転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・12月中古住宅販売保留は、市場予想前月比-1.0%に対し結果前月比-3.5%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、異例の低金利を2014年まで継続するとのFOMC声明やアップルの好決算を受け反発、終値前日比+83.10ドルの12758.85ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・12月耐久財受注、米・新規失業保険申請件数、米・12月新築住宅販売件数、米・12月景気先行指数などの発表が予定されています。米・12月耐久財受注は前月比+2.0%(除輸送用機器は前月比+0.9%)、米・新規失業保険申請件数は37.0万件、米・12月新築住宅販売件数は32.1万件、米・12月景気先行指数は前月比+0.7%となっています。
また、今日は7年債290億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は、「少なくとも2014年遅くまで異例な低金利を正当化」と予想外の内容となったFOMC声明文を受け、大きくドル売りに傾きました。
ドル円は31年ぶりの本邦貿易赤字からの円売りやギリシャ債務交換交渉の不透明感からのユーロ売りを受けNY時間に78.28円まで上昇、しかし長い間壁になっている78.20円台を上抜けることができず、その後FOMC声明文で「少なくとも2014年遅くまで異例な低金利を正当化」と従来の2013年半ばまでから期間が1年超延長されたことを受け77.55円まで急落しました。
ユーロは昨日も荒々しい動きとなり、ユーロドルは欧州時間、ギリシャ債務交換交渉の不透明感から売られ一時1.2930ドルまで下落しその後も1.29ドル台半ばで推移していましたが、FOMCの予想外の声明を受け急伸、NY終盤には1.3120ドルまで上昇しました。

今日は、FOMC後の水準からそれほど大きな動きはなく、各通貨小幅な動きとなっています。
ここからもFOMC声明を受けてのドル売りは続くか、ユーロドルが1.31ドル近辺を維持できるかなど注目し慎重に取引していきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、78円台保てずのドル円、1.31ドル台維持できるかのユーロドル、そして82円台半ばまで上昇の強いオージー円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週23日は高値77.074円、安値76.86円と小動きでしたが、24日は欧州序盤に77.30円付近まで上昇、そして今まで抑えられていた77.30円付近を上抜け、その後も堅調に推移しストップロスの買いを巻きこみながら77.60円を越えていきNY時間には一時77.84円まで上昇、その後やや下向きとなるも77.60円台ではサポートされる動きとなりました。
昨日は31年ぶりの本邦貿易赤字からの円売りやギリシャ債務交換交渉の不透明感からのユーロ売りを受けNY時間に78.28円まで上昇、しかし長い間壁になっている78.20円台を上抜けることができず、その後FOMC声明文で「少なくとも2014年遅くまで異例な低金利を正当化」と従来の2013年半ばまでから期間が1年超延長されたことを受け77.55円まで急落しました。

今日は77.70円付近で小動きとなっていますが、ここからまた堅調に推移すればまず78円台をつけることができるか、そして昨日も78.28円で止められましたが、昨年11月末からの壁である78.20円台を越え200日線78.57円に近づけるか注目したいです。
一方、ここから軟調な動きとなるとまず77.60円付近で止まれるか、下抜けると50日線も走る77.30円付近ではしっかりと止まれるかに注目です。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週23日は1.2878ドルと下窓を開けスタート、しかしその後は下げ止まり欧州時間から大幅反発、今月4日以来の1.3ドル台を回復しNY時間には一時1.3052ドルの高値を付け、24日は強い欧州指標や円売りの動きから1.3061ドルまで上昇するも、ギリシャの債務交換協議が難航していることや、S&Pが「ギリシャは2012年上半期に選択的デフォルトに格下げされる可能性」1.2953ドルまで下落、そこからは反発しNY午後には1.3ドル台前半を推移しました。
昨日は、欧州時間にギリシャ債務交換交渉の不透明感から売られ一時1.2930ドルまで下落しその後も1.29ドル台半ばで推移していましたが、FOMCの予想外の声明を受け急伸、NY終盤には1.3120ドルまで上昇しました。

今日は今のところ1.31ドル付近で小動きですが、ここからも50日線も位置する1.31ドル付近を維持しながら続伸すると昨日の高値1.3120ドルを上抜け昨年12月21日の高値1.3197ドル~1.32ドル付近へと上昇できるかを見たいです。
一方、弱い動きとなり1.31ドルを割り込むと1.30ドル台中盤で止まれるか、下抜けると1.30ドル~1.29ドル台後半、まだ弱い流れとなると1.2950ドル~昨日の安値1.2930ドル付近への下落も考えられます。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週は先週に続き陽線が並ぶ大変堅調な流れとなり、昨日は東京午前に81.21円の安値を付けてから力強い動きとなり82円台乗せ、その後はなかなか82円の壁を越えられずNY序盤には81.61円まで下落しましたがFOMC後にAUD/USDが1.04ドル台後半から1.06ドル台へと急伸したことを受けオージー円も82円を越え82.46円まで上昇しました。

今日は今のところ小動きながら底堅い動きを継続させ、現在82.40ドル台で推移しています。
今日も堅調な動きとなると82円台半ばを維持しながら83円~昨年11月1日の高値83.17円を目指し上昇していけるか見たいです。
一方、軟調な流れとなり82円を割り込むと81円台半ばでは止まることができるか、下抜けると昨日の安値81.21円~81円付近への下落も考えられます。

以前から、オージーの分析はしないのですかとのコメントを時々いただいていたので、今日からしばらく日々の分析はポンド円をやめてオージー円にさせていただきます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2014-1663337c
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替