転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・1月消費者物価指数は、市場予想前月比+0.3%に対し結果前月比+0.2%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、ギリシャ支援への期待感から続伸し、終値前日比+45.79ドルの12949.87ドルで引けました。


さて、来週の相場ですが、まず今週の円安トレンドが来週も継続するのかに注目です。ドル円は昨日、昨年10月31日の介入後の高値79.53円を越え79.61円まで上昇し79.53円で引けましたが、今週は80円台へ乗せ、昨年8月4日の高値80.23円を越えることができるのか、この円安の動きが中長期的なものとなっていくのか注視したいです。
また、来週はギリシャ救済にとりあえずの決着がつくのかも焦点です。長々とごたごたが続いたこの問題ですが、来週20日のユーロ圏財務相会合で今度こそ無事第2次支援が決定されるのか注目したいです。

来週の政策金利関連は、21日にRBA議事録、22日にBOE議事録の公表が予定されています。
来週の主な経済指標等は21日に加・12月小売売上高、22日に米・1月中古住宅販売件数、23日に独・2月IFO景況指数、米・新規失業保険申請件数、24日に独・第4四半期GDP・確報値、英・第4四半期GDP・改定値、米・2月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値、米・1月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。

来週は20日に延期になっていたユーロ圏財務相会合、25.26日にG20財務相・中央銀行総裁会議が予定されています。
また、来週は20日にNY市場がプレジデンツデーで休場、21日に2年債350億ドル22日に5年債350億ドル、23日に7年債290億ドルの総額990億ドルの米国債入札が予定されています。

今週は、日銀が予想外の追加緩和策を決定したことやギリシャ救済への期待の高まりからのリスク選好の動き、株価の上昇等から円売りが進み、ドル円は昨年10月31日の介入後の高値79.53円を越え79.61円まで上昇、クロス円も軒並み大幅上昇しユーロ円は一時104.66円、ポンド円は126.05円、オージー円は85.49円の高値をつけました。
ユーロドルは今週ユーロ圏財務相会合の延期やギリシャへの第2次支援の見送り観測から軟調に推移し16日には一時1.2974ドルまで下落しましたが、その後はギリシャ支援への期待が高まる報道が相次ぎ上昇し週末17日には1.3197ドルまで上昇し1.3138ドルで引けました。

来週は、先ほども書きましたがドル円がまた一段の伸びを見せ80円台へと上昇していくかに注目、クロス円もストレートの状況にもよりますが、ドル円の上昇を受けどこまで上値を伸ばせるか見ていきたいです。
来週もギリシャ問題はじめ欧州のネガティブな話題は気になりますが、引き続きこの上昇の流れに乗っていきたいです。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週は、週前半は102~103円付近での動きを継続させていましたが、16日は一時103.82円まで上昇、そして週末17日はドル円が79円台に上昇し昨年10月31日の高値を抜く堅調さを見せたこと等からユーロ円も大幅上昇し、一時104.66円の高値をつけ104.50円で引けました。

来週は長くごたごたギリシャ問題が一旦は決着となるか注目、良い形にまとまりリスク選好の動きとなれば、105円台へ乗せ、200日線も走る106円まで上昇していけるか見たいです。
一方、来週104円~103円台後半を割り込み軟調な動きとなると103円付近では止まれるか、103円を下抜けるとまた102~103円付近で推移することが考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週は前半121円台後半~123円台前半での動きでしたが、16日にはポンドドルやドル円の上昇を受け200日線も走る124円を上抜け一時124.79円まで上昇、週末17日もドル円が79円台に上昇し昨年10月31日の高値を抜く堅調さを見せたこと等からポンド円も続伸し一時126.05円の高値をつけ、125.87円で引けました。

ドル円の上昇もあり週後半に大幅に値を伸ばしたポンド円、今週も堅調に推移すれば、昨年11月1日の高値126.59円、そして昨年10月31日の高値127.31円まで上昇できるか、円安が進み大幅上昇となれば128円台へ乗せ128円台後半~129円を目指す流れとなるか見たいです。
一方、軟調な動きとなると125円~124円台中盤では止まれるか、まだ下へ行くと200日線も走る124円付近への下落が考えられます。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週13日は堅調に推移し欧州序盤には一時83.69円まで上昇しましたが、そこからはじりじり下落し83.02円まで下落しそこからは再び反発、14日はドル円の上昇等から堅調な動きで、欧州時間からは83円台半ば~後半で推移し、NYクローズ時には83.90円の高値をつけました。
15日は堅調に推移し84円台へ乗せ一時84.60円まで上昇、しかしリスク回避の流れから反落し一時83.69円まで下落、16日も欧州時間まで軟調に推移していましたが欧州時間に84円付近へ上昇し84円近辺での動きに、そしてNY時間は大幅に上昇していきNY午後には84.99円の高値をつけました。
週末17日はリスク選好の動きが進み85円を大きく上抜け一時85.49円まで上昇しましたが、その後はオージードルが1.08ドルを前に反転、急落し1.07ドル付近へと下落したため、オージー円はドル円の上昇にかかわらず上値の重い動きとなり85.13円で引けました。

来週もリスク選好の動きが継続し堅調推移となれば、先週末の高値85.49円を上抜け86円~昨年8月1日の高値86.17円付近まで上昇できるか、もう一段円安が進むと86.30円を上抜け87円を狙う動きとなるか見たいです。
一方、反落の流れとなり85円~84円台後半を割り込むと84円台半ば、下抜けてしまうと84円~83円台後半付ではしっかりと止まれるか見たいです。



明日は、80円間近のドル円とユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2037-8386aa20
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替