転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

週明けの今日は、ギリシャ債務交換協議がまだ合意に至らないことからユーロ売りとなり、ユーロドルは1.2878ドルと下窓を開けスタート、しかしその後は更なる下落とはならず1.28ドル台後半~1.29ドル付近で推移、また、朝方売られていたクロス円もじりじりと上昇してきています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週もまずはユーロの反発は続くのか、その動きに注目したいです。
今週は、現在継続中のギリシャ債務交換交渉で合意となるのか、今日のユーロ圏財務相会合、25日のFOMC政策金利発表、26日の米GDP等に注目、リスク選好の流れが進みユーロは底堅く推移するか、円売り・ドル売り進むのかどうか見ていきたいです。

今週の政策金利関連は、24日に日銀政策金利発表、25日にBOE議事録、FOMC政策金利発表・バーナンキFRB議長記者会見、26日にRBNZ政策金利発表が予定されています。政策金利はいずれも据え置きの予想です。
25日のFOMC政策金利発表では、今回からFFレート予測が開示されるということで、その新しい試みにも注目したいです。

今週の主な経済指標等は23日に豪・第4四半期生産者物価指数、24日に加・11月小売売上高、25日に豪・第4四半期消費者物価、独・1月IFO景況指数、英・第4四半期GDP・速報値、米・12月中古住宅販売保留、26日に米・12月耐久財受注、米・新規失業保険申請件数、米・12月新築住宅販売件数、米・12月景気先行指数、27日にNZ・12月貿易収支、米・第4四半期GDP・速報値、米・1月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。
また、今週は24日に2年債350億ドル、25日に5年債350億ドル、26日に7年債290億ドルの総額990億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

では、今週も頑張っていきましょう!


今日は、77円台前半を上抜けできるかのドル円、ユーロドル、120円台へ上昇できるかのポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週16日は77.07円と77円台でのオープンとなるも77円台は維持出来ずすぐ76円台後半へ下落、その後は76円台後半の狭いレンジ内での推移、17日はユーロ買いの動きに押され一時76.55円まで下落するもすぐ後に76.80円付近へ回復、その後は76.80円付近での小動きが続き、18日も76円台後半で上下20銭ほどの狭い値幅での推移でした。
19日はリスク選好の動きが進み、ユーロ円での円売り等からドル円も77円台へ乗せ1月6日以来の高値77.31円まで上昇、週末20日も東京終盤に77.30円の高値を付けるもののそこを越えていけず上値の重い動きで、NY時間に77円を割れ76.90円台~77円付近で推移し77円ちょうどで引けました。

週明けの今日は77円付近での小動きとなっていますが、ここから堅調に推移すれば77円付近をサポートに現在止められている、50日線も走る77.30円付近を越えることができるかに注目、越えれば77.50~77.60円付近まで上昇、抜けていけるか見たいです。
一方、ここから軟調な動きとなるとまず76円台後半で止まれるか、下抜けると今までのように76.60円台~17日の安値76.55円付近ではしっかりと止まれるかに注目です。




【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週16日はS&Pによる欧州各国格下げの影響から1.2634ドルと下窓を開けてのスタート、一時1.2625ドルの安値をつけましたがそこからは反発し1.2630~1.2650ドルのレンジに、欧州以降はやや強い動きで1.2650ドルを上抜け概ね1.2660~1.2680ドルの小幅なレンジを推移しました。
17日は一部報道が中国GDPの結果をリークしたことからユーロドルは1.27ドル台乗せ、中国経済指標がいずれも強い結果となったことや株価の堅調な動きからそのままリスク選好の動きが続き1.2730ドル付近へと上昇、欧州時間は独・1月ZEW景況感調査の好結果やスペイン債入札が好調だったことから欧州債務問題への懸念が後退したことで一時1.2808ドルまで上昇、しかし1.28ドルの壁は厚くすぐ1.28ドル割れし、欧州金融機関の格下げの噂等から1.27ドル台半ば~前半へと失速、18日は強弱材料ありましたが好材料の方に支えられる形で底堅く上値を切り上げ1.28ドル台中盤まで上昇しました。
19日は1.28ドル台中盤で底堅く推移し欧州時間に1.29ドル台をつけ、NY時間には1.29ドル台へしっかり乗せる動きとなり、NYクローズ時には1.2970ドル付近まで値を伸ばし、週末20日も堅調に推移し東京終盤に1.2986ドルの高値をつけましたが、欧州時間に1.29ドル付近へと下落、その後1.29ドル台前半で底堅く推移し1.2930ドルで引けました。

今週は1.2878ドルと下窓を開けスタート、しかしその後は反発し現在まで1.28ドル台後半~1.29ドル付近で推移しています。ここから堅調な動きとなってくれば1.29ドル台へ戻し先週の高値1.2986ドルを越え1月4日以来の1.3ドル台乗せとなるかに注目したいです。
一方、1.29ドル~1.28ドル台後半を下抜ける軟調な流れとなると、1.28ドル付近への下落が考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週16日は117.74円でオープンし117円台中盤を中心に小動き、17日は117円台後半~118円台前半で比較的小幅な動き、18日は欧州時間に118円台へと上昇する場面もあり、NY時間には大幅上昇し118円台半ばへ、その後も118円台半ばで推移しました。
19日もリスク選好の流れから上昇、欧州時間まで118円台中盤でもみあいでしたがNY時間に119円台へ上昇し一時119.71円の高値を付けその後は119.30~119.50円のレンジで推移、週末20日もリスク選好の流れ続き続伸、NY終盤に119.99円まで上昇し119.92円の高値で引けましました。

週明けの今日は119円台後半で推移していますが、ここから堅調に推移すれば120円の大台へ乗せることができるかに注目、強い動きとなれば50日線120.31円付近を上抜け121円台を目指す流れとなるか見たいです・
一方、120円近辺では上値を抑えられ反落となると119円台前半~119円付近ではサポートされるでしょうか。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
豪ドル円81円台きましたねー!
79.7円台買い、80.6円台上乗せ追撃し、81.2円でごちそうさまになりました(^^)前回80円までの上昇逃したのを、今回ためらわず攻めたのが吉とでました。ということで今晩は闘い終了して寝ることとします♪
2012/01/24(火) 01:15 | URL | junichi!! #-[ 編集]
junichiさんさすが!ナイストレードです♪
今日は80円台へと下げてますが、調整で終わるかですね~。
2012/01/24(火) 16:48 | URL | FX大好きママ(しましま) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2011-387aa8ce
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替