転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日は、先週末のリスク回避の巻き戻しの動きを引き継ぎ、ユーロドルは1.2268ドルと先週の終値を上回る水準でスタートし、クロス円も強い動きでしたが、その後徐々にドル円、ユーロドルとも反落し現在ドル円は79.10円付近、ユーロドルは1.2240ドル付近で推移し、クロス円も軟調な動きとなっています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週の主な注目内容は、17・18日のバーナンキFRB議長の議会証言やゴールドマン・サックス・シティグループ等米主要企業のの決算発表、米・6月小売売上高など米経済指標、17日のBOC政策金利発表、RBA議事録やBOE議事録です。

今週の政策金利関連は、17日にRBA議事録、BOC政策金利発表、18日にBOE議事録公表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、16日に米・7月NY連銀製造業景気指数、米・6月小売売上高、17日にNZ・第2四半期消費者物価指数、英・6月消費者物価指数、独・7月ZEW景況感調査、米・6月消費者物価指数、米・5月対米証券投資、米・6月鉱工業生産、18日に英・6月失業率/6月失業保険申請件数、米・6月住宅着工件数/6月建設許可件数、ベージュブック、19日に英・6月小売売上高指数、米・新規失業保険申請件数、米・7月フィラデルフィア連銀景況指数、米・6月中古住宅販売件数、米・6月景気先行指数、20日に加・6月消費者物価指数などの発表が予定されています。

今週は、16日にシティグループ、17日にゴールドマン・サックス、18日にバンク・オブ・アメリカ、20日にモルガン・スタンレー等、多数の米主要企業の決算が予定されています。
また、今週は17・18日にバーナンキFRB議長の議会証言が予定されています。

今週はバーナンキFRB議長の議会証言、米主要企業の決算、米・6月小売売上高等主要な米経済指標など米国関連の材料が多い週ですが、米主要企業の決算を受けNYダウが先週末の反発基調を維持できるか、ドル円は79円台を維持できるか、そしてユーロの売り基調はまだ続くのかどうか、やはりユーロの動き中心に今週の相場を見ていきたいです。
では、今週も頑張っていきましょう!


今日は、79円台維持できるかのドル円、年初来安値更新の動き継続なるかのユーロドルの分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週9日は、79.50円~79.70円の狭いレンジ内を行き来する方向感に欠ける動き、10日は欧州時間には一時79.21円の安値を付け、そこからは反発するも79.50円では上値を抑えられる上値重い動きに、11日は、NY時間まで軟調に推移しNY序盤には一時79.14円の安値を付けるも、そこからは翌日に日銀政策金利発表を控えての円売りが活発化し急上昇、終盤には79.79円の高値をつけました。
12日は、日銀政策金利発表直後一時79.95円の高値を付けるも、そこからはリスク回避の円買いに押され下落、欧州時間からは概ね79.20~79.40円のレンジ内の動き、週末13日も安値79.07円、高値79.39円と値幅約30銭の小幅な値動きでした。

今日は79.26円でオープンし小幅に下落、現在は79.10円付近で推移しています。
ここからはまず79円台を維持できるか注目、もし79円を下抜ける弱い動きとなると78円台後半~6月15日の安値78.61円付近では止まれるでしょうか。
一方、反発の動きとなると79.40円をしっかりと上抜け79円台中盤へと上昇できるか見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週9日は、朝方1.2256ドルまで年初来安値を更新するもそれ以上の下落とはならずじわじわと下値を切り上げ、NY時間には1.2324ドルの高値を付け、その後も1.23ドル台を維持する動きとなり、10日は欧州時間に欧州債務危機への懸念後退を受けスペインの10年債利回りが低下したことから1.2334ドルまで上昇、しかしその後はファンドの戻り売りやダウの下落を受け一時1.2235ドルまで下落、またも年初来安値を更新しました。
11日は、欧州時間にスペイン国債の利回りが低下したこと等から1.2297ドルまで上昇、しかしその後は反落しFOMC議事録公表後は一時1.2213ドルまで下落し、連日の年初来安値更新、そして12日も欧州時間にリスク回避の動きから1.22ドルを割り込み、NY序盤には米・新規失業保険申請件数の強い結果を受け更に売られ一時2010年6月30日以来の安値・1.2167ドルまで下落し年初来安値を更新、しかしその後はNYダウの持ち直しやスペイン財務相が「スペインはEU支援をすべて返済する」等発言したことから反発しNY終盤には1.22ドル台を回復しました。
週末13日もNY序盤に1.2162ドルまで年初来安値を更新しましたがすぐにオーストリアの銀行のユーロ買い観測等から急反発、その後もNYダウの上昇もあり堅調に推移し1.2256ドルの高値を付け、1.2249ドルで引けました。

今日は、1.2268ドルでオープンしましたが上値伸びず、現在は1.2240ドル付近での推移となっています。
先週は連日年初来安値を更新する弱い動きでしたが、今日も戻りは売られる弱い動きとなると1.22ドル付近へ、まだ弱い動きとなると年初来安値1.2162ドル付近では止まれるか注目です。
一方、今日堅調な動きとなれば、今日の高値1.2273ドル、そして先週11日の高値1.2297ドルを越え1.23ドル~1.23ドル台前半へと上昇できるか見たいです。



今日は3連休最後の日、これから子供達と買い物に行ってきます。
明日は用事があり、更新できないかもしれません。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2179-ed26218f
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替