転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

冒頭から相場とはあまり関係のない話で恐縮ですが、今日突然GFT東京から「GFT本社の決定としてアメリカでのビジネスの停止を決定いたしました。お客様のFX口座、もしくはCFD口座は日本支社を経由でアメリカにおいて口座を開設していただいていることから該当いたします。」とのメールが来て、とても驚いています。
代理店も、今日突然GFTから連絡があり現在対応を協議しているとのことです。
私は約7年前アメブロの方で知り合った友人に為替を教えてもらい、その友人に強く勧められたのがこのGFTのチャートで、それ以来ずっとGFTのチャートを見続けてきただけにかなりショックです。詳細はこれからということなので、とりあえず出金して様子を見ます。


では、通常の更新に戻らせていただきます。
今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は週末7日の米雇用統計をはじめ、RBA政策金利発表、BOC政策金利発表、RBNZ政策金利発表、BOE政策金利発表、ECB政策金利発表、また、米・11月ISM製造業景況指数や米・11月ADP全国雇用者数等の米重要指標や豪・10月小売売上高、豪・加雇用統計等、注目材料が目白押しです。

最も注目される米雇用統計は、11月非農業部門雇用者数が+9.0万人、11月民間部門雇用者数が+10.0万人、11月失業率が7.9%の市場予想です。
前回は10月非農業部門雇用者数が市場予想+12.5万人に対し結果+17.1万人、10月民間部門雇用者数が市場予想+12.3万人に対し結果+18.4万人と予想を大きく上回る結果に、10月失業率は市場予想通りの7.9%でしたが、今回も非農業部門雇用者数が予想を上回る強めの結果となれるか、失業率が7%台を維持できるかに注目です。

今週の政策金利関連は、4日にRBA政策金利発表、BOC政策金利発表、6日にRBNZ政策金利発表、BOE政策金利発表、ECB政策金利発表が予定されています。
4日のRBA政策金利発表では、政策金利の0.25%引き下げが有力視されています。
また、米雇用統計以外の今週の主な経済指標等は、3日に豪・10月小売売上高、米・11月ISM製造業景況指数、4日に豪・10月住宅建設許可件数、豪・第3四半期経常収支、5日に豪・第3四半期GDP 、米・11月ADP全国雇用者数、米・11月ISM非製造業景況指数、6日に豪・11月新規雇用者数/11月失業率、欧州・第3四半期GDP・改定値、米・新規失業保険申請件数、7日に豪・10月貿易収支、英・10月鉱工業生産、加・11月雇用ネット変化/11月失業率、米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。


先週は全体的に円安の流れが継続する週となりましたが、今週も円安継続となるか、今週は週末7日の米雇用統計をはじめ、RBA政策金利発表、BOC政策金利発表、RBNZ政策金利発表、BOE政策金利発表、ECB政策金利発表、米重要指標や豪・10月小売売上高、豪・加雇用統計等の注目材料が非常に多いので乱高下に注意し、ドル円は4月2日以来の83円台へ上昇なるか、ユーロドルは1.30ドル台へとしっかり乗せていけるか等、円安基調の相場を見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、82円台中盤~後半へ上昇なるかのドル円、1.30ドル台を維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週26日は82.35円でオープン、午前9時台に82.62円まで上昇するもそこからは軟調な動きとなり欧州時間には一時82円を割り込む場面もあり、NY時間には82円台前半で上値重く推移、27日は、東京午前に81.86円の安値を付けるもその後すぐ82円台へ反発し、82円台前半での推移が続きました。
28日は、仲値後に実需の売りから82円割れを起こしその後は81.80円台で小動き、欧州、NY時間も81.70~81.90円台での推移、29日はNY時間に一時82円を割り込む場面があったものの、概ね82~82.20円での狭いレンジでの動きとなりました。
週末30日には82円台前半~81円台後半のレンジを上抜け堅調な流れとなり82.75円まで上昇し82.47円で引けました。

今日は今のところ82.30円台~82.40円台での小動きとなっていますが、ここから堅調に推移すると82.50円台へ乗せ、11月30日の高値82.75円~11月22日の高値82.83円へと上昇できるか見たいです。
一方、ここから軟調な動きとなると82.20円付近では止まれるか、82円を下抜けると81.80円~11月28日の安値81.69円付近への下落が考えられます。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週26日は1.2968ドルでオープン、終日1.29ドル台中盤~後半での小動きとなり、1.2950ドル付近では底堅い動き、27日は、東京午前にギリシャ債務削減で合意等の報道を受け1.29ドル台後半~1.30ドル台前半で少々荒い値動きとなりましたが1.30ドル台へしっかりと乗せることができず、欧州時間には売りが強まり1.29ドル台中盤へと下落、NY時間も軟調に推移し1.29ドル台前半へと下落しました。
28日は1.29ドル台前半で上値重く推移し、欧州時間~NY前半は軟調な動きとなり1.29ドルを割れ1.28ドル台後半での推移、NY午後にはNYダウの上昇等を受け1.2930~1.2940ドル台へと回復、29日は堅調な動きとなりNY時間には1.30ドルを超え1.3014ドルまで上昇しましたが、そこからはベイナー下院議長が「財政協議で大きな進展はない」と発言したことからリスク回避的な動きが広がり一時1.2945ドルの安値を付け、1.2960~1.2970ドル台で推移、週末30日は1.29ドル台後半~1.30ドル台前半で推移し1.2987ドルで引けました。

今日は堅調に推移し1.30ドル台へ乗せ1.3047ドルの高値を付け、現在は1.3030ドル台で推移しています。
ここからも堅調な流れが継続すると、1.30ドル台中盤を超え10月22日の高値1.3083ドル付近まで上昇するか、まだ強い動きとなれば1.31ドル台へ乗せる動きとなるか見たいです。
一方、ここから軟調な動きとなると1.30ドル~1.29ドル台後半で止まれるか、下抜けると1.2940ドル付近への下落が考えられます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
いや~、びっくりですね!いろいろありますね!アメリカで金融規制強化の動きがでてきているんでしょうかね。欧米の金融機関の人員削減のニュースをみるたびに、なんかそう思います。
2012/12/04(火) 23:48 | URL | junichi!! #-[ 編集]
個人的には今年一番のショックな出来事かも・・・(涙)
いえ、DealBook(取引プラットフォーム)がどこか他の業者で使えるならよいのですが、
国内業者どこも使えなくなったらどうしようかと・・
ちなみにまだ入金がないのもちょっと心配(汗)
チャートはGFT最強だったので、使えなくなったらまずいです・・
2012/12/05(水) 14:42 | URL | FX大好きママ(しましま) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2306-38e75f0e
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替