FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想39.5万件に対し結果38.1万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは、ドラギECB総裁の発言により欧州債務問題解決への期待が後退し大幅反落、終値前日比-198.44ドルの11997.93ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・10月商品貿易収支、米・10月貿易収支、米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。
米・10月貿易収支は-440億USD、米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値は65.8の市場予想となっています。

昨日注目されていたECB政策金利発表は、政策金利は0.25%引き下げられ1.00%となる等概ね予想通りの結果となり、市場もユーロ買い戻しの動きとなりました。しかし、その後ドラギECB総裁が会見で、「ECBの国債購入の拡大を示唆した覚えはない」「ECBはIMFのメンバーではない」等欧州債務問題解決に対し消極的な発言をしたことから、リスク回避の動きが強まりドル買い・ユーロやオージーが売られる流れとなりました。

今日は、東京午前にはユーロはじわじわと反発していたのですが、先ほど「EUの外交筋3人によると、EUはEU条約改正について、加盟27カ国の支持を得ることができなかった」等の報道からユーロは売られユーロドルは1.3310ドルまで下落、リスク回避の動きが進みオージーもきつい下げとなりましたが、ユーロ圏17カ国では合意される見通しとなったことで現在は反発の動きとなっています。
今日はEU首脳会議関連から荒れ相場となる可能性もあり、リスク管理はより念入りにして、慎重に相場の流れを見ていきたいです。会議がいつ終わるのか、どのような結果になるのか・・・週明けに大きく窓開けスタートとなることも考えられますので、ポジションの持ち越しはなるべく避けておきたいですね。
では、今日も頑張っていきましょう!


今日は、77円台半ばのドル円、1.33ドル台前半で上値重いユーロドル、121円台前半のポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週5日は、78円付近から77円台後半へと緩やかに下落する動き、6日は77.70円近辺での小動き、7日も77円台後半で膠着、上下20銭にも満たない狭い値幅でした。
昨日は欧州時間からNY時間にかけてドル売りが強まり、ドラギECB総裁の発言でユーロドルが大きく上昇しドル円も77.13円まで下落しましたが、その後、「ECBの国債購入の拡大を示唆した覚えはない」などの発言が始まりドル買いが進みドル円も77円台後半まで戻しました。

今日は77.70~77.60円付近での動きですが、ここから堅調に推移すればまず77円台後半を越え、78円台へ乗せることができるかを見たいです。
一方、軟調な流れとなり77.50円~50日線77.39円付近で止まれないと、昨日の安値77.13円~77円付近までの下落となりそうです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週5日は、欧州債務危機解決への期待から一時1.3486ドルまで上昇するも、FT紙等複数機関が「S&Pがユーロ圏17カ国の格下げを検討」と報道したことを受け1.33ドル台後半へと下落し1.33ドル台後半~1.34ドル付近での動きとなり、6日は、S&Pが欧州15カ国の格付け、EFSFの長期格付けをクレジットウォッチ・ネガティブに指定したこと、FT紙がEU首脳会合でESMとEFSFが同時に運用される可能性について協議と報道したことなどを受け神経質な動きとなりましたが、値幅としては100ポイント未満、レンジ内の限定された動き、7日も強弱材料で上下に振れるも、1.34ドルを挟み上下50ポイントの限定された動きでした。
昨日はドラギECB総裁の会見までは1.34ドルを挟んでの限定された動きでしたが、ドラギECB総裁が会見で銀行向け融資の担保基準の緩和、3年物資金供給を実施を発表、米指標の強い結果が出ると1.3459ドルまで上昇、しかしその後「ECBの国債購入の拡大を示唆した覚えはない」等の発言で一時1.3289ドルまで急落、その後はじりじりと1.33ドル台中盤へと反発しました。

今日は1.33ドル台半ばから1.3310ドルまで下落、現在は1.3320ドル台で推移しています。
ここから反発続けば、1.33ドル台中盤を越え1.34ドル付近へ上昇できるか、ユーロ上昇の強い材料が出れば昨日の高値1.3459ドル、5日の高値1.3486ドルを越え1.35ドル台へと上昇することができるか見たいです。
一方、ここからまた軟調な流れとなり今日の安値1.3310ドル付近を下抜けると、昨日の安値1.3289ドル付近、11月25日の安値1.3212ドル付近、きつい下げとなると10月4日の安値1.3145ドル付近への下落も考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。
  
今週5日は、121円台半ばをサポートに122.28円まで上昇するも、そこからはまた下落し121円台半ばへ戻る往って来いの流れに、6日は弱い流れとなるものの、121円付近ではしっかりとサポートされ、7日はNY時間にポンドドルが中東筋等の買いから1.5722ドルへと急騰、その後も底堅く推移したためポンド円も堅調な流れとなり一時122.20円の高値を付けその後も121.80~122円へとレンジを切り上げました。
昨日は東京時間は121.80~122円付近での小動きでしたが欧州時間から下落、NY時間には一時120.91円の安値をつけるもそこからは反発し121.40円付近での動きとなりました。

今日はリスク回避の動きからやや軟調な動きとなり現在は121.20円付近での動きとなっています。
ここから上昇となればまず121円台中盤へ、そして現在がっちり動きを止められている122円付近まで上昇し、122円をしっかり上抜けることができるか見たいです。
一方、ここからまた弱い動きとなると、昨日の安値120.91円~120.80円まで、更に下落となると120円付近までの下落が考えられます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1969-e9808f6c
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替