FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・4月NY連銀製造業景気指数は、市場予想+18.00に対し結果+6.56と予想より弱い結果に、一方、米・3月小売売上高は、市場予想前月比+0.3%に対し結果前月比+0.8%(除自動車は市場予想前月比+0.6%に対し結果前月比+0.8%)と予想より強い結果となりました。
NYダウは、3月小売売上高の好結果を受け反発、前日比+71.82ドルの12921.41ドルで引けました。

今日これからの政策金利関連は、BOC政策金利発表が予定されています。
BOC政策金利発表では、政策金利は据え置きが予想されています。

今日の主な経済指標等は、英・3月消費者物価指数、独・4月ZEW景況感調査、米・3月住宅着工件数/3月建設許可件数、米・3月鉱工業生産などの発表が予定されています。米・3月住宅着工件数は70.5万件、3月建設許可件数は71.0万件、米・3月鉱工業生産は前月比+0.3%の市場予想です。
また、今日はゴールドマン・サックス等米主要企業の決算発表が予定されていますので、決算発表を受けての株価の急変動にも注意しておきたいです。

昨日は、ユーロが荒々しい動きに、ドルはNY時間全体的に軟調な動きとなりました。
ユーロドルは東京午前に1.30ドル台前半へと下落し1.30ドル台前半で小幅に推移、欧州時間にはスペイン債利回り上昇からユーロは売られユーロドルは1.3ドルを割りこみ一時1.2994ドルまで下落、その後も軟調でしたがNY時間にはフィッチの「現時点でイタリア格付けに関する行動は考えていない」、ムーディーズの「仏のネガティブな見通しは即座の格付け変更を示していない」等の見解や株価の上昇を受け反発し、一時1.3147ドルまで大幅上昇、ドル円はNY時間に80.50円を割り込み一時80.29円と2月29日以来の安値を付け、その後も80.40円~80.50円台で上値重く推移しました。

今日はドルと円が強めに推移しており、クロス円がじりじり下落しています。
ここからドル円は80円付近へと下落していくのか、ユーロドルは1.31ドル割れとなるかなど、まだリスク回避の方向でドル円・クロス円は更に重い動きとなるかどうか、慎重に見ていきたいです。
では今日も頑張りましょう!


今日は、80円付近へと下落するのかのドル円、1.31ドル台維持できるかのユーロドル、再び83円割れのオージー円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は、10日に欧州債務問題への懸念の高まりや日銀が追加金融緩和の実施を見送ったこと等から円高が進み80円台へと下落、11日には80.57円の安値をつけましたが80.60円付近では支えられ反発、しかし81円付近でも上値は重く、週後半は80円台後半~81円台前半と小幅な動きとなり80.90円で引けました。
今週16日は東京午前は80.80円をサポートとして推移していましたが、東京午後は軟調な流れで80円台後半を保てず80.45円まで下落、欧州時間は反発するも80.80円付近で上値を抑えられNY時間には80.50円を割り込む軟調な動きで、一時80.29円と2月29日以来の安値を付けました。

今日は今のところ80.40~80.50円台での小動きとなっていますが、ここから再び軟調な動きとなると昨日の安値80.29円付近を守れるか、まだ下へ行くと80円台は何とか維持できるのかが注目されます。
一方、80.40~80.50円台を保ちながら反発の動きとなると80円台後半へ戻していけるか、強い動きとなれば81円~81円台前半へ向け上昇できるか見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週は、週前半は概ね1.30ドル台中盤~1.31ドル台中盤のレンジ内の動き、12日には堅調な流れとなり一時1.3212ドルの高値をつけレンジ上抜けかと思われる動きとなったものの、翌13日にはスペインの銀行への不安等から売られ1.30ドル台後半へと下落し1.3076ドルで引けました。
今週16日は東京午前に1.30ドル台前半へと下落し1.30ドル台前半で小幅に推移、欧州時間にはスペイン債利回り上昇からユーロは売られユーロドルは1.3ドルを割りこみ一時1.2994ドルまで下落、その後も軟調でしたがNY時間にはフィッチの「現時点でイタリア格付けに関する行動は考えていない」、ムーディーズの「仏のネガティブな見通しは即座の格付け変更を示していない」等の見解や株価の上昇を受け反発し、一時1.3147ドルまで大幅上昇しました。

今日は1.3130ドル台からじりじりと売られる展開ですが、まだ1.31ドルを割り込む動きとはなっていません。
ここからは1.31ドル台を維持できるかに注目、大きく下抜けてしまうと1.30ドル台中盤へ、更に下へ行くと昨日のように1.3ドル付近は維持できるか注目です。
一方、1.31ドル台は維持し反発となると1.31ドル台中盤を越え50日線1.3180ドル~1.32ドル付近へと上昇できるか見たいです。


【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

先週9日は83円台中盤まで下落するも84円台へ反発、10日は日銀追加緩和期待で84.62円まで上昇しましたが、追加緩和見送りが発表されると大幅下落し欧州時間には83円台中盤で推移、NY時間もリスク回避の動きから83円を割り込み終盤には82.65円の安値をつけました。
11日は82.48円まで下落するも、そこからは200日線に支えられ切り返す動きとなり83円台へ乗せ、NY時間は83.20円付近をサポートに一時83.78円まで上昇、堅調な動きに、12日は豪雇用統計の予想外の好結果に大幅上昇し、欧州時間からは84円をサポートとする動きとなりNY時間には一時84.57円の高値をつけました。
週末13日は中国GDP好結果への期待から84.80円まで上昇しましたが、中国GDPが予想より弱い結果となったことで83円台後半へと急落、欧州時間には84.47円まで反発しましたがNY時間にはリスク回避の動きが強まり83.88円で引けました。
週明け16日も軟調に推移し東京午後には83円付近へと下落、欧州~NY序盤には83.70円台まで反発も再び83円台前半に押し戻される軟調な動きとなりました。

今日もじりじりと値を下げ先ほどから83円を割り込む軟調な動きとなっています。
ここからも83円を大きく割り込む弱い動きとなると200日線も走る11日の安値82.47円付近では支えられるか注目です。
一方、ここから反発となるとまず83円台半ばを越えられるか、強い動きとなると84円付近まで上昇できるか見たいです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2096-5f44c4f9
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替