転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

週明けの今日は、今のところドル円が78.20円台でほとんど動きのない状態、ユーロがやや軟調でユーロドルは1.28ドルを割り込んでいますが、そう大きな動きとはなっていません。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は13日のFOMC政策金利発表に注目が集まる週です。
FOMC政策金利発表では、先週末7日の弱い米雇用統計の結果を受けQE3の実施が決定されるかどうかが注目されています。

今週の政策金利関連は、13日にRBNZ政策金利発表、SNB政策金利発表、そしてFOMC政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、10日に日・第2四半期GDP・二次速報、11日に米・7月貿易収支、12日に英・8月失業率/8月失業保険申請件数、13日に米・8月生産者物価指数、米・新規失業保険申請件数、14日に米・8月消費者物価指数、米・8月小売売上高、米・8月鉱工業生産、米・9月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。

今週は13・14日にG20財務相・中央銀行総裁会議、14・15日にユーロ圏財務相会合が予定されています。また、今週は3年債320億ドル、12日に10年債210億ドル、13日に30年債130億ドル、計660億ドルの米国債入札が予定されています。

今週はまず13日のFOMC政策金利発表に注目、ビッグイベントを控え動きづらい面もありそうですが、今週も7日に急伸したユーロドルがまだ上値を追うのか、ドル円が78円を維持できるか等見ながら、相場の急変動に注意しながら細かく対応していきたいです。
では、今週も頑張っていきましょう!


今日は、78円台前半で小動きのドル円、1.28ドルを割れてきているユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週3日は軟調なスタートとなったものの78.20円付近では支えられ78円台前半での小動きに、4日も終日78.30円~78.40円台、そして5日も終日78.30円~78.50円付近の狭いレンジで推移しました。
6日は、8月ADP全国雇用者数の好結果を受け急伸し78円台後半へ、その後も米指標の好結果が続きNYダウが200ドル以上上昇したことから一時79円台をつけ、78円台後半を維持する堅調ぶり、週末7日には米雇用統計の弱い結果を受け78円台後半から大幅反落し一時78.02円まで下落、その後78円割れは免れるも上値重い動きで78.26円で引けました。

今日は78.25円でオープンし、今のところ78.20円台でほとんど動きがありませんが、ここから売られても78.20円付近、弱くても78円台は維持できるか注目です。
一方、ここから上昇の動きとなると、78.30~78.50円台まで上昇できるか見たいです。





【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週3日はNY時間までは1.2560~1.2580ドルの小幅なレンジ内での動き、NY時間には一時1.26ドルを越え1.2611ドルの高値を付けましたがその後は1.25ドル台後半へ反落、4日は東京時間に1.26ドル台へ上昇し欧州時間までは1.26ドル台で小幅に推移していましたが、欧州時間に1.26ドルを割り込み、NY時間も1.25ドル台後半での推移となりました。
5日は東京時間は1.25ドル台前半で軟調に推移し、欧州序盤に1.2502ドルの安値をつけるもそこからは反発し1.25ドル台中盤へ戻し、NY時間は「ECB総裁の計画は無制限かつ不胎化の債券購入約束へ」等の報道から急伸し1.26ドル台へ乗せ、その後もECB政策金利発表への期待感から1.26ドル付近で堅調に推移、6日はECB政策金利発表までは1.26ドル付近をサポートに1.26ドル台前半で推移、ECB政策金利発表では据え置きが決定され1.2651ドルの高値をつけたものの、その後のドラギ総裁の会見内容が事前にリークされていた内容以上のものはなかったため材料出尽くし感から1.2561ドルまで急落、そこからはリスク選好の流れから反発し1.2647ドルまで再上昇しその後も1.2630~1.2640ドル台で推移しました。
週末7日は欧州時間堅調に推移し1.27ドル台へ乗せる動きとなり、NY時間は米雇用統計の弱い結果を受けQE3観測の強まりからドル売りが進み1.27ドル台後半~1.28ドル台前半へと上昇し1.2816ドルで引けました。


今日は1.2809ドルでオープンも上値重く、ゆるやかに下落し1.28ドルを割り込んで推移していますが、ここからも軟調な動き続けば1.2750ドル付近まで、急激な上昇の反動からさらに弱い動きとなると1.27ドル台前半~1.27ドルへの下落も考えられます。
一方、ここから反発となると、まず1.28ドル台へ戻し先週末の高値1.2818ドル、上抜けると200日線も位置する1.2840ドル付近へと上昇できるか見たいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
米大統領選挙の行方次第では、為替制度に変革がもたらされるかもしれないですね♪ 共和党候補のロムニー氏が、ゴールドコミッション(ゴールドとドルのリンク)についてのニュースみて、わくわくしてきましたよ!(^^)  
2012/09/10(月) 16:50 | URL | junichi!! #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/11(火) 01:50 | | #[ 編集]
お返事遅くなってしまい申し訳ないです。
昨日は主人が休みで、買い物などに出かけてました。

ロムニー候補が大統領になったら、もしかすると本当に大きくシステムが変わるかもしれませんね。
大きな波が来るということになるでしょうか?
2012/09/12(水) 15:12 | URL | FX大好きママ(しましま) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2227-1c4bfe7b
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替