FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.8銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.3銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 1.2銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.5pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 2.4銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.9pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.8銭原則固定、ポンド円1.3銭原則固定なのにかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリックFXでは、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2013年3月31日(日)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、94円台へ乗せ更に上を目指せるかのドル円、上値重いものの1.33ドル台を維持する動きとなるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週はまずG20後の動きに注目、円安相場継続となるか?/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週11日は92.74円でオープン後軟調に推移し92.36円の安値をつけ92円台中盤で推移、欧州時間には株価の堅調推移や黒田アジア開発銀行総裁が「物価目標のため、日銀は年内の追加金融緩和を正当化できる」と発言したこと等を受け93円台を回復しNY時間終盤までは93.20~93.50円台で推移していましたが、NY終盤にブレイナード米財務次官が「日本の成長支援・デフレ脱却に向けた措置を支持する」と発言したことを受け94円台へと急伸、2010年5月5日以来の高値94.46円を付け、12日は東京時間は94円を下回る場面もありましたが底堅く推移し、欧州時間はG7声明発表後円安容認と捉えられ94.41円の高値をつけるも昨日の高値94.46円には届かず、NY時間にはG7当局者が「G7声明は誤解されており、声明は円の過度な動きに関する懸念を示唆した」との報道を受け92.95円まで急落、その後NY終盤にかけ93円台中盤へと戻す荒れた動きとなりました。
13日は、東京午前は軟調に推移し午後には93円を割れる動きとなるも93円付近では底堅く推移、欧州時間にはG20ホスト役のロシア財務省高官が「円は明らかに過大評価されてきた。状況を監視するべきだ」「ロシアは日本が為替介入をしていないことが重要と認識している」との見解を示したことにより93.78円まで上昇、しかしそれ以上は伸びずNY時間は概ね93.40~93.50円台の狭いレンジで推移、14日は東京時間には93円台中盤で推移していましたが欧州時間93円台前半へ下落、NY時間は93円付近で推移しNY終盤に93円を大きく割り込み92.67円の安値を付けました。
週末15日も欧州時間までは軟調な動きとなり92.22円の安値を付けましたが、NY時間にラガルドIMF専修理事の「ユーロ高と円安は政策の進化として歓迎すべき側面もある」等の発言や、G20声明を巡る協議で日本が名指しされない見通しとなったこと、米指標の好結果等から円売りが急速に進み93.84円まで上昇、93.51円で引けました。

先週は11日に2010年5月5日以来の高値94.46円を付けた後は弱い動きとなっていましたが週末15日には反発、今週も反発の流れ続くと週末15日の高値93.84円を上抜け94円台へ乗せることができるか、更に強い動きとなると11日の高値94.46円を超え2010年5月5日の高値94.98円~95円へ向け上昇となるか見たいです。
一方、今週軟調な動きとなると93円付近では止まれるか、92円台後半を下抜けると92円台中盤~今週15日の安値92.22円付近への下落が考えられます。




【USD/JPY 月足】
usdjpy2
こちらはドル円月足です。

ドル円は2008年3月に102円の重要サポートを割り、リーマンショック後から100円割れが定着、上値もどんどん切り下げずるずると下落を続けました。2011年も安値を更新し続け、3月17日早朝にはついに史上最安値を更新、一時76.25円をつけました。
2011年3月のこの急激な下落がセリングクライマックスのような雰囲気はありましたが、その後なかなか反発の兆しが感じられず、8月19日にはついに76.25円を下抜け75.94円まで史上最安値更新、そして10月25日に75.73円、26日に75.71円、27日に75.66円と3日連続で最安値更新となりました。
10月31日は日銀による円売り介入により79.53円まで急伸するも80円台へは届かず反落、その後は76.50~78.30円のレンジで長い期間推移しました。

