転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・3月消費者物価指数は、結果前月比+0.3%と市場予想通りの結果に、米・4月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値は市場予想76.2に対し結果75.7と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、中国GDPが予想より弱い結果となったことや欧州債務問題への懸念から大幅反落、前日比-136.99ドルの12849.59ドルで引けました。

今週は、週前半は日銀が追加金融緩和の実施を見送ったことや欧州債務問題への懸念の高まり等からドル円・クロス円は大幅に下落しドル円は80.57円、ユーロ円は105.45円、ポンド円は127.86円、オージー円は82.47円の安値をつけましたが、週後半はNYダウの6営業日ぶりの反発、日銀が次回の金融決定会合で5兆円~10兆円規模の資産買い入れを拡大するとの観測、欧州債務問題への懸念が後退したこと等からリスク回避の巻き戻しの動きとなり反発、しかし週末13日は中国GDPが予想より弱い結果となったことやスペインの銀行への不安等からNYダウは-136.99ドルの反落、為替もリスク回避の流れ優勢となりました。

さて、来週の相場についてですが、来週はG20やRBA・BOE議事録、米主要企業決算や16日の米・3月小売売上高、20日の独・4月IFO景況指数等が注目材料です。
来週の政策金利関連は、17日にRBA議事録、BOC政策金利発表、18日にBOE議事録が予定されています。BOC政策金利発表では、政策金利は据え置きが予想されています。
来週の主な経済指標等は、16日に米・4月NY連銀製造業景気指数、米・3月小売売上高、米・2月対米証券投資、17日に英・3月消費者物価指数、独・4月ZEW景況感調査、米・3月住宅着工件数/3月建設許可件数、米・3月鉱工業生産、18日に英・3月失業率/3月失業保険申請件数、19日にNZ・第1四半期消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・4月フィラデルフィア連銀景況指数、米・3月中古住宅販売件数、米・3月景気先行指数、20日に独・4月IFO景況指数、英・3月小売売上高指数、加・3月消費者物価指数などの発表が予定されています。
来週は16日にシティ・グループ、17日にゴールドマン・サックス等米主要企業の決算発表が本格化しますので、決算発表を受けてのNYダウの急変動に注意しておきたいです。
また、来週は20日にワシントンでG20財務相・中央銀行総裁会議が開催されます。

今週は後半反発の流れとなったものの週末再びリスク回避の流れとなり引けましたが、来週も全体的にリスク回避の動きが継続するのか、はっきりした動きは出ない可能性も考え短時間の取引中心で考えています。
では来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週も上値重い動きとなり、11日には一時105.45円の安値をつけましたがそこからは反発の動きとなり、週末13日は一時107.08円まで上昇したものの中国GDPの弱い結果が発表されてからは軟調に推移し106円台に、NY時間には106円も割り込む弱い動きとなり105.77円で引けました。

来週弱い動きとなると3月6日の安値105.64円~11日の安値105.45円付近では止まることができるか、まだ弱い動きとなると105円~104.70円付近への下落が考えられます。
一方、来週106円台へ乗せ堅調な流れとなると、週末13日の高値107.08円付近、強い動きとなると10日の高値107.47円付近まで上昇していけるか見たいです。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週は10日に130.21円の高値から127円台後半まで急落、そこからは持ち直し週末13日には129.56円の高値を付けるも、中国GDPの弱い結果が発表されてからは軟調に推移し128.10円の安値を付け128.18円で安値引けしました。

来週も128円を割り込む軟調な動きとなれば11日の安値127.86円付近では止まれるか、127円台中盤を割り込む弱い動きとなれば127円~6日の安値126.52円付近への下落も考えられます。
一方、来週128円をサポートに堅調な流れとなれば、まず129円台へと回復できるか、そして13日の高値129.56円~10日野高値130.21円付近まで上昇していけるか見たいです。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週9日は83円台中盤まで下落するも84円台へ反発、10日は日銀追加緩和期待で84.62円まで上昇しましたが、追加緩和見送りが発表されると大幅下落し欧州時間には83円台中盤で推移、NY時間もリスク回避の動きから83円を割り込み終盤には82.65円の安値をつけました。
11日は82.48円まで下落するも、そこからは200日線に支えられ切り返す動きとなり83円台へ乗せ、NY時間は83.20円付近をサポートに一時83.78円まで上昇、堅調な動きに、12日は豪雇用統計の予想外の好結果に大幅上昇し、欧州時間からは84円をサポートとする動きとなりNY時間には一時84.57円の高値をつけました。
週末13日は中国GDP好結果への期待から84.80円まで上昇しましたが、中国GDPが予想より弱い結果となったことで83円台後半へと急落、欧州時間には84.47円まで反発しましたがNY時間にはリスク回避の動きが強まり83.88円で引けました。

今週も軟調な流れとなり84円付近で抑えられる弱い動きとなると、83円台中盤~83.20円付近への下落、83円を割り込む弱い動きとなると200日線も走る11日の安値82.47円付近では支えられるか注目です。
一方、84円付近がサポートとなり上昇となれば、50日線も位置する13日の高値84.80円付近まで上昇できるか、強い動きとなれば85円を越え85円をサポートとする動きとなっていけるか見たいです。


明日は、ドル円とユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2093-16acf227
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替