を付けましたが、その後は小売売上高の弱い結果等を受け99円台後半へと反落していきました。


今日は今のところ99円台後半~100円での小動きとなっていますが、ここから上昇すると100円台にしっかり乗せ昨日の高値100.48円付近へと上昇できるか、もしまだ強い動きとなると100円台後半~101円付近へと上昇できるか見たいです。
一方、ここから軟調な動きとなると99円台中盤~99円台前半への下落が考えられます。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週は序盤8日に上昇するも翌9日には反落し1.28ドルを割り込み1.2755ドルの安値を付ける弱い動きに、しかし10日に急伸し11日には1.3206ドルの高値を付けるもそこからは上値重い動きとなり週末12日は1.30~1.31ドルのレンジで推移し1.3068ドルで引けました。
今週15日は1.3075ドルでオープン、東京時間は1.3050~1.3070ドル台での小動きでしたが、欧州時間に下落し一時1.30ドルを割り込む動きに、NY時間には反発しNY午後には再び1.3050~1.3070ドル台へでの値動きとなりました。

今日も1.3050~1.3070ドル台での値動きで今のところ1.3070ドル付近で推移していますが、ここから堅調な動きとなれば、1.31ドル台前半~1.31ドル台中盤へ上昇できるか見たいです。
一方、ここから軟調な動きとなると1.3050ドル付近、大きく下抜けると昨日のように1.30ドルでは支えられるか注意したいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2520-377f4ccd
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替