転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは小幅反発し、前日比+11.54ドルの13564.64ドルで引けました。


今日これからの政策金利関連は、BOE議事録が予定されています。
今日の主な経済指標等は、米・8月住宅着工件数/8月建設許可件数、米・8月中古住宅販売件数などの発表が予定されています。
米・8月住宅着工件数は76.7万件、米8月建設許可件数は79.6万件、米・8月中古住宅販売件数は456万件の市場予想です。

昨日は、スペイン債務不安の再燃等を受け欧州株が下落したことや、これまでの上昇に対しての調整の動きからユーロが軟調に推移しました。
ユーロドルは、東京時間は1.31ドル台前半~1.31ドルをやや割り込む比較的狭い範囲内での推移だったものの、欧州時間に1.3050ドル付近まで下落、NY時間も上値は重く緩やかに下落しNY午後には1.3030ドルの安値を付けました。
ドル円は78.50~78円台後半のレンジ内での推移でした。

今日は、先ほど日銀が資産買入等基金の総額を従来の70兆円から80兆円に増額する追加緩和策を発表、この決定を好感し日経平均は100円超の上昇に、円売りも進みドル円は79円台へ上昇、クロス円も堅調に推移しています。
ここからもこの円安の動きは継続するか、ドル円が79円台を維持できるか、ユーロドルも再び1.31ドル台へと反発していけるのかなど見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、79円台乗せのドル円、1.31ドル台へ戻せるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週17日は、欧州時間までは78円台前半中心での推移でしたが、NY時間は日銀政策発表への思惑や反日デモへの懸念から円売りの流れとなり一時78.93円の高値を付け、その後も78.60~78.70円台で底堅く推移しました。
昨日は、78.50~78円台後半のレンジ内での推移でした。

今日は、東京午前にはやや軟調に推移するも、日銀が追加金融緩和を決定したことで79円台へ急伸、現在は79.20円付近で推移しています。
ここから更に堅調な流れとなると200日線も走る79.20円をサポートとし、8月20日の高値79.66円付近まで上昇できるか見たいです。
一方、ここから軟調な動きとなり79円を割り込むと、78.70円~78.50円付近への下落が考えられます。




【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週17日は、欧州時間までは1.31ドル台前半~1.31ドルをやや割り込む比較的狭い範囲内での推移に、NY時間は米9月NY連銀製造業景気指数の弱い結果を受け1.3172ドルまで上昇しましたが、その後失速し再び1.31ドル付近へと下落しました。
昨日は、東京時間は1.31ドル台前半~1.31ドルをやや割り込む比較的狭い範囲内での推移だったものの、欧州時間に1.3050ドル付近まで下落、NY時間も上値は重く緩やかに下落しNY午後には1.3030ドルの安値を付けました。

今日は緩やかに反発し現在1.3070ドル台での推移となっていますが、ここからも反発続けば1.31ドル付近まで戻せるか、1.31ドル台へしっかり乗せる動きとなると、1.31ドル台前半を上抜け1.31ドル台中盤~17日の高値1.3172ドル付近を目指す動きとなるか見たいです。
一方、ここから再び軟調な流れとなると昨日の安値1.3030ドル、下抜けると1.30ドル台は維持できるか注目です。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2235-ad3a5f69
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替