FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、ブラックフライデーで商い薄い中前日比100ドル超上昇するなど堅調でしたが、イタリア6カ月物国債入札で落札利回りがユーロ導入以降最高となるなどから欧州債務危機への懸念が重しとなり、終値前日比-25.77ドルの11231.78ドルと小幅下落で引けました。

来週の相場は、引き続き欧州債務危機関連、そして米雇用統計をはじめとした米重要指標に注目したいです。
2日の米雇用統計では、11月非農業部門雇用者数が+12.0万人、民間部門雇用者数が+14.5万人、11月失業率が9.0%の市場予想となっています。
先月は10月非農業部門雇用者数が市場予想+9.5万人に対し結果+8万人、民間部門雇用者数が+12.5万人に対し結果+10.4万人と共に予想より弱い結果に、しかし10月失業率は市場予想9.1%に対し結果9.0%と予想より強い結果、9月分も上方修正されるなど強弱入り混じる結果となり、ドル円は78円台前半から動かず、雇用統計後の動きとは思えない膠着ぶりでした。
今回は予想を上回る結果となり、現在のドル上昇をサポートすることとなるか注目したいと思います。

米雇用統計の他、来週の主な経済指標等は、28日に米・10月新築住宅販売件数、独・11月消費者物価指数・速報値、29日に米・11月消費者信頼感指数、30日にNZ・10月住宅建設許可件数、欧州・11月消費者物価指数・速報値、米・11月ADP全国雇用者数、加・9月GDP、加・第3四半期GDP、米・11月シカゴ購買部協会景気指数、米・10月中古住宅販売保留、ベージュブック、1日に豪・10月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、米・11月ISM製造業景況指数、2日に豪・10月住宅建設許可件数、加・11月失業率/11月雇用ネット変化などの発表が予定されています。

今週は欧州債務危機拡大懸念等からユーロドルが一時1.3212ドル、ポンドドルが1.5422ドル、オージードルが0.9663ドルまで下落、そしてドル円が77.78円まで上昇するなどユーロ安・全体的なドル買いが進んだ週となりましたが、来週もユーロ安が継続しユーロドルは1.3ドルを目指すこととなるのか、また、ドル円が11月8日以来の78円台へ上昇する流れとなるのかなど、全体的なドル買い基調が継続するかを中心に見ていきたいです。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週前半は104円付近がレジスタンスとなり、23日にはドイツ10年債入札の大幅札割れという思わぬ事態に欧州債務危機への懸念が一気に高まり、リスク回避の動きが進みユーロ円も103円付近へ下落、24日、そして週末25日もユーロドルが続落したため軟調な流れとなり一時102.48円まで下落、102.87円と103円割れで引けました。

来週は反発できるかが気になるところですが、来週反発の動きとなると、まず103円台へ乗せ104円付近のレジスタンスまで上昇できるかを見たいです。強い動きとなれば105円付近まで上昇の可能性もあります。
一方、来週103円台へ戻せず軟調な流れとなると、昨日の安値102.48円付近ではしっかりと止まることができるかに注目、大きく下抜けると10月5日の安値101.60円付近までの下落も考えておきたいです。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週21日は欧州時間から軟調な動きとなり120円台後半を大きく割り込む下落となりNY時間には一時120.03円の安値をつけ、その後は120円台半ばで小幅に推移、22日も120円台での推移となりました。
23日はリスク回避の流れが進みポンドドルが1.55ドル割れまで大幅に下落し、ポンド円もそれを受け軟調な流れとなり欧州時間に一時119.82円まで下落、しかしドル円は上昇したことからそう大きな下げとはならずその後は119円台後半~120円台前半での推移、24日はポンドドルが軟調なこともあり下値は119.35円まで下落し上値も120円を越えたところでは抑えられました。
週末25日もポンドドルが軟調だったためポンド円も119円台半ばで軟調な値動きでしたが、NY時間はドル円の上昇から120円台へ乗せ120.45円まで上昇、しかしダウが下落するなどから再び軟調な流れとなり119.98円と120円割れで引けました。

来週反発の流れとなると、まず120円台へしっかり戻していけるか、そして昨日の高値120.45円付近、強い流れとなると120.80円~121円まで戻していけるか見たいです。
一方、軟調な流れとなると24日の安値119.36円付近では止まれるか、まだ下へ行くと先月12日の安値119.22円~119円付近、まだ弱い流れとなると118円付近への下落も考えられます。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週も週を通じ軟調な展開となり、週初の76円台後半から連日ずるずると下落し24日には74.77円の安値を付けましたが、74.80円付近ではサポートされ週末25日はドル円の上昇もあり75.92円まで上昇し、75.46円で引けました。

来週、堅調な流れとなるとまず76円を越えることができるか、そして76円台半ばをしっかりと越え週初の高値も位置する77円付近まで上昇していけるか見たいです。
一方、軟調な流れとなると、24日の安値74.77円付近では止まれるか、大きく下抜けてしまうと74円~9月26日の安値73.38円付近では止まれるか注意したいです。



明日は、来週もまだ上昇できるか気になるドル円と、ユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1956-b20008a2
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替