転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・11月ADP全国雇用者数は、市場予想+13.0万人に対し結果+20.6万人と強い結果、米・11月シカゴ購買部協会景気指数も市場予想58.5に対し結果62.6と強い結果となりました。
NYダウは、日米欧中銀が協調しドル資金供給を拡大するとの発表や中国の金融緩和を好感し大幅続伸、終値前日比+490.05ドルの12045.68ドルと2009年3月23日以来の上昇幅で引けました。

今日の主な経済指標等は、米・新規失業保険申請件数、米・11月ISM製造業景況指数などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数は39.0万件、米・11月ISM製造業景況指数は51.8の市場予想となっています。

昨日は、FRBはじめECB・日銀・BOE・BOC・SNBが協調しドル資金供給を拡大することで合意、中国の預金準備率の引き下げと大きな材料から、激しく相場が動きました。
リスク志向の高まりやドル供給懸念の後退から主要通貨に対しドル売りが大きく進み、ユーロドルは一時1.3532ドルまで上昇、ポンドドルは1.5779ドル、オージードルは1.0329ドルまで上昇し、ドル円は77.29円まで下落しました。クロス円はドルストレートでドルが大きく売られたため堅調に推移しました。
また、昨日は財務省が、2011年10月28日から11月28日までの為替介入額が9兆0916億円だったと発表、10月31日の介入後も小規模な隠密介入が何度かあったのではと見られています。

今日は豪・10月小売売上高が市場予想前月比+0.4%に対し結果前月比+0.2%と弱かったこと、中国の11月製造業PMIが弱かったことなどからオージーが弱い動きに、全体的には明確な動きは出ていません。
ここからは昨日のドル売りの流れはまだ継続するのか注意、ユーロドルは1.34ドル台前半を守り上昇を続けるか、ドル円は77円台半ば~77円台前半を維持できるかなど見ながら、急変動に気をつけつつ流れを見ていきたいです。
では、今年最後の月も頑張りましょう!


今日は、77円台中盤で推移のドル円、1.34ドル台で推移のユーロドル、上昇基調続くかのポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週28日は77円台中盤での小動きから、NY時間に強い動きとなり78円台へ乗せ一時78.23円の高値を付けその後も78円~78円割れでの底堅い動きに、29日はドル売りの動きから欧州時間に一時77.62円まで下落するもそれ以上の下落とはならず、NY時間は下値を切り上げる動きになりました。
昨日はNY時間までは77円台後半~78円台前半での値動きでしたが、NY時間はドル売りが進みドル円も一時77.29円まで急落、しかしその後は50日線に支えられ反発し77円台中盤での推移となりました。

今日は77.60円付近での推移となっていますが、ここからまたドル売りの流れとなると昨日の安値77.29円付近~77円付近への下落が考えられます。
一方、ここから上昇となると77円台後半まで上昇できるか、そして77円台後半~78円台前半での値動きとなれるかを見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週28日は、IMFがイタリアに対して6000億ユーロの支援準備との報道等からユーロが買われ、先週の終値1.3237ドルから上窓開け1.3321ドルでスタートし、1.33ドルを割り込む場面もあるも株価の上昇や欧州債務危機対応の進展への期待感から欧州時間、NY時間には1.34ドル越えを目指す流れに、しかし1.34ドルを越えることはできず再び1.33ドル付近へと下落、29日はイタリア国債入札が無難に終わったことなどから一時1.3441ドルまで上昇しましたが、ECBが追加流動性の資金を完全に吸収することができなかったことを表明したことで1.3294ドルまで下落、その後は1.33ドル台へもどし1.33ドル台前半で推移しました。
昨日は欧州時間までは1.33ドル付近での動き、NY時間には日米欧中銀が協調しドル資金供給を拡大するとの発表から200ポイント超の急騰となり一時1.3532ドルの高値をつけましたがその後は1.34ドル台中盤へと下落しました。

今日も1.34ドル台中盤で推移していますが、ここから上昇の流れとなると1.35ドル台へ乗せることができるか、そして昨日の高値1.3532ドルを越えることができるか見たいです。
一方、ここから下落の流れとなると1.34ドル台前半~1.34ドルで止まれるか、下抜けると1.33ドル付近までの下落も考えられます。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週28日はリスク選好の流れとなり120円付近から一時121.67円まで大幅上昇、29日もポンドドルの上昇から121円台で底堅く推移し一時121.83円の高値をつけました。
昨日はNY時間にドル売り、リスク選好の流れとなりポンド円は一時122.50円まで上昇、その後は再び121円台へ下落し121円台後半~中盤での推移となりました。

今日はじりじり下値を切り上げ現在121.90円付近での推移となっています。
ここから上昇の流れとなると、122円台へ乗せ50日線をしっかり上抜け昨日の高値122.50円へ、まだ上昇となると123円付近まで行けるか見ていきたいです。
一方、121円台後半を割り込むと121円~120.80円では止まれるか、大きく下抜けると昨日の安値121.03円~120円台後半への下落が考えられます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1961-9e07e4cc
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替