FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・10月貿易収支は、市場予想-440億USDに対し結果-435億USDと予想を下回る赤字幅に、米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値は市場予想65.8に対し結果67.7と予想より強い結果となりました。
NYダウは、EU首脳会議でのユーロ圏財政強化の合意を好感し大幅反発、終値前日比+186.56ドルの12184.26ドルで引けました。


来週の相場は引き続き欧州に注目、まずはEU首脳会議明けの来週とりあえず落ち着いた動きとなってくるかどうか、要人発言からの急変動や今週相場が荒れた一因となったS&Pの国債格下げへの動きを警戒しながら見ていきたいです。
来週はFOMC政策金利発表をはじめ13日の米・11月小売売上高、FOMC政策金利発表、15日の日銀短観、米・12月NY連銀製造業景気指数、米・12月フィラデルフィア連銀景況指数等多数発表される米指標に注目、このところあまり材料視されていませんが指標結果がいずれも強いものとなってくるか注視したいです。

来週の政策金利関連は、13日にFOMC政策金利発表、15日にSNB政策金利発表が予定されています。
13日のFOMC政策金利発表では、現状維持が予想されています。

来週の主な経済指標等は、12日に豪・10月貿易収支、13日に英・11月消費者物価指数、独・12月ZEW景況感調査、米・11月小売売上高、14日に英・11月失業率/11月失業保険申請件数、欧州・10月鉱工業生産・季調済、15日に日銀短観、英・11月小売売上高指数、米・11月生産者物価指数、米・12月NY連銀製造業景気指数、米・新規失業保険申請件数、米・10月対米証券投資、米・11月鉱工業生産、米・12月フィラデルフィア連銀景況指数、16日に米・11月消費者物価指数などの発表が予定されています。
また、来週は12日に3年債320億ドル、13日に10年債210億ドル、14日に30年債130億ドル、15日に5年物インフレ連動債120億ドルの総額780億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

今週はS&Pが欧州15カ国の格付け、EFSFの長期格付けをクレジットウォッチ・ネガティブに指定するとの発表やドラギECB総裁の「ECBの国債購入の拡大を示唆した覚えはない」等の会見内容、EU首脳会議と欧州中心の相場となりました。
来週はEU首脳会議明けの相場がとりあえず落ち着いてくるか、声明発表後の週明けの動きを慎重に見ていきたいです。年末相場入りで特殊な動きとなりやすい時期ですし、ここからは無理せず様子見というのもまた良い選択肢かと思います。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週は週を通じ上値を切り下げる動きとなり、週前半は104円~103円台後半をサポートとする動きでしたが8日に一時103円まで下落、週末9日は反発し一時104.40円の高値をつけるも、それを維持できず104円割れし103.90円で引けました。

今週は陰線続きでしたが週末は反発、来週も反発の動きとなると、まず104円台に乗せ104円台をしっかり固め105円~50日線105.16円まで上昇できるか、強い動きとなれば2日の高値105.69円付近をしっかりと上抜け、106円付近まで上昇できるかを見たいです。
一方、来週また軟調な流れとなると、まず103円台半ばでは止まれるか、下抜けると今週の安値103円付近、弱い動きだと11月25日の安値102.48円付近への下落が考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週5日は、121円台半ばをサポートに122.28円まで上昇するも、そこからはまた下落し121円台半ばへ戻る往って来いの流れに、6日は弱い流れとなるものの、121円付近ではしっかりとサポートされ、7日はNY時間にポンドドルが中東筋等の買いから1.5722ドルへと急騰、その後も底堅く推移したためポンド円も堅調な流れとなり一時122.20円の高値を付けその後も121.80~122円へとレンジを切り上げました。
8日は東京時間は121.80~122円付近での小動きでしたが欧州時間から下落、NY時間には一時120.91円の安値をつけるもそこからは反発し121.40円付近での動きに、週末9日は下値は121円でサポートされるも上値も122円越えで抑えられる限定的な動きとなり121.61円で引けました。

来週上昇となればまず121円台中盤を維持しながら現在がっちり動きを止められている122円付近をしっかり上抜けることができるか、そして2日の高値122.62円を越え123円台へと上昇していけるか見たいです。
一方、来週軟調な動きとなると、8日の安値120.91円~120.80円まで、更に下落となると120円付近までの下落が考えられます。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週は週末までは79-80円のレンジでしたが、週末9日はリスク回避の動きが進み一時78.03円まで下落、そこからは長い下髭をつける形となり79円台へと反発しし79.29円で引けました。

来週79円をサポートに堅調な流れとなるとまず79円台半ばを越え80円まで上昇できるか、そして80円を固めながら2日の高値80.52円、200日線80.85円越えにトライしていけるか見たいです。
一方、軟調な流れとなり79円付近を下抜けてしまうと50日線78.65円、まだ下だと昨日の安値78円付近までの下落が考えられます。


明日は、ドル円とユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1970-64aa2663
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替