転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は米指標の発表はありませんでした。
NYダウは小幅に続伸し、前日比+18.89ドルの13507.32ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・12月消費者物価指数、米・1月NY連銀製造業景気指数、米・12月小売売上高、米・12月生産者物価指数などの発表が予定されています。
米・1月NY連銀製造業景気指数は0.00、米・12月小売売上高は前月比+0.2%(除自動車:前月比+0.2%)、米・12月生産者物価指数は前月比-0.1%の市場予想です。


昨日はドル円が東京午前に89.67円まで高値を更新したものの、そこからは上値重く推移しNY時間には一時89.09円の安値安値をつけるも89円台前半では底堅く、再び89円台中盤へと上昇する動きとなりました。
ユーロは引き続き堅調に推移し、ユーロドルは1.34ドル付近では上値重いものの1.33ドル台中盤では底堅い動きでした。

今日は東京午前にドル円が89.63円の高値を付け、クロス円も堅調に推移していましたが、甘利経済再生相が「円安には国民生活にマイナスの影響もある」などと発言したことを受け円買いが進みドル円は88.63円まで急落、クロス円も大幅に下落し現在も上値重く推移しています。
今日はまず米・12月小売売上高をはじめとした米指標に注目、ドル円が89円付近で底堅く推移できるかなど見ながら、ここからドル円・クロス円が反発できるかどうか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、89円付近を維持できるかのドル円、1.34ドル付近では上値重いユーロドルの分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 週足】
usdjpy
ドル円週足です。クリックしてご覧ください。

先週は前半やや調整も87円付近では底堅く推移し反発、9日には88円台へ反発しその後も堅調に推移、週末11日には2010年7月14日以来の89円台へと上昇し89.45円の高値を付け89.19円で引けました。
今週14日は89.30円でオープンし89.67円の高値を付けた後は89円台中盤で推移、欧州時間からNY時間にかけては軟調な推移でNY時間には89.09円の安値をつけるも89円台前半では底堅くNY午後には89円台中盤へと戻していく動きとなりました。

今日は東京午前に89.63円の高値をつける堅調な動きでしたが、甘利経済再生相が「円安には国民生活にマイナスの影響もある」などと発言したことを受け円買いが進み88.63円の安値を付ける急落となり、現在も89円付近で上値重く推移しています。
ここからも軟調な推移となると88.80円~今日の安値88.63円付近への下落が考えられます。
一方、ここから堅調な動きとなると89円台へ戻し89円台中盤へと上昇していけるか見たいです。




【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週前半~中盤は上値重く推移するも、10日はドラギECB総裁の記者会見を受け利下げ観測が後退したことで1.32ドル台まで急伸し1.3273ドルの高値を付け、週末11日も堅調に推移しNY時間に1.3365ドルの高値を付け1.3343ドルで引けました。
今週14日は1.3362ドルでオープンし1.3404ドルまで上昇するも1.34ドル台へしっかりと乗せることはできず1.33ドル台中盤へとじりじり下落、NY時間は再び反発しNY午後には1.3394ドルの高値をつけるも1.34ドルを前に上値を抑えられる動きとなりました。

今日は東京午前は1.33ドル台後半で推移していましたが、午後に入り1.33ドル台中盤へと下落してきています。
ここから1.33ドル台中盤を割り込んで弱い動きとなると1.33ドル台前半~1.32ドル台後半への下落が考えられます。
一方、ここから堅調な動きとなると1.33ドル台後半へ、そして1.34ドル台へしっかり乗せていく動きとなるかどうか見たいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2347-94c3c3f7
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替