転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米雇用統計は、3月非農業部門雇用者数は市場予想+21.0万人に対し結果+12.0万人、3月民間部門雇用者数も市場予想+21.5万人に対し結果+12.1万人と予想外に弱い結果に、一方3月失業率は市場予想8.3%に対し結果8.2%と予想より強い結果となりました。
米株式市場は、グッドフライデーのため休場でした。

今週は、FOMC議事録で「成長が減速しなければ、追加緩和の必要はない」等の内容が公表されたことや、スペインの財政懸念の高まり等からユーロの下落が目立つ週に、そして週末は米雇用統計での3月非農業部門雇用者数の予想外に弱い結果にドル売りの動きとなりました。
ユーロドルは3日のFOMC議事録までは概ね1.33ドル台で推移していましたがFOMC議事録公表後急落し1.32ドル台前半へ、週後半もスペイン財政懸念の高まりやドラギECB総裁の会見内容等から続落し5日に1.3034ドルの安値をつける弱い動きに、週末6日は米雇用統計後ドル売りの流れを受け反発するも1.31ドル台前半では抑えられ1.3095ドルで引けました。
ドル円は今週は概ね81.50~83円のレンジでの推移となりましたが上値は切り下がる軟調な動き、週末6日は米雇用統計での3月非農業部門雇用者数の予想外に弱い結果に一時81.31円まで急落、81.63円で引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週は10日の日銀政策金利発表、12日の豪雇用統計等が注目材料です。
来週の政策金利関連は、10日に日銀政策金利発表と白川日銀総裁の会見が予定されています。
今回は現状維持とし、27日の会合での追加緩和策が予想されていますが、今回も注目度は高そうです。
来週の主な経済指標等は、11日にベージュブック公表、12日に豪・3月新規雇用者数/3月失業率、英・2月商品貿易収支、米・2月貿易収支、米・3月生産者物価指数、米・新規失業保険申請件数、13日に米・3月消費者物価指数、米・4月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。

来週は週明け9日がイースターマンデーによりウェリントン、シドニー、香港、フランクフルト、ロンドンなど多くの市場が休場、また、来週は10日に3年債320億ドル、11日に10年債210億ドル、12日に30年債130億ドルの計660億ドルの米国債入札が予定されています。
また、来週は9日に中国3月CPI・PPI、10日に3月貿易収支、13日に中国第一四半期GDP、3月鉱工業生産・固定資産投資・小売売上高の発表が予定されていますので注意しておきたいです。


来週はまず米雇用統計明けの相場の動きに注目、来週も全体的にリスク回避の動きが継続するのか、米雇用統計明けの動きを見ていきたいです。
では来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週は、週を通じて弱い動きとなり、週初は高値111円台前半から108円台後半まで下落、3日に反発するものの4日には108円付近へ、そして週後半は108円も割り込み週末6日は一時106.54円の安値を付けを付け106.90円で引けました。

今週は50日線、200日線付近まで大幅下落となったユーロ円ですが、来週50日線も走る107円~200日線も走る106.80円を明確に下抜ける弱い動きとなると106円~3月6日の安値105.64円付近への下落、まだ弱い動きとなると105円~104.70円付近への下落が考えられます。
一方、来週107円付近をサポートに堅調な動きとなると108円台へ乗せることができるか、強い動きとなれば108円台後半をまで上昇していけるか見たいです。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週は、ユーロ円と同じく週を通じて弱い動きとなり、週初は高値133円台前半から130円台後半まで下落、3日に反発するものの4日には一時130円台前半まで、そして週後半は130円の大台を時折割り込む動きとなり週末6日は一時129.13円の安値を付けを付け129.54円で引けました。

今週はポンドドルが1.6ドルから1.58ドルへと下落、ドル円も下落でポンド円は大幅下落となりましたが、来週も軟調な動きとなれば129円~128円台後半、更に下落すると50日線128.16円~128円付近への下落が考えられます。
一方、来週堅調な流れとなればまず130円台へと回復できるか、131円台を回復する強い動きとなれば132円付近まで上昇していけるか見たいです。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週2日は中国指標の好結果を受け86.75円と先週の終値から約1円の大きな上窓を開けてのスタート、しかしその後は軟調な動きとなり86.30円付近へと下落、欧州時間からリスク回避の動きが進み86円を大きく割り込み一時85.23円の安値を付ける大幅な下落、3日は、概ね85円~85.50円のレンジ内におさまる、上値も重いが底堅い動きとなりました。
4日は85円~84円台後半のサポートを完全に割り込み欧州時間には一時84.21円の安値をつけ、その後は概ね84.50~84.80円のレンジ内での動きに、5日は欧州時間にリスク回避の動き進み一時84円割れまで下落しましたが、そこからは大幅反発しNY時間は84円台後半で推移しました。
週末6日は米雇用統計前には85円台へ回復も、雇用統計発表後には高値から1.5円下落し一時83.66円の安値をつける荒れた動きに、その後は84円台へ回復するも上値も重く84円台前半での小動きとなりました。

オージードルは週後半下げ止まってはいますが未だ方向は下向きで、オージー円もオージードルが反発していかないと、なかなか反発の流れを作っていけないでしょう。
来週も軟調な流れ続けば、6日の安値83.66円付近では止まれるか、下抜けると83円~200日線も走る82.43円付近への下落も考えられます。
一方、来週堅調な流れとなれば50日線も走る85円へと戻せるか、強い動きとなれば85円台へしっかり乗せ86円~86.30円付近まで上昇できるか見ていきたいです。



明日は、ドル円とユーロドルの分析をさせていただきます。

スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2086-2ec6bf1a
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替