FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

週明けの今日は、ユーロの下落で始まりました。ユーロドルは一時1.2665ドルまで、ユーロ円は97.23円まで安値を更新、ドルと円が強い動きとなりクロス円は軟調に推移しています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週もユーロに注目が集まる週となりそうです。
今週の欧州は12日のECB政策金利発表・ドラギECB総裁の会見をはじめ今日9日に独仏首脳会談、11日に独伊首脳会談、12日にスペイン国債入札、13日にイタリア国債入札と注目材料が目白押しです。今週も早速安値を更新のユーロがまだまだ下を目指すのか、それとも相場を反転させる材料が出てくるか、ユーロから目が離せない週となりそうです。

今週の政策金利関連は、12日にBOE政策金利発表、ECB政策金利発表とドラギECB総裁の会見が予定されています。
政策金利は双方とも据え置きの予想となっています。
今週の主な経済指標等は、9日に独・11月鉱工業生産、11日に英・11月商品貿易収支、ベージュブック、12日に英・11月鉱工業生産、米・12月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、13日に米・11月貿易収支、米・1月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。

今週は先述の通り今日9日に独仏首脳会談、11日に独伊首脳会談、12日にスペイン国債入札、13日にイタリア国債入札が予定されています。また、10日に3年債320億ドル、11日に10年債210億ドル、12日に30年債130億ドルの総額660億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

今週も先週の流れを引き継ぎユーロ売りのスタートとなっていますが、この流れが果たして週末まで続くのか、下落が急だった分急反発も十分考えられますし、乱高下に注意しながら今週の相場を見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、77円割れで推移のドル円、1.27ドル台へ戻せないユーロドル、118円台へと下落のポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週3日はドル売りの動きから軟調に推移し76.60円付近まで下落するも76.60円付近では底堅く推移、4日は76.60円~76.80円の狭いレンジ内の推移でした。
5日はドル買いの流れから欧州時間に76.80円を越えNY時間には77円台へ乗せ一時77.24円まで上昇、その後も77円台を維持する堅調な動きに、週末6日は77円台前半で推移していましたが、NY終盤に77円台を維持出来ず76.95円まで下落しそのまま引けました。

週明けの今日は76円台後半での推移となっていますが、ここから上昇の動きとなるとまず77円台へ乗せ、6日の高値77.33円付近へ上昇できるか、強い動きとなれば50日線も走る77.50円付近まで上昇できるか見たいです。
一方、弱い動きとなり76円台後半を明確に割れると先週4日の安値76.60円~76.50円付近では止まれるかに注目です。



【EUR/USD 週足】
eurusd
ユーロドル週足です。クリックしてご覧ください。

先週3日はドル売りが強まり1.30ドル台を回復しNY午後には一時1.3076ドルの高値をつけましたが、4日は欧州債務懸念の高まりから欧州時間に1.30ドルを割り込みNY時間には一時1.2897ドルと1.29ドル割れまで下落、そこからは反発し1.29ドル台中盤まで上昇もそれ以上の反発とはなりませんでした。
5日は欧州債務懸念の更なる高まりで、欧州時間に1.29ドルを割り込みNY時間には1.28ドルまで割り込む弱い動きとなり、明け方には一時1.2771ドルの安値をつけました。週末6日はNY時間まで1.27ドル台後半~1.28ドル付近で推移していましたが、NY時間にまたも下落し一時1.27ドルを割り込み1.2697ドルの安値を付け1.2715ドルで引けました。

週明けの今日も下落スタートで一時1.2665ドルまで下落し、現在も1.27ドル台へ戻れない軟調な流れとなっています。
なかなか下げ止まりの見えないユーロドルですが、ここから今日の安値を割り込み更に下落となると2010年9月の安値1.2643ドル付近へ、更に弱い動きとなると2010年8月の安値1.2587ドル付近への下落も考えられます。
一方、ここから反発の動きとなれば、まず1.27ドル台へしっかり乗せ1.28ドル付近まで戻すことができるかを見たいです。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週3日はポンドドルの回復から堅調な動きでNY時間に120円台へと戻し、その後は120円を挟んでの上下、4日は119.60~120.10円におさまる比較的狭いレンジでの推移、120円台に戻せない軟調な動きでした。
5日も120円を前に上値を抑えられ、119円台前半~120円のレンジでの動き、週末6日はNY時間にユーロが下落、ダウも軟調でリスク回避的な動きが進み一時118.54円まで下落し118.69円で引けました。

週明けの今日は118.59円でオープンし一時118.25円まで下落も現在は始値付近へと反発しています。
ここからも反発続けば、まず119円台へしっかり乗せ119~120円のレンジに戻せるかを見ていきたいです。
一方、再び軟調な流れとなると、今日の安値118.25円付近まで、まだ下へ行くと118円付近~昨年10月4日の安値117.72円付近への下落が考えられます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1997-8f4116b4
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替