2012年に入り、1月25日のFOMC後下落が進み1月30日には76.50円割れ、2月1日.2日には76円割れが懸念される動きとなりました。しかし76円台は何とか維持され2月3日は米雇用統計の強い結果を受け反発、その後も堅調に推移し続け、2月14日には200日線も走る長い間レジスタンスとして機能した78.30円を上抜け、2月22日には昨年8月4日以来の80円台へ乗せ、その後も80円台を維持しながら堅調に推移し3月15日には84.17円まで上昇したものの、84円台へしっかり乗せることができずそこからは緩やかに下落、4月下旬~11月上旬まで概ね78円~80.50円でのレンジが続きました。
11月中旬からレンジを抜け上昇を始めたドル円は12月17日に3月15日に付けた年初来高値84.17円を上抜けその後も年初来高値を更新、先週は週初11日に94.46円まで高値を更新するもその後は反落、週末には反発し93.51円で引けました。

月足で見ると、2010年9月から2012年11月まで概ね84~76円のレンジにおさまる動きを継続していましたが、2012年12月はついにレンジを上抜け、先月は90円の大台へ乗せ、現在もまだ堅調な流れが続いています。このまま月足レベルの揺るぎない大きな上昇の流れが続いていくのか、ここからも期待を持って見ていきたいです。


usdjpy2
ちなみにこちらが約18年前・1995年のドル円日足チャートです。
年明けから100円をレジスタンスにし、2月に96円割れをしてからきつい下落となり4月には史上最安値79.70円(GFT)をつけます。その後87円付近まで上昇してからまた82円付近へと下落し、2ヶ月ほど85円をレジスタンスに揉み合いを続けた後本格的に上昇開始となりました。
今回はどのような形でこの円高が終了するかまだわかりませんが、参考までに載せてみました。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週11日は1.3368ドルでオープンし緩やかに下値を切り上げるも1.34ドル付近では上値重くNY時間には再び1.33ドル台中盤まで下落、しかしその後バイトマン独連銀総裁の発言を受け1.3427ドルまで上昇、その後再び押しも度され1.34ドルを挟む動き、12日は東京午後に1.33ドル台後半へ下落するも欧州時間に1.34ドル台中盤へと反発、NY時間もも1.34ドル台前半では底堅く1.34ドル台前半~中盤で推移しました。
13日は、東京時間は1.34ドル台中盤での小動き、欧州時間は対ポンドでのユーロ買い等から1.34ドル台後半へと上昇、ストップロスを巻き込み一時1.3520ドルの高値を付けましたが、その後NY時間ECBはユーロ高が危機に見舞われる国の景気回復を損なうと懸念しているとの独紙の報道やポルトガルの失業率の悪化懸念から1.34ドル台中盤へと下落し、そのままもみ合いとなり、14日は東京時間は1.34ドル台中盤で推移するも欧州時間は独・仏GDP、欧州GDPの弱い結果やコンスタンシオECB副総裁が「マイナス金利は常に可能だ」と発言したこと等を受け大幅下落し1.3315ドルの安値を付け、NY時間はやや反発も1.3340~1.3350ドル付近では上値を抑えられる動きとなりました。
週末15日は、東京午後にバイトマン独連銀総裁の発言から1.3393ドルまで上昇するも、その後は株価の下落等から軟調に推移し1.33ドル台前半へ下落、NY時間にはユーロ円の上昇等を受け1.33ドル台中盤へ反発し1.3358ドルで引けました。

今週1.33ドル台を維持しながら上昇となると1.34ドル台へ乗せることができるか、堅調な動きとなると1.34ドル台中盤へ、まだ強い動きとなると1.35ドル~13日の高値1.3520ドル付近へと上昇できるか見たいです。
一方、今週再び軟調に推移すると15日の安値1.3306ドル~1.33ドル、下抜けると1.3260ドル付近、まだ弱い動きとなると1.32ドル~1.31ドル台中盤への下落も考えられます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2380-6ed31d4d
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替