転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは小幅続落、前日比-29.74ドルの13008.53ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・3月鉱工業生産などの発表が予定されています。
また、今日は3年債320億ドルの米国債入札が予定されています。

昨日は、先週末4日に発表された米雇用統計の非農業部門雇用者数が市場予想+16.1万人に対し結果+11.5万人と予想より弱い結果になったことや、仏大統領選挙の決選投票において現職のサルコジ大統領が破れ、緊縮財政反対を唱えるオランド候補が当選したことを受けリスク回避の動きが強まりドル買い・円買いが進みましたが、欧州以降は欧州株価の下落幅縮小や独3月製造業受注の強い結果等を受け、リスク回避の巻き戻し優勢の動きとなりました。
ドル円は終日79円台後半で小動き、ユーロドルは仏大統領選挙の決選投票の結果を受け1.3012ドルと大きく下窓を開けオープン、その後1.30ドルを割り込み一時1.2954ドルまで下落したもののそれ以上の下げとはならず1.29ドル台後半で小動き、欧州時間からは1.30ドル台へ戻し1.30ドル台中盤まで反発しました。
クロス円はドルストレートでのドル売りを受け反発し、ユーロ円は104.44円、ポンド円は129.47円、オージー円は81.69円の高値をつけました。

今日は豪3月貿易収支が予想より弱かったためオージーがやや売られましたが大きな動きとはならず、全体的に小動きとなっています。
ギリシャが再選挙となるのか等欧州への懸念は払拭されないものの、今のところリスク回避の巻き戻しが優勢となっていますが、今日もその流れが続きドル円は80円台へ乗せていくことができるか、ユーロドルは1.3ドル台を維持し反発継続となるのか等見ていきたいです。
では今日も頑張りましょう!


今日は、80円付近で小動きのドル円、1.3ドル台へ反発のユーロドル、やや持ち直す動きのオージー円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は週初4月30日に80円台を維持出来ず79円台後半へと下落するも大幅下落とはならず、その後は79円台後半~80円台中盤で推移、週末4日は米雇用統計までは80円台前半で小動きでしたが、米雇用統計の弱い結果に再び80円を割り込み79.79円まで下落し79.83円で引けました。
今週7日は79.84円と先週末と変わらない水準でオープンし、79円台後半の狭いレンジでの小動きとなりました。

今日も80円付近での小動きとなっていますが、ここから反発の動きとなるとまず80円台へしっかり乗せ、80円台前半を上抜け2日の高値80.61円付近まで上昇する動きとなるか見たいです。
一方、ここから軟調な動きとなると79円台後半~1日の安値79.63円では支えられるかに注目、下抜けてしまうと79.50円~2月20日の安値79.35円付近では止まれるか注意して見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週前半は1.32ドル付近を守り1.3283ドルの高値をつけるも週後半は失速、週末4日は米雇用統計までは1.31ドル台での推移、米雇用統計後一時上昇でするもその後リスク回避の動きが進み1.31ドルを割り込み1.3080ドルの安値を付け1.3083ドルで引けました。
今週7日は、仏大統領選挙の決選投票の結果を受け1.3012ドルと大きく下窓を開けオープン、その後1.30ドルを割り込み一時1.2954ドルまで下落したもののそれ以上の下げとはならず1.29ドル台後半で小動き、欧州時間からは1.30ドル台へ戻し1.30ドル台中盤まで反発しました。

今日は1.30ドル台中盤からやや軟調に推移し1.3030ドル付近で推移していますが、ここから1.3030ドル付近を守り反発続けば今朝の高値1.3065ドル~先週の終値1.3083ドル付近まで上昇し窓を埋めることができるか、強い動きとなれば1.31ドル台へしっかり乗せていけるかを見たいです。
一方、1.3030ドル付近を維持出来ず再び下落すると1.3ドルは守れるか、下抜けると1.29ドル台後半~昨日の安値1.2954ドル付近への下落が考えられます。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

先週30日はリスク回避の円買いの動きを受け84円付近からNY序盤までに83.50円付近へ下落、NY時間もじりじり下落し一時83円割れし82.97円の安値を付け、その後反発も83円台前半では上値重い動きに、1日はRBA政策金利発表で政策金利の0.5%引き下げが発表され、その予想外の利下げ幅に急落し欧州序盤には一時82.10円の安値をつけるも、NY時間には米4月ISM製造業景況指数の強い結果から急反発し83円手前まで上昇、その後も82円台後半で推移しました。
2日は欧州序盤までは反発し83.28円の高値をつけましたが、欧州時間からはリスク回避の動きとなり再び82円台へ下落しNY時間は主に82円台中盤での推移、3日も82円台中盤で推移しドラギ総裁会見後には82.85円まで上昇も、その後米4月ISM非製造業景況指数が予想より弱い結果だったことから景気減速が懸念されオージーは売られ82円台前半へ下落しました。
週末4日は米雇用統計の弱い結果等からリスク回避の動きが進み82円を大きく割り込み81円台前半へと下落、81.27円で引けました。
今週7日も軟調な動きで81.06円と下窓を開けオープン、その後リスク回避の動きが進み81円を割り込み80.55円まで下落しましたが、その後はリスク回避の巻き戻しの動きが進み欧州時間には81円台を回復しNY時間には81.69円まで回復し81円台中盤で推移しました。

今日は豪3月貿易収支が予想より弱かったためやや売られたもののすぐ反発し、現在は81.40円台で推移しています。
ここからも反発続けば昨日の高値81.69円を越え、82円~82円台前半まで上昇できるか見たいです。
一方、また弱い動きとなり今日の安値81.32円を下回ると、81円付近では止まれるか、81円を下回ると昨日の安値80.55円付近への下落が考えられます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2117-6a1de7b0
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/08(火) 18:12:26 |
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替