FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・12月個人所得は、市場予想前月比+0.4%に対し結果前月比+0.5%と予想より強い結果、12月個人支出は市場予想前月比+0.1%に対し結果前月比+±0.0%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、ギリシャ債務交換交渉の難航や独財務相の発言等で大幅下落も後に下げ幅を縮小し、終値前日比-6.74ドルの12653.72ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は独・1月失業者数/1月失業率、加・11月GDP、米・1月シカゴ購買部協会景気指数、米・1月消費者信頼感指数などの発表が予定されています。
米・1月シカゴ購買部協会景気指数は63.0、米・1月消費者信頼感指数は68.0の市場予想となっています。

昨日は、ギリシャ債務交換交渉が合意に至らないことへの懸念やポルトガル10年債の利回りの急上昇、独財務相がギリシャが以前合意した緊縮財政改革を進めなければギリシャへの第二次支援を実施しない可能性があるとの見解を示すなどから、欧州債務問題への懸念が高まりユーロが売られ、リスク回避の動きが進みました。
しかし、NYダウの下げ幅縮小やEU首脳がESMを7月から稼動させることで合意したこと、ギリシャ債務交換交渉の合意期待等からユーロは持ち直し、他通貨もドルに対し反発の動きとなりました。
今日も、ギリシャのパパデモス首相が「民間債務者との債務交換協議について今週末までの協議終了を目指す」と述べたことからリスク回避の巻き戻しの動きとなりドルが売られ、ユーロドルは1.3198ドル、オージードルは1.0645ドルの高値をつけ現在も底堅く推移しています。
今日ここからもドル安の流れが続くのか、76.50円を下抜け3カ月ぶりの安値をつけているドル円が下げ止まれるか、ユーロドルはショートの巻き戻し進み再び1.32ドル台へ乗せる動きとなるのか等見ながら、慎重に流れを見ていきたいです。
では、今日も頑張っていきましょう!


今日は、レンジ下抜けじり安のドル円、1.31ドル台後半まで戻してきたユーロドル、81円付近の動きのオージー円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は週前半に77.30円付近のレジスタンスを上抜け、78.28円まで上昇しましたが、長い間壁になっている78.20円台を上抜けることができず、週後半はFOMC声明文を受け反落し、週末27日には76円台へ下落する弱い動きとなり76.68円で引けました。
結局上値トライに失敗しブレイク前のレンジの下限に逆戻りしてしまったドル円、今週30日はNY時間まで76.60~76.70円付近で小動きでしたが、NY時間にはついに76.50円を割り込みレンジ下抜け、76.21円と約3か月ぶりの安値をつけ、その後も76円台前半を推移しました。

今日も上値重い動きで現在76.20円付近で推移していますが、ここからも軟調な流れとなり76円台前半を下抜けると76円付近への下落が考えられます。
一方、76.20円付近から反発できれば、76.50円を越え76.80円~77円を目指す動きとなるか見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週は、神経質な動きをしながら上昇し50日線も走る1.31ドルを上抜け、その後は1.31ドル付近をサポートに推移し1.32ドル台へと上昇、1.3219ドルで引けました。
今週30日は欧州債務問題への懸念から売られ大幅下落、NY時間には1.31ドルを割り込み1.3076ドルの安値をつけるも、その後は買いが入り反発し1.31ドル台前半~半ばへと戻しました。

今日は反発続き一時1.3198ドルまで回復、現在も1.3190ドル台で推移していますが、ここからまた反発し堅調な流れとなればまず1.32ドル台へ戻れるか、そして先週27日の高値1.3233ドルを越え1.32ドル台後半~1.33ドル付近へを目指す流れとなるか見たいです。
一方、ここからもまた弱い動き続けば、先週後半からサポートとなっている50日線も走る1.31ドル付近を守れるかどうか注目です。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

先週は先週に続き陽線が並ぶ大変堅調な流れとなり、25日は東京午前に81.21円の安値を付けてから力強い動きとなり82円台乗せ、その後はなかなか82円の壁を越えられずNY序盤には81.61円まで下落しましたがFOMC後にAUD/USDが1.04ドル台後半から1.06ドル台へと急伸したことを受けオージー円も82円を越え82.46円まで上昇しました。
26日もNY時間までは堅調な動きは続き一時82.84円の高値をつけるも、その後はオージードルの下落から反落し82円台前半まで値を下げ、週末27日もドル円が76円台へと下落したため軟調に推移、一時91.42円まで下落し81.71円で引けました。
今週30日も反落の動きが進み、81円を割れ一時80.51円の安値を付けましたが、200日線を前に反発し80円台後半へと反発しました。

今日も反発の動きは継続し81円台へ乗せ、一時81.20円まで上昇、現在は81円付近で推移しています。
ここから反発の動きとなるとまず今日の高値81.20円を越えて81.50円付近へ戻れるか、そして再び82円台へ向け上昇できるか見ていきたいです。
一方、ここからまた軟調な流れとなり81円を割り込んでしまうと80.70円付近へ、そして200日線も走る80.44円付近への下落が考えられます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2019-84ce5c74
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替