転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・3月シカゴ購買部協会景気指数は、市場予想63.0に対し結果62.2と予想より弱い結果に、米・3月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値は市場予想74.5に対し結果76.2と予想より強い結果となりました。
NYダウは続伸し、終値前日比+66.22ドルの13212.04ドルで引けました。

今週は、週前半の円売りから一転し週末まではリスク回避の円買い優勢の動き、しかし週末は反発し、全体的に神経質で方向掴みづらい動きとなりました。
ドル円は週前半堅調で27日に83.38円の高値をつけるも、そこからは株安等から下落し29.30日と連日82円割れの流れに、しかし82円割れでは底堅い動きで再び82円台へ上昇し82.84円で引けました。ユーロドルは週初の1.32ドル付近から27日には1.33ドル台へと上昇、その後も欧州救済基金の上限引き上げへの期待感等から概ね1.33ドル台で底堅く推移し1.3344ドルで引けました。
また、今週もオセアニア通貨はリスク回避の動きや中国景気減速懸念等からの売りで軟調さが目立つ展開となり、対米ドル・対円共に弱い動きとなりました。

さて、来週の相場についてですが、来週は米雇用統計、そしてRBA・ECB・BOE政策金利発表やFOMC議事録、日銀短観や米・3月ISM製造業景況指数等の米重要指標など、注目材料目白押しの週です。
来週の政策金利関連は、3日にRBA政策金利発表、FOMC議事録、4日にECB政策金利発表、5日にBOE政策金利発表が予定されています。政策金利は、いずれも据え置きの予想となっています。
来週の主な経済指標等は2日に 日銀短観、豪・2月住宅建設許可件数、米・3月ISM製造業景況指数、3日に豪・2月小売売上高、4日に豪・2月貿易収支、欧州・2月小売売上高、米・3月ADP全国雇用者数、米・3月ISM非製造業景況指数、5日に英・2月鉱工業生産、独・2月鉱工業生産、米・新規失業保険申請件数、加・3月失業率/3月雇用ネット変化、6日に米・3月非農業部門雇用者数/3月失業率などの発表が予定されています。
来週は週末6日がグッドフライデーによりウェリントン、シドニー、香港、ロンドン、フランクフルト、トロント、NY市場などほぼすべての市場が休場、週明け9日もイースターマンデーによりウェリントン、シドニー、香港、フランクフルト、ロンドンなど多くの市場が休場します。

来週は先述したとおり米雇用統計、RBA・BOE・ECB政策金利発表、FOMC議事録、日銀短観など注目材料が非常に多い週ですが、その中でも特に注目される今回の米雇用統計は、3月非農業部門雇用者数が+21.0万人、3月民間部門雇用者数が+21.5万人、3月失業率が8.3%の市場予想となっています。前回の米雇用統計は、2月非農業部門雇用者数が市場予想+21.0万人に対し結果+22.7万人、2月民間部門雇用者数が市場予想+22.5万人に対し結果+23.3万人といずれも予想より強い結果に、2月失業率は8.3%と市場予想通りの結果となりましたが、今回も雇用の改善は続くのか大いに注目です。
来週は材料が多いですし乱高下に十分注意し、新年度相場入りということで新たな流れが出てくるか週明けの相場の動きに注目したいです。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週は、週前半は堅調な動きで、27日には111.25円の高値をつけましたがそこからは下落、週後半29日には108.75円まで下落するも109円付近のサポートは守り、週末30日はNY時間までは109円台でのレンジとなり、NY時間には上昇し110円台へ乗せ110.61円の高値を付け110.54円で引けました。

今のところ109円割れでは底堅く、111円では上値重いユーロ円ですが、来週堅調な動きとなると111円台へ乗せ27日の高値111.25円~21日の高値111.43円付近まで上昇できるか、強い動きとなれば昨年8月以来の112円台へ乗せることができるかを見たいです。
一方、来週110円を割り込む動きとなると109円付近のサポートでは止まることができるかに注目、109円付近を大きく割り込む軟調な動きとなると、108円台前半~108円付近への下落が考えられます。




【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週は週前半上昇し27日には一時133.37円まで上昇も、その後はリスク回避の動きから大幅に下落し29日には一時130.14円の安値をつけました。週末30日は反発の動きとなり132.72円まで上昇し132.65円で引けました。

今週はポンドドルが1.6ドル台を回復して引けておりポンド円も上昇して引けましたが、来週も堅調な動きとなれば、まず133円台へと上昇し27日の高値133.37円~21日の高値133.48円まで上昇できるか、そして昨年6月1日以来の134円台を目指す動きとなれるか見たいです。
一方、軟調な動きとなり132円を大きく割りこむと131円付近では止まれるか、下抜けると先週の安値130.14円~130円付近への下落が考えられます。




【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週は週初26日に87.40円台まで上昇、27日には87.57円の高値をつけるも、そこからは連日弱い動きとなり29日はついに85円も割り込み一時84.60円まで下落、しかしその後はリスク回避の巻き戻しの動きとなり85円台中盤へと反発しました。
週末30日は一時85円を下回る場面もあったものの85円台前半ではサポートされ、NY午後には85.50円越え87.88円の高値を付け85.69円で引けました。

このところ軟調さが目立つオージーですが、来週も50日線が走る85円付近では支えられるかに注目、堅調な動きとなれば、まず85円台中盤をしっかりと固め86円~86.30円付近まで上昇できるか、強い動きとなれば87円~先週27日の高値87.57円まで上昇できるか見たいです。
一方、来週また軟調な流れとなると50日線の走る85円付近では止まれるかに注目、85円を割り込むと29日の安値84.60円付近では下げ止まるか、更に下落すると84円付近への下落が考えられます。


明日は、ドル円とユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2079-2a54cedb
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/04/01(日) 12:19:13 |
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替