FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・2月消費者物価指数は前月比+0.4%と市場予想通りの結果となりましたが、米・2月鉱工業生産は市場予想前月比+0.4%に対し結果前月比±0.0%、米・3月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値は市場予想76.0に対し結果74.3と予想より弱い結果となりました。
NYダウは米指標の弱い結果や利食い売りから小幅に反落し、終値前日比-20.14ドルの13232.62ドルで引けました。


今週は、週前半はFOMC声明文を受けての追加緩和期待後退等からドル高が進みましたが、週後半はその勢いが失速、調整の流れとなり週末16日には急激なドル上昇に対する調整の動き、米指標の弱い結果や「ユーロ圏は3月末までに欧州安定メカニズムの規模を5000億ユーロから7000億ユーロまで拡大する可能性がある」との報道を受けてのユーロ買い等からドル売りが優勢となりました。


さて、来週の相場についてですが、来週の注目材料はRBA議事録、BOE議事録などが挙げられます。
来週の政策金利関連は20日にRBA議事録、21日にBOE議事録の公表が予定されています。
来週の主な経済指標等は20日に英・2月消費者物価指数、米・2月住宅着工件数/2月建設許可件数、21日にNZ・第4四半期経常収支、米・2月中古住宅販売件数、22日にNZ・第4四半期GDP、 日・2月通関ベース貿易収支、英・2月小売売上高指数、加・1月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、米・2月景気先行指数、23日に加・2月消費者物価指数、米・2月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。

来週はそれほど大きな材料がない中、ドル調整の動きがまだ継続するのかどうかに注目したいです。
今週ドル円は83.42円で、ユーロドルは1.3174ドルと上昇して引けました。来週も今週後半の動きを引き継ぎドル円はそれほど下落せず、ストレートでドル売りが進めば、今週末高値を付けたクロス円のもう一段の上昇も考えられる流れとなっています。
ドルの他通貨に対する強さ、そして全体的に円安基調はまだ継続していくのか等見ながら、来週も結局は円売り優勢の展開となるのか見ていきたいです。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週は、週前半にはドル円の上昇、週後半にはユーロドルの上昇を受け週を通じ底堅く、下値を切り上げていく流れとなり、週末16日はNY時間にユーロドルが大幅上昇したことを受け110円を狙う動きとなり109.98円まで上昇し、109.91円と高値圏で引けました。

ドル円は週後半軟調推移も83円を維持する底堅さ、ユーロドルが週後半反発の動きとなり、来週もこの動きが継続すればユーロ円は現在止められている110円を上抜け110円をサポートとできるかに注目です。
来週110円をサポートとする堅調な流れとなると昨年10月31日以来の111円付近まで上昇できるか、まだ強い動きとなると昨年10月31日の高値111.56円、そして昨年8月8日以来の112円台へ乗せることができるか見たいです。
一方、来週軟調な流れになると109円台を維持できるか、109円を割り込む動きとなると108円台前半~108円付近で止まれるか、まだ下へと進むと12日の安値107.51円付近への下落が考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週は売られる場面もありましたが週前半の安値128円台前半から130円台へ乗せ大幅上昇する展開で、週末16日は131円付近をサポートに一時132.42円まで上昇し132.16円で引けました。

来週も堅調な動き続けば、昨年6月1日以来の133円台へと上昇できるか、まだ上昇すると同じく昨年6月1日以来の134円台を目指す動きとなるか、強い動きとなれば135円~昨年5月31日の高値135.12円付近への上昇も考えられます。
一方、軟調な動きとなり132円を大きく割りこむと131円付近では止まれるか、下抜けても130円は維持できる動きとなるか注目です。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週12日は中国の景気減速懸念等から軟調な流れとなり87円を割り込み下落、一時86.08円の安値をつけましたが86円台は維持し86円台半ばまで反発、13日は日銀政策金利発表後86.40円まで下落しましたが、そこからはドル円の上昇を受け反発し87円台へ上昇しました。
14日はドル円は上昇したもののオージードルが引き続き軟調と綱引き状態だったため、オージー円は87円台半ばでの動きが中心の小動きとなり、15日は88円にタッチするも88円台へしっかり乗せることができずNY序盤には87.37円まで反落、しかしその後はダウの上昇等から持ち直し87円台後半まで上昇しました。
週末16日は、ドル円は調整の動きだったもののオージードルが1.06ドル付近へ回復する流れとなりオージー円も上昇、ついに88円のレジスタンスを越え88.58円の高値を付け88.32円で引けました。

来週は88円台を維持できるかに注目、堅調な流れ続けば昨日の高値88.58円を越え昨年5月2日以来の89円台を目指す動きになるか、強い動きとなればいよいよ昨年4月11日の高値90.02円が目標となります。この90円を上抜けするのはかなり困難になると思われ、私の1月からのスイングポジもここを最終目標としています。(その時になったら迷いそうですが・笑)
一方、軟調な動きとなり88円を割れてくるとと87円台半ばでは止まれるか、下抜けると87円付近、まだ弱い動きとなると86.30円~86円付近への下落が考えられます。



明日は、ドル円とユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2066-c1733539
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替