転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・9月貿易収支は、市場予想-460億USD、米・新規失業保険申請件数は40.0万件。
NYダウは、米指標の好結果や、イタリア国債の利回りが低下したことなどで欧州債務問題への懸念がやや後退したことから反発し、終値前日比+112.92ドルの11893.86ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・10月生産者物価指数、米・11月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。
米・11月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値の市場予想は61.5です。
また、今日はベテランズデーにより、米債券市場・外為市場は休場です。(米株式市場・商品市場は開場します。)

昨日は、欧州序盤まではリスク回避のドル買い・円買いが継続し、ユーロドルは一時1.35ドルを割り込み1.3483ドルの安値を付け、クロス円も大幅に下落しました。しかしECBが緊急会合を開催する可能性との噂を受け相場は反転しドル売り方向へ、その後も株価の上昇や、イタリア国債の利回りが低下したことやギリシャの次期首相にパパデモス元ECB副総裁が就任することが決定したこと等から欧州債務問題への懸念がやや後退したことから、比較的落ち着いた流れとなりました。

今日はややドル高・円高になる場面もありましたがそう大きな動きとはならずに反転しドル売りとなっており、明確な動きは出ていません。
今日も欧州債務問題関連で相場が動く可能性が高く、急変動には注意しながら慎重に取引していきたいです。ユーロドルは1.36ドル台前半へ反発していますが、このまま持ち直す流れ継続となれば昨日の高値1.3653ドルを越えて上昇していけるのか、ドル円は今日77.49円まで先日の介入後の安値を更新しましたが、77.50円付近は堅いサポートとなるのか等注意して見ていきます。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、77.50円台へ下落のドル円、1.36ドル台回復のユーロドル、123円台で推移のポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週7日は78円台前半で上下20銭ほどの小幅な値動きとなりましたが、8日はNY