FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


おはようございます。FX大好きママしましまです。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週の注目材料は30日のユーロ圏財務相会合や米・2月耐久財受注、米・第4四半期GDP・確報値等の米経済指標が挙げられます。

今週の主な経済指標等は26日にNZ・2月貿易収支、独・3月IFO景況指数、米・2月中古住宅販売保留、27日に米・3月消費者信頼感指数、28日に英・第4四半期GDP・確報値、独・3月消費者物価指数・速報値、米・2月耐久財受注、29日に米・新規失業保険申請件数、米・第4四半期GDP・確報値、30日にNZ・2月住宅建設許可、欧州・3月消費者物価指数・速報値、加・1月GDP、米・3月シカゴ購買部協会景気指数、米・3月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。
今週は27日に2年債350億ドル、28日に5年債250億ドル、29日に7年債290億ドルの総額990億ドルの米国債入札が予定されています。また、30日にはユーロ圏財務相会合、EU非公式財務相会合が予定されています。

今週は、先週84円台乗せに失敗し一時82円割れまで下落したドル円が82円付近を守れるか、また、ユーロドルが1.33ドルの堅いレジスタンスを越えることができるかどうか等に注目しながら、ドル円・クロス円の調整が今週も続くか慎重に見ていきたいです。
では、今週も頑張っていきましょう!


今日は、82円台維持できるか注目のドル円、1.33ドルの攻防に注目のユーロドル、今週も弱い動き継続となるかのオージー円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週19日は、東京時間は83.45円付近を中心に小幅な動きでしたが、欧州序盤に下落し83.01円の安値をつけました。しかし83円台は維持し反発、NY序盤には83.50円付近へ戻しその後は83.30円台中心の小動き、20日も83.30円~83.80円付近のレンジとなり、明確な方向は出ませんでした。
21日は欧州時間まで83.50円付近をサポートに小動き、欧州時間上昇しNY序盤には84.09円まで上昇したものの、NY時間には急反落しNY午後には83.50円を割りこむ動きに、22日はリスク回避の動き強まったことで83円を割り込みNY時間には一時82.32円の安値を付けその後は小反発し82.50円をサポートとした小動きとなりました。
週末23日は、東京午前に82円台後半まで上昇するものの、83円台へ戻す強い動きにはなれず欧州時間からNY時間にかけて下落、NY時間には一時82円を割り込み81.97円の安値をつけました。その後はNYダウがプラス圏に反発したことを受け82.50円台へ反発し82.32円で引けました。

本日82円付近がサポートとなり反発できれば、82円台半ばを越え83円台へ上昇できるか見ていきたいです。
一方、82円を下抜ける軟調な動きとなると81円台後半から81円台中盤への下落が考えられます。




【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週19日は、NY時間までは1.31ドル台中盤の動き中心で上値抑えられる動き、しかしNY時間に急伸し1.32ドル台へ乗せ1.3265ドルまで上昇、その後も1.32ドル台を維持する強い動きに、20日は東京時間は1.32ドル台前半で緩やかに上値を切り下げる動き、欧州時間には中国景気減速懸念からのリスク回避の動きに加え、英消費者物価指数が予想を上回る強さだったことで対ユーロでポンド買いが進んだことから急落し1.32ドル割れ、NY序盤には1.3172ドルの安値をつけましたが、その後は投機筋の買い等で1.32ドル台中盤まで回復しました。
21日は欧州序盤まで堅調に推移し一時1.3285ドルの高値をつけたものの、そこからは急反落しNY時間には1.3178ドルまで下落、その後は反発し緩やかに1.32ドル台へ戻す動き、22日は欧州圏の弱い指標結果を受け欧州時間に一時1.3133ドルの安値を付けましたがその後は反発し、NY午後は1.31ドル台後半~1.32ドル付近での動きとなりました。
週末23日は東京時間は1.32ドル付近で小動きでしたが、欧州時間に1.3292ドルまで急進、その後は1.32ドル台の広いレンジで方向感のない動きとなり、NY午後には1.3260ドル~1.3270ドル台で小動きし1.3268ドルで引けました。

本日堅調な動きとなれば、先週末23日の高値1.3292ドルを上抜け1.33ドル台へ上昇できるかに注目、1.33ドル台へしっかり乗せる強い動きとなると、1.34ドルを目指す動きになれるかを見たいです。
一方、軟調な動きとなると1.32ドル~50日線も走る1.3184ドル付近では止まることができるか注目です。




【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

先週19日は東京時間は88円台中盤の動き、しかし欧州序盤には88円を割り込み一時87.86円まで下落、NY時間は反発し再び88円台へ戻し往って来いの動き、20日は中国景気減速懸念から再び88円を割り込み一時87.34円まで下落、その後は反発するも87円台中盤では上値重い動きでした。
21日は反発の動きとなり88円台前半まで上昇するも、NY時間は大幅反落しNY午後には87円台前半の安値圏で小動きとなり22日は中国経済指標の弱い結果からのリスク回避の動きで急落、東京時間に87円、欧州時間に86円を割り込み、NY時間には一時85.37円の安値をつけ、その後反発するも86円台へは戻せない弱い動きでした。
週末23日も弱い動きは継続し上昇しても86.30円付近では止められNY時間には一時85.17円まで下落、しかしその後はNYダウがプラス圏に浮上したことから反発し86円台へ乗せ86.12円で引けました。

本日反発の動きとなれば、まず86.30円へ戻し86.30円をサポートとし87円台へ上昇できるか見たいです。
一方、また軟調な流れとなり86円を大きく割り込むと、85円台半ば~23日の安値85.17円付近では止まれるか、下抜けると85円~50日線84.75円付近への下落が考えられます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2075-7ed9fc12
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替