FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

今年から店頭取引の税制が申告分離課税に変わり、ぐんと有利になりましたね!
そこで、今日は店頭業者でお勧めのGFTのご紹介をしたいと思います。
GFTは業界最多の25通貨、128通貨ペアを提供、そしてそのチャート機能に大変定評のある会社です。例えば時間足ですが、1分~5分足までは1分毎、そして5分~1時間足では5,10,15,20,25,30~と5分ごとの足が用意されているという細やかさです。
もちろんテクニカル指標も85以上も用意されており、例えば移動平均線にしてもただの「移動平均線」ではなく単純移動平均線や加重移動平均線など5種類から選択可能です。GFTなら、ご自分に合った指標が見つかるのではないでしょうか。今お使いのチャート機能にもう一つ納得いかない方は、ぜひGFTのチャートも試してみていただきたいです。

チャート機能が秀逸で納得のいくチャート分析ができるGFTですが、そのチャート分析を手助けしてくれる頼もしいレーディングツール:【オートチャーティスト】があります。このツールはGFT東京支店でライブ口座をお持ちの方であれば、無料で利用可能です。

【オートチャーティスト】はチャートパターン認識ソフトウェアで、ブレークアウトの発生やターゲットレベルの自動認識がすることができます。チャンスの見逃し、利食いの遅れなどを減らすのに有効なツールです。
ペナント、フラッグ、ウェッジ、トライアングルなど典型的なチャートパターンが形成されていてチャンスだったのに、気付かないままだった…なんてことはありませんか?それがこの【オートチャーティスト】を立ち上げておけば、チャートパターン形成(形成しそう)をポップアップ画面で知らせてくれるので、すべてのサインがその方向へ行くとは限りませんが、知らせてくれることは非常に心強いし、私達の負担も軽減しますね♪この「オートチャーチスト」については、先日の記事「充実のチャート機能を求めるならGFT東京へ!」に詳細を書いていますのでご覧ください。

現在、GFTでは新規口座開設をし、初回に30万円以上を預け入れ、90日以内に10,000通貨単位で10回以上の「新規ポジションならびにその決済」または相当量以上のFX取引で5000円キャッシュバックしてくれるなど、お得なキャンペーンを実施しています!入金額によってキャッシュバック額などに違いがあったり条件が違ったりしますので、詳細はGFTのHPをご覧ください。
キャッシュバックキャンペーンもあるお得なこの機会にぜひGFTに口座をお持ちになり、驚きのチャート機能を体感してください!


今日は、76円台中盤~77円台前半の狭い範囲で推移のドル円、そしてどこまで下げ続けるのか注目のユーロドルの分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週はECB政策金利発表・独仏・独伊首脳会談等欧州関連の材料目白押し/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週3日はドル売りの動きから軟調に推移し76.60円付近まで下落するも76.60円付近では底堅く推移、4日は76.60円~76.80円の狭いレンジ内の推移でした。
5日はドル買いの流れから欧州時間に76.80円を越えNY時間には77円台へ乗せ一時77.24円まで上昇、その後も77円台を維持する堅調な動きに、週末6日は77円台前半で推移していましたが、NY終盤に77円台を維持出来ず76.95円まで下落しそのまま引けました。

今週上昇の動きとなると77円台へ乗せ6日の高値77.33円付近へ上昇できるか、そして50日線も走る77.50円付近を越える強い動きとなれば78円を目指す動きとなるか見たいです。
一方、弱い動きとなり76円台後半を明確に割れると11月18日の安値76.57円~76.50円付近では止まれるかに注目、下抜けてしまうと76円台前半~76円付近への下落が考えられます。



【USD/JPY 月足】
usdjpy
こちらはドル円月足です。

ドル円は2008年3月に102円の重要サポートを割り、リーマンショック後から100円割れが定着、上値もどんどん切り下げずるずると下落を続けました。2011年も安値を更新し続け、3月17日早朝にはついに史上最安値を更新、一時76.25円をつけました。

3月のこの急激な下落がセリングクライマックスのような雰囲気はありましたが、その後なかなか反発の兆しが感じられず、8月1日はついに3月の市場最安値76.25円と同水準のと76.29円、8月11日にも76.30円まで下落してしまい、8月19日にはついに76.25円を下抜け75.94円まで下落、史上最安値更新となりました。

最安値更新となったことでまた底がどこかわからなくなったドル円でしたが、そこからはやや落ち着きを取り戻し、10月21日まで76円台前半~77.50円付近での動きを続けていました。しかし10月21日NY時間に急落し75.78円まで下落、史上最安値をまた更新、そして10月25日に75.73円、26日に75.71円、27日に75.66円と3日連続で最安値更新となりました。
10月31日は日銀による円売り介入により79.53円まで急伸するも80円台へは届かず反落、その後11月中旬まで下げが続き11月18日には一時76.57円の安値を付けましたがそこからは反発、しかし78円付近では上値を抑えられ11月下旬~12月下旬までは77円台半ば~78円台前半の狭いレンジで方向感掴みづらい動きとなりました。
しかし年末12月30日に77円台半ばを割り込みそれ以降は76円台中盤~77円台前半の動きとなっています。
底堅さは見せるものの反発もできないドル円、大きな下向きのトレンドはまだまだ継続で、このまま上値の重い動きが続けば、そのうちまたずるずると下落し最安値更新をトライしにいく可能性が高そうです。


usdjpy2
ちなみにこちらが約16年前・1995年のドル円日足チャートです。
年明けから100円をレジスタンスにし、2月に96円割れをしてからきつい下落となり4月には史上最安値79.70円(GFT)をつけます。その後87円付近まで上昇してからまた82円付近へと下落し、2ヶ月ほど85円をレジスタンスに揉み合いを続けた後本格的に上昇開始となりました。
今回はどのような形でこの円高が終了するかまだわかりませんが、参考までに載せてみました。



【EUR/USD 週足】
eurusd
ユーロドル週足です。クリックしてご覧ください。

先週3日はドル売りが強まり1.30ドル台を回復しNY午後には一時1.3076ドルの高値をつけましたが、4日は欧州債務懸念の高まりから欧州時間に1.30ドルを割り込みNY時間には一時1.2897ドルと1.29ドル割れまで下落、そこからは反発し1.29ドル台中盤まで上昇もそれ以上の反発とはなりませんでした。
5日は欧州債務懸念の更なる高まりで、欧州時間に1.29ドルを割り込みNY時間には1.28ドルまで割り込む弱い動きとなり、明け方には一時1.2771ドルの安値をつけました。週末6日はNY時間まで1.27ドル台後半~1.28ドル付近で推移していましたが、NY時間にまたも下落し一時1.27ドルを割り込み1.2697ドルの安値を付け1.2715ドルで引けました。

なかなか下げ止まりの見えないユーロドルですが、ここから更に下落すると再び1.27ドルを割り込み2010年9月の安値1.2643ドル付近へ、更に弱い動きとなると2010年8月の安値1.2587ドル付近への下落も考えられます。
一方、今週は欧州関連の注目材料が多いこともあり、何かの材料で激しいショートカバーの動きとなればまず1.27ドル台へしっかり乗せ1.28ドルを上抜けることができるか、強い動きとなれば1.29ドル~1.30ドル台後半のレンジへと戻すことができるかを見たいです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1996-2720ae34
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替