転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・12月生産者物価指数は、市場予想前月比+0.1%に対し結果前月比-0.1%と予想より弱い結果に、米・12月鉱工業生産も市場予想前月比+0.5%に対し結果前月比+0.4%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、ゴールドマン・サックスの好決算や欧州債務問題への懸念が後退したことを受け続伸、終値前日比+96.88ドルの12578.95ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は米・12月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・12月住宅着工件数/12月建設許可件数、米・1月フィラデルフィア連銀景況指数などの発表が予定されています。米・12月消費者物価指数は前月比+0.1%、米・新規失業保険申請件数は38.4万件、米・12月住宅着工件数は68.0万件・12月建設許可件数は67.9万件、米・1月フィラデルフィア連銀景況指数は10.3の市場予想となっています。
また、今日はバンク・オブ・アメリカ、モルガン・スタンレー、グーグル、インテル、マイクロソフト等米主要企業の決算発表が予定されていますので、決算発表を受けてのNYダウの急変動に注意しておきたいです。

昨日も、IMFが融資原資拡大を提案するとの報道や、ギリシャ債務交渉が今週末にも合意との観測、GS好決算を受けたNYダウの上昇等を受けリスク選好の動きとなりました。ユーロドルはフィッチの「イタリアの2段階格下げもある」、ムーディーズの「ポルトガル・イタリア・スペイン・ギリシャは2012年にリセッションに陥る」との見解を受け売られる場面もありましたが、好材料に支えられ底堅く上値を切り上げ1.28ドル台中盤まで上昇しました。

今日は、ユーロドルが一時1.2878ドルまで上昇し現在も1.2860ドル台で堅調な動きとなっています。
オセアニア通貨がやや軟調、NZ・第4四半期消費者物価指数が予想を下回りNZDが下落、オージーも豪雇用統計で12月新規雇用者数の結果が-2万9300人と市場予想の+1.00万人を下回ったことで軟調な動きとなっていますが、12月失業率は5.3%の市場予想に対し結果5.2%と強い結果になったこともあり、下値も限られたものとなっています。
ここからもリスク選好の流れは継続するのか、ギリシャ債務交渉等欧州債務問題に関しての報道や多数発表される米経済指標、米主要企業決算相次ぐ中高値圏のNYダウの動き等に注意し、短期的に反発が続く中、引き続き流れについていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、小動き変わらずのドル円、1.29ドル台もあるのか注目のユーロドル、118円台へ反発のポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週16日は77.07円と77円台でのオープンとなるも77円台は維持出来ずすぐ76円台後半へ下落、その後は76円台後半の狭いレンジ内での推移、17日はユーロ買いの動きに押され一時76.55円まで下落するもすぐ後に76.80円付近へ回復、その後は76.80円付近での小動きが続きました。
昨日も76円台後半で、上下20銭ほどの狭い値幅での推移でした。

今日も76.70円台で小動きとなっていますが、ここから上昇するとまず今抑えられている76.80円台を抜け76.90円~77円へと戻せるか、そして今週16日の高値77.07円を越えていけるのかを見たいです。
一方、ここから軟調な動きが継続すると17日の安値76.55円~76.50円付近では止まれるかに注目です。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週16日はS&Pによる欧州各国格下げの影響から1.2634ドルと下窓を開けてのスタート、一時1.2625ドルの安値をつけましたがそこからは反発し1.2630~1.2650ドルのレンジに、欧州以降はやや強い動きで1.2650ドルを上抜け概ね1.2660~1.2680ドルの小幅なレンジを推移しました。
17日は一部報道が中国GDPの結果をリークしたことからユーロドルは1.27ドル台乗せ、中国経済指標がいずれも強い結果となったことや株価の堅調な動きからそのままリスク選好の動きが続き1.2730ドル付近へと上昇、欧州時間は独・1月ZEW景況感調査の好結果やスペイン債入札が好調だったことから欧州債務問題への懸念が後退したことで一時1.2808ドルまで上昇、しかし1.28ドルの壁は厚くすぐ1.28ドル割れし、欧州金融機関の格下げの噂等から1.27ドル台半ば~前半へと失速しました。
昨日は強弱材料ありましたが好材料の方に支えられる形で底堅く上値を切り上げ1.28ドル台中盤まで上昇しました。

今日も底堅く推移し一時1.2878ドルまで上昇、現在は1.2850ドル台で推移しています。
今日先週13日の高値1.2877ドルと並んだユーロドル、ここから堅調な動き続けばまず今日の高値1.2878ドルをしっかり越えることができるか、そして1.29ドル台へ乗せていくことができるか見たいです。
一方、軟調推移となるとまず1.28ドル付近で止まれるか、1.2750ドルを割り込んでしまうと1.27ドル台前半~1.27ドルへの下落が考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週16日は117.74円でオープンし117円台中盤を中心に小動き、17日は117円台後半~118円台前半で比較的小幅な動きとなりました。
昨日は欧州時間に118円台へと上昇する場面もあり、NY時間には大幅上昇し118円台半ばへ、その後も118円台半ばで推移しました。

今日も昨日NY時間からのレンジ内の動きで、現在118.40円付近で推移していますが、ここから更に上昇すればまず今日の高値118.63円を越え118円台後半~先週11日の高値119.10円付近へと上昇できるか見ていきたいです。
一方、ここから軟調な動きとなると118円付近へ、下抜けると117.50円付近への下落が考えられます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/2007-c064c750
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替