転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・2月中古住宅販売件数は、市場予想461万件に対し結果459万件と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、2月中古住宅販売件数の弱い結果やオラクルが売られたこと等から続落、終値前日比-45.57ドルの13124.62ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は,英・2月小売売上高指数、加・1月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、米・2月景気先行指数などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数の市場予想は35.0万件、米・2月景気先行指数の市場予想は前月比+0.6%となっています。

昨日は、欧州時間まではギリシャの第2次支援策の法案可決を受けユーロが上昇し、ユーロ円主導の円安の動きが中心となりましたが、NY市場では2月中古住宅販売件数の予想を下回る結果や株価の下落、スペイン財政再建への懸念等を受けリスク回避の動きが強まりドル・円が強く、ユーロやオセアニア通貨は軟調な動きとなりました。
ドル円は欧州時間まで83.50円付近をサポートに小動き、欧州時間上昇しNY序盤には84.09円まで上昇したものの、NY時間には急反落しNY午後には83.50円を割りこむ動きに、ユーロドルは欧州序盤まで堅調に推移し一時1.3285ドルの高値をつけたものの、そこからは急反落しNY時間には1.3178ドルまで下落、その後は反発し緩やかに1.32ドル台へ戻す動きとなりました。

今日も、本邦2月貿易収支の黒字や中国3月HSBC製造業PMIの弱い結果等から円買いが優勢の展開で、ドル円は83.13円、ユーロドルは1.3213ドルまで下落、クロス円も軟調に推移しオセアニア通貨の下げが目立っています。
ここからはどこまでリスク回避の動きが進むか注視、反発も考えながら短時間での取引をしていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、83円台前半へ下落のドル円、1.33ドル割れも見せ軟調な推移となったユーロドル、弱い動き続くオージー円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週19日は、東京時間は83.45円付近を中心に小幅な動きでしたが、欧州序盤に下落し83.01円の安値をつけました。しかし83円台は維持し反発、NY序盤には83.50円付近へ戻しその後は83.30円台中心の小動き、20日も83.30円~83.80円付近のレンジとなり、明確な方向は出ませんでした。
昨日は欧州時間まで83.50円付近をサポートに小動き、欧州時間上昇しNY序盤には84.09円まで上昇したものの、NY時間には急反落しNY午後には83.50円を割りこむ動きとなりました。

今日は83円台前半での小動きとなっていますが、ここから上昇すると83.50円をしっかりと越え、83円円台後半~84円まで上昇できるか、そして15日の高値84.17円を目指す動きとなれるか見ていきたいです。
一方、83円台前半を割り込み軟調な動きとなると83円付近では止まり83円台を維持できるか、83円を割り込むと82円台中盤への下落が考えられます。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週19日は、NY時間までは1.31ドル台中盤の動き中心で上値抑えられる動き、しかしNY時間に急伸し1.32ドル台へ乗せ1.3265ドルまで上昇、その後も1.32ドル台を維持する強い動きに、20日は東京時間は1.32ドル台前半で緩やかに上値を切り下げる動き、欧州時間には中国景気減速懸念からのリスク回避の動きに加え、英消費者物価指数が予想を上回る強さだったことで対ユーロでポンド買いが進んだことから急落し1.32ドル割れ、NY序盤には1.3172ドルの安値をつけましたが、その後は投機筋の買い等で1.32ドル台中盤まで回復しました。
昨日は欧州序盤まで堅調に推移し一時1.3285ドルの高値をつけたものの、そこからは急反落しNY時間には1.3178ドルまで下落、その後は反発し緩やかに1.32ドル台へ戻す動きとなりました。

今日は緩やかに反発が続き現在は1.3240ドル台での推移となっています。
ここからも反発の動き続けば1.32ドル台後半へ上昇し昨日の高値1.3285ドルを上抜けることができるか、そして1.33ドル台へ乗せ1.33ドルをサポートとする強い動きになれるかを見たいです。
一方、再び軟調な動きとなると1.32ドル~50日線も走る1.31ドル台後半は維持できるかに注目です。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週19日は東京時間は88円台中盤の動き、しかし欧州序盤には88円を割り込み一時87.86円まで下落、NY時間は反発し再び88円台へ戻し往って来いの動き、20日は中国景気減速懸念から再び88円を割り込み一時87.34円まで下落、その後は反発するも87円台中盤では上値重い動きでした。
昨日は反発の動きとなり88円台前半まで上昇するも、NY時間は大幅反落しNY午後には87円台前半の安値圏で小動きとなりました。

今日は、国3月HSBC製造業PMIの弱い結果等から87円を割り込み一時86.36円の安値をつけましたが、そこからは緩やかに反発し現在は86.70円台で推移しています。
ここから反発の動き続けば、まず87円台へ戻せるか、強い動きとなれば87円台中盤を越え88円付近まで上昇していけるか見たいです。
一方、ここからまた軟調な流れとなると86.30円~86円付近では止まることができるか注目です。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2071-e83c6f47
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替