転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・10月中古住宅販売件数は、市場予想480万件に対し結果497万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは、欧州債務問題に加え米財政赤字削減の協議難航、商品安を受けてのエネルギー株の下落等から大幅反落し、終値前日比-248.85ドルの11547.31ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、FOMC議事録の公表が予定されています。
今日の主な経済指標等は、加・9月小売売上高、米・第3四半期GDP・改定値などの発表が予定されています。米・第3四半期GDP・改定値は、前期比年率+2.5%の市場予想となっています。
また、今日は5年債350億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は、欧州債務問題への懸念に加え、米超党派の財政赤字削減への協議が決裂することへの懸念からリスク回避の動きが強まりました。NYダウは一時300ドル超の下落となり終値も前日比-248.85ドルと大幅下落、ユーロドルはリスク回避の流れの割りには比較的底堅く推移したものの、資源国通貨はリスク回避+商品安もあり大幅に売られオージーの弱さが目立ちました。

今日は、安住財務相の「50兆円基金での外債購入が為替介入になる可能性高い」との答弁からドル円が一時77.32円まで上昇するも上昇の流れは長く続かず現在は77円付近で推移、ユーロドルも1.35ドル台へ乗せきれず1.34ドル台後半で上値の重い動きとなっています。
ここからドル円は77円付近を維持できるか、ユーロドルは下落しても1.34ドル台前半をサポートにできるか等見ながら、今日もまたリスク回避の方向へ進むかどうか見ていきたいです。
では、今日も頑張っていきましょう!


今日は、77円付近を維持できるかのドル円、1.35ドル台へしっかり乗せることができないユーロドル、120円台は維持できるのかのポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は77円付近での小動きが続き、週末18日は77円で上値を抑えられ東京午後からじりじり下落しNY序盤には76.57円まで10月末の介入後の安値を更新、しかしその後はドル買いの流れとなり反発し76.92円で引けました。
今週21日は、終日76円台後半で小動きでした。

今日は安住財務相の「50兆円基金での外債購入が為替介入になる可能性高い」との答弁から一時77.32円まで急伸、しかし上昇の流れは長く続かず現在は77円付近で推移しています。
今日はここからも77円付近を維持できるかに注目、堅調な流れとなれば50日線77.18円付近をを上抜けし77円台半ばまで上昇していけるか見たいです。
一方、ここから軟調な流れとなると76円台後半では止まることができるか、止まれず下落すると18日の安値76.57円~76.50円付近ではしっかり止まれるか注目です。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週は欧州債務問題への懸念を背景に週初の1.38ドル台から1.34ドル台前半まで下落、週末18日は、ポジション調整等の動きで上昇しNY序盤には1.3614ドルまで上昇、しかしそこからは反落し1.35ドル台前半へと下落し1.3526ドルで引けました。
今週21日は欧州時間から軟調な流れとなり1.35ドル台前半から1.3429ドルまで下落、しかし1.34ドル台前半では下げ止まり反発、NY時間には1.35ドル台へ戻し1.3540ドルの高値をつけ、その後も1.35ドル付近で推移しました。

今日は1.34ドル台後半~1.35ドル付近で推移していますが、ここから1.34ドル台後半を下抜けると、昨日の安値1.3429ドル~17日の安値1.3421ドル付近ではしっかり止まることができるかに注目、下抜けると1.34ドル~1.33ドル台半ばまでの下落も考えられます。
一方、堅調な流れとなるとまず1.35ドル台へ乗せ昨日の高値1.3540ドルを越えることができるか、強い動きとなれば1.36ドル~先週18日の高値1.3614ドル付近まで上昇できるかを見たいです。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週14日はリスク回避の動きとなり124円付近から122.30円台まで下落、15日も一時123円台へ乗せる場面もありましたが軟調な流れに変化なく、122円台を下抜け一時121.66円まで下落し122円台へ戻せない上値の重い動きとなりました。
16日は121円~121円台後半での動き、17日は120円台後半~121円台半ばでの動きで、小動きながら上値の重い流れ、週末18日も121円~121円台後半で、レンジ内の動き継続となりました。
今週21日は欧州時間から軟調な動きとなり120円台後半を大きく割り込む下落となりNY時間には一時120.03円の安値をつけ、その後は120円台半ばで小幅に推移しました。

今日はドル円の上昇から一時120.92円まで上昇するも121円台へは届かず120円台半ばへ下落しています。
今日ここから120円台半ばをサポートに上昇すると、120.80円~121円まで上昇していけるか、大幅上昇となれば121円台半ば~121円台後半まで上昇していけるか見たいです。
一方軟調な流れとなると、120円付近への下落、もし120円を割れると先月12日の安値119.22円~119円付近への下落も考えられます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1952-5860b465
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替