転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、FOMC議事録の公表を受け米追加緩和期待が後退したことで反落し、前日比-64.94ドルの13199.55ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、ECB政策金利発表が予定されています。
政策金利は据え置きの予想です。
今日の主な経済指標等は欧州・2月小売売上高、米・3月ADP全国雇用者数、米・3月ISM非製造業景況指数などの発表が予定されています。
米・3月ADP全国雇用者数は+20.6万人、米・3月ISM非製造業景況指数は56.8の市場予想となっています。

昨日は、FOMC議事録で「成長が減速しなければ、追加緩和の必要はない」等の内容が公表されたことで市場の流れは一変、急速にドル買いが進みました。
ドル円は昨日朝81.55円の安値をつけてからはじりじりと反発し東京午後から欧州時間は82円付近をサポートに小動き、NY時間は82円台前半で推移、そしてFOMC議事録公表後急伸し82.99円の高値を付け、その後も82円台後半で推移しました。
一方ユーロドルは、FOMC議事録までは概ね1.33ドル~1.3350ドルのレンジ内の動きでしたが、FOMC議事録公表後急落し1.3213ドルの安値を付け、その後も1.32ドル台前半で軟調な動きとなりました。
オージーは、昨日のRBA政策金利発表を受け利下げ懸念が強まり軟調に推移、対米ドルではFOMC議事録公表後1.0301ドルまで下落しなかなか下げ止まりが見られない流れとなっています。

今日は、豪・2月貿易収支の予想外に弱い結果や日経平均が1万円を割り込み大幅安となっていることを受けリスク回避の流れとなっており円やドルが強めに推移しています。
昨日はFOMC議事録でドル買い方向へ大きく傾きましたが、今日もドルが強めに推移するのか、またリスク回避的な円買いも優勢となるのかどうかこれからの動きを見ていきたいです。今日はECB政策金利発表、ドラギECB総裁の記者会見、米・3月ADP全国雇用者数、米・3月ISM非製造業景況指数と注目材料が多く、これらの材料から動いてくるかも注意しておきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、82円台後半まで急伸したドル円、1.32ドル割れまで急落のユーロドル、84円台後半まで下落し弱い動き続くオージー円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週2日は83.01円でオープン、東京時間は概ね83円台維持も欧州時間に83円を大幅に割り込み82円台中盤へ下落、NY時間は米長期金利の低下を受け軟調に推移し一時82円を割り込み81.87円まで下落、概ね82円台前半で上値の重い動きとなりました。
昨日は、朝81.55円の安値をつけてからはじりじりと反発し東京午後から欧州時間は82円付近をサポートに小動き、NY時間は82円台前半で推移、そしてFOMC議事録公表後急伸し82.99円の高値を付け、その後も82円台後半で推移しました。

今日は82円台後半を上値重く推移しています。
今日ここから堅調な動きとなれば83円台へしっかり上昇し、2日の高値83.30円~3月27日の高値83.38円付近まで上昇できるか見ていきたいです。
一方、83円を前に抑えられ反落となると82円台半ばでは止まれるか、下抜けると82円台前半~82円付近への下落が考えられます。




【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週2日は欧州時間までは1.3350ドルを中心とした動きでしたが、NY時間に一時1.33ドルを割り込み1.3278ドルまで下落、しかしその後は1.33ドル台へ反発し1.33ドル台前半で推移しました。
昨日はFOMC議事録までは概ね1.33ドル~1.3350ドルのレンジ内の動きでしたが、FOMC議事録公表後急落し1.3213ドルの安値を付け、その後も1.32ドル台前半で軟調な動きとなりました。

今日は50日線1.3215ドル~1.32ドルをやや割り込む動きとなっており、現在は1.3190ドル台での推移となっています。
ここから1.32ドル付近をサポートに反発の動きとなれば、1.32ドル台半ばを上抜け1.33ドル台へ乗せることができるか、強い動きとなれば昨日の高値1.3367ドルを目指す動きになれるかを見たいです。
一方、まだ軟調な動きとなるり1.32ドル~1.31ドル台後半を下抜けると、3月22日の安値1.3133ドル~1.31ドル付近への下落が考えられます。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週2日は中国指標の好結果を受け86.75円と先週の終値から約1円の大きな上窓を開けてのスタート、しかしその後は軟調な動きとなり86.30円付近へと下落、欧州時間からリスク回避の動きが進み86円を大きく割り込み一時85.23円の安値を付ける大幅な下落となりました。
昨日は、概ね85円~85.50円のレンジ内におさまる、上値も重いが底堅い動きとなりました。

今日は豪指標の弱い結果やリスク回避の動きを受け85円割れ、現在は84.90円台を推移しています。。
ここからも50日線も走る85円付近をなんとか守れるかに注目、85円を大幅に割り込むと3月29日の安値84.60円付近では止まれるか、まだ軟調な動きとなると84円付近への下落も考えられます。
一方、ここから反発となれば85円台半ば~昨日の高値85.78円を越え86円~86.30円へと上昇していけるか見たいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2083-928db5ab
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替