転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは前日とほぼ変わらずで、終値前日比-2.73ドルの12977.57ドルで引けました。

今週も全体的に円売りの動きが進み、ドル円は週末2日には81.86円と82円台が見える位置へ上昇、クロス円もユーロ円は109.92円、ポンド円は130.09円、オージー円は88円、NZ円は68.32円、カナダ円は82.81円、スイス円は91.24円の高値をつけました。ただ、クロス円は高値をつけた日が週初27日と週末2日に分かれ、週初27日に高値をつけ週末にかけて失速したのがユーロ円とスイス円、27日に高値をつけその後もそれほど動きがなかったのがNZ円、堅調に週末に高値を更新したのはポンド円、オージー円、カナダ円となっています。
ユーロドルは今週は1.35ドルの壁に阻まれて後大幅反落、週末2日にはスペインによる財政赤字削減目標の緩和が嫌気される等で1.32ドルも割り込み1.3286ドルの安値を付け1.3197ドルで引けました。

さて、来週の相場についてですが、来週は米雇用統計をはじめ注目材料が目白押しの週です。
まず来週の政策金利関連は6日にRBA政策金利発表、8日にRBNZ政策金利発表、BOE政策金利発表、ECB政策金利発表とドラギECB総裁の会見、BOC政策金利発表が予定されています。政策金利に関してはいずれも据え置き予想となっています。
来週の主な経済指標等は5日に欧州・1月小売売上高、米・2月ISM非製造業景況指数、6日に豪・第4四半期経常収支、欧州・第4四半期GDP・改定値、7日に豪・第4四半期GDP、米・2月ADP全国雇用者数、8日に豪・2月新規雇用者数/2月失業率、独・1月鉱工業生産 、米・新規失業保険申請件数、9日に豪・1月貿易収支、英・1月鉱工業生産、加・2月失業率/2月雇用ネット変化、米・2月非農業部門雇用者数/2月失業率、米・1月貿易収支などの発表が予定されています。
その他注目材料として、9日にユーロ圏財務相電話会合が予定されています。

来週は米雇用統計、RBA・BOE・ECB・RBNZ・BOC政策金利発表、豪雇用統計など注目材料が非常に多い週となっています。
今回の米雇用統計は、2月非農業部門雇用者数が+20.6万人、2月民間部門雇用者数が+21.5万人、2月失業率が8.3%の市場予想となっています。前回の米雇用統計は、1月非農業部門雇用者数が市場予想+14.0万人に対し結果+24.3万人、1月民間部門雇用者数が市場予想+16.0万人に対し結果+25.7万人、1月失業率が市場予想8.5%に対し結果8.3%といずれも予想を大きく上回る強い結果となりましたが、今回も雇用の改善は続くのか大いに注目です。
来週もドル円は堅調な動きを見せ、昨年5月26日以来の82円台乗せ、そして昨年4月20日以来の83円台もあるのか、また、ユーロドルは50日線も走る1.3190ドル付近で止まることができるのか、そして全体的に円安基調はまだ継続していくのか、とにかく材料が多いですし乱高下に十分注意しドル高・円安・ユーロ安が来週も続くか見ていきたいです。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週は、週初に109.92円の高値をつけたものの、そこからドル円が80円割れ寸前のところまで急落したことから上値を伸ばせず107.30円付近へと下落、そこからはドル円の上昇とユーロドルの下落に挟まれ108円を中心に上下50銭ほどの動きが中心となり、週末2日も高値108.45円、安値107.57円と108円を中心に上下50銭ほどの動きとなり107.95円で引けました。

ドル円は週初の下落後週末にかけ上昇、しかしユーロドルが1.35ドルの壁に阻まれて後大幅反落、週末2日にはスペインによる財政赤字削減目標の緩和が嫌気され1.32ドル割れと軟調に推移したため、他のクロス円と違い週末に上値を伸ばす展開とはなれませんでした。
来週はユーロドルの動きを注視しながら107円台半ば~108円台半ばのレンジをどちらに抜けだすかに注目、上昇の流れとなれば、今週28日の高値108.73円を越え109円台へ乗せれるか、そして今週27日の高値109.92円を上抜け110円台へ乗せ、111円~昨年10月31日の高値111.56円を目指す動きとなれるか見たいです。
一方、来週107円台半ば~週初27日の安値107.18円を割り込む動きとなると107円付近で止まれるか、107円を大幅に割り込むと200日線も走る106円付近への下落が考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週は週初27日に129.71円の高値を付けるもドル円の急落から127円を割り込み126.67円まで下落、しかしそこからは反発の動きとなり連日上昇し、週末2日はポンドドルは軟調に推移したもののドル円が一時81.86円まで上昇したこともありポンド円は一時130.09円まで上昇し129.50円で引けました。

130円台を維持出来ず129円台で引けたポンド円ですが、下値を切り上げ堅調な動きは継続で、来週も堅調な動きとあれば再び130円台へ乗せ、8月4日の高値130.83円~131円まで上昇していけるか、まだ強い動きとなると132円~昨年6月14日の高値132.31円を目指す動きとなるか見たいです。
一方、軟調な動きとなり129円~128円台後半を割りこむと128円付近、大幅下落となれば127円~126円台後半までの下落が考えられます。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週27日はオープン後87.45円の高値をつけるも、そこからは大幅下落となりNY時間には一時85.61円まで下落、安値をつけてからはダウの上昇もあり86円台半ばまで反発、28日は東京午前に一時86.10円まで下落もその後は反発し欧州序盤に87.12円の高値をつけ、欧州からNY時間にかけては方向感定まらない動きも徐々に上値を切り下げる重い動きとなりました。
29日は波打ちながらも下値を切り上げる堅調な動きとなり、NY時間には87.53円の高値をつけましたがその後は87円台前半へと下落、1日は欧州時間までは一時87円を割り込む軟調な動きでしたが欧州時間からNY時間にかけては強い流れとなり87.70円付近へと上昇、週末2日は東京午後に88円をつけてからはオージードルが足を引っ張る動きとなるもドル円の上昇を受け87.60円付近がサポートとなる底堅い推移をし、87.77円で引けました。

オージードルは1.07ドル台前半~1.08ドルのレンジで推移もドル円の上昇から強い動きを続けたオージー円、来週はRBA政策金利発表や豪雇用統計と大きな材料もあり、オージードルが1.08ドルを上抜く強い動きとなるのか、それとも1.07ドル、そして1.06ドルも下抜ける弱い動きとなるのか、大幅な変動に注意しながら取引していきたいです。
来週もオージー円の上昇続けば、88円台へしっかりと乗せ88円台中盤~昨年5月2日以来の89円台を目指す動きになるか、もしドル円の大幅上昇等で大変強い動きとなれば昨年4月28日の89.58円、そして昨年4月11日以来の90円をつける動きとなれるか見たいです。
一方、来週88円では抑えられ反落の動きとなると、87円台前半~87円付近では止まることができるか、下抜けると86.30円~86円付近への下落が考えられます。


明日は、昨年5月26日以来の82円台乗せなるかのドル円と、200日線突破に失敗・反落のユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2052-c6720a8b
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替