FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想37.0万件に対し結果38.6万件、米・4月フィラデルフィア連銀景況指数は市場予想12.0に対し結果8.5 、米・3月中古住宅販売件数は市場予想462万件に対し結果448万件といずれも弱い結果に、一方米・3月景気先行指数は市場予想前月比+0.2%に対し結果前月比+0.3%と予想より強い結果となりました。
NYダウは、米経済指標の弱い結果が相次いだことや欧州債務問題への懸念から続落、前日比-68.65ドルの12964.10ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・4月IFO景況指数、英・3月小売売上高指数、加・3月消費者物価指数などの発表が予定されています。
また、今日からワシントンでG20財務相・中央銀行総裁会議が開催されます。

昨日は、日銀追加緩和期待の円売り、仏格下げの噂、弱い米経済指標やダウの下落などに相場は反応しましたが、そう明確な流れは出ませんでした。
ユーロドルは東京時間は1.31ドル台前半で推移、欧州時間にはスペイン債の入札が好調で1.3165ドルまで上昇するも仏格下げの噂等から一時1.3069ドルまで下落、NY時間は買い戻され1.31ドル台を回復し1.31ドル台前半で推移しました。
ドル円は81円台前半から堅調な動きで欧州時間には81.73円の高値を付けるも、NY時間には弱い指標結果等から一時81.39円まで下落し、その後も81.40円台~81.50円台の小幅なレンジで推移しました。

今日は、今のところ明確な動きは出ていません。
来週にFOMC・日銀政策金利発表を控えここからも大きな方向は出にくい状況かと思われ、日銀追加緩和期待の円売り基調は継続しそうですが今日も粘らず短めの取引を考えています。
では今日も頑張りましょう!


今日は、81円台中盤を維持し堅調に推移できるかのドル円、今日もレンジ内の動きとなるかのユーロドル、84円台中盤で上値抑えられるオージー円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週16日は東京午前は80.80円をサポートとして推移していましたが、東京午後は軟調な流れで80円台後半を保てず80.45円まで下落、欧州時間は反発するも80.80円付近で上値を抑えられNY時間には80.50円を割り込む軟調な動きで、一時80.29円と2月29日以来の安値を付け、17日も東京時間は80.40~80.50円台で上値重く小動きでしたが、欧州時間にはやや上昇し主に80.60円~80.70台での動きに、NY時間にもレンジを切り上げ主に80.70円~80.80円台での動きとなりました。
18日は東京時間は株高や西村日銀副総裁の「物価上昇1%を目指して強力に金融緩和を推進」との発言等から円売りが進み81.43円まで上昇、欧州時間には序盤にポンド買い円売りの動きから一時81.56円の高値をつけるもそこからは緩やかに反落、NY時間は押される動きとなるも81.20円付近ではサポートされ底堅い動きに、昨日は東京時間から堅調な動きで欧州時間には81.73円の高値を付けるも、NY時間には弱い指標結果等から一時81.39円まで下落し、その後も81.40円台~81.50円台の小幅なレンジで推移しました。

今日は朝の81.70円付近からやや軟調な動きをし現在は81.50円台で推移しています。
ここからは、下げても81.40円付近では支えられ堅調な動きが続けば昨日の高値81.73円付近を上抜け82円まで上昇していけるか見たいです。
一方、ここから軟調な動きとなり昨日東京午後からのサポート81.40円を割り込むと81.20円付近へ、まだ下へ行くと50日線も走る81円付近では支えられるでしょうか。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週16日は東京午前に1.30ドル台前半へと下落し1.30ドル台前半で小幅に推移、欧州時間にはスペイン債利回り上昇からユーロは売られユーロドルは1.3ドルを割りこみ一時1.2994ドルまで下落、その後も軟調でしたがNY時間にはフィッチの「現時点でイタリア格付けに関する行動は考えていない」、ムーディーズの「仏のネガティブな見通しは即座の格付け変更を示していない」等の見解や株価の上昇を受け反発し、一時1.3147ドルまで大幅上昇、17日は東京時間はじりじり下落し一時1.31ドルを割り込むも、欧州時間にはスペイン債の入札が好調だったことや独・4月ZEW景況感調査の好結果から買われ一時1.3172ドルまで上昇、しかしその後は反落し1.3130ドルを挟み方向感定まらない動きとなりました。
18日は東京時間は1.31ドル台前半で推移も、欧州時間にはスペイン債の利回り上昇や対ポンドでの売りから一時1.3057ドルまで下落、NY時間は買い戻しが入るなどで1.31ドル台を回復し1.31ドル台前半で推移、昨日は東京時間は1.31ドル台前半で推移、欧州時間にはスペイン債の入札が好調で1.3165ドルまで上昇するも仏格下げの噂等から一時1.3069ドルまで下落、NY時間は買い戻され1.31ドル台を回復し1.31ドル台前半で推移しました。

今日は1.3130ドル~1.3150ドルで小幅に推移、現在は1.3140ドル付近での動きです。
このところ1.3060ドル付近~1.31ドル台中盤でのレンジが続くユーロドルですが、今日も上下しながらもこのレンジ内におさまるのか注目、上昇すれば1.31ドル台中盤を越え50日線1.3177ドル~現在の大きなレジスタンス1.32ドル付近まで上昇できるか見たいです。
一方、1.31ドルを大きく下抜けてしまうと18日の安値1.3057ドル付近へ、更に下へ行くと16日のように1.3ドル付近は維持できるか注目です。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週16日も先週の流れを引き継ぎ軟調に推移し東京午後には83円付近へと下落、欧州~NY序盤には83.70円台まで反発も再び83円台前半に押し戻される軟調な動きとなり、17日は東京時間はじりじりと値を下げ先ほどから83円を割り込む軟調な動きとなりましたが、欧州時間はリスク選好の流れとなり反発、NY時間も反発続き84円台へ乗せ84.18円の高値を付け84円台前半で堅調に推移しました。
18日は東京時間84円台中盤へと上昇し一時84.72円の高値を付けましたがそこからは下向きの動きとなりNY午後には84円付近まで下落し84円台前半で小動きに、昨日は欧州時間まで堅調な動きで一時84.74円まで上昇も、NY時間には84円台前半へ下落しその後も84円台前半での推移でした。

今日は朝84.49円まで上昇もそこからやや軟調な動きとなり、現在は84.20円付近で推移しています。
ここから上昇するとまず今日の高値84.49円を越え50日線84.63円をしっかりと越えることができるか、強い動きとなれば85円台へ乗せていくことができるかを見たいです。
一方、ここから軟調な流れとなると昨日・一昨日のように84円付近では支えられるか、84円台を維持出来ず更に下落すると83円台中盤への下落が考えられます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2099-bfd1fca7
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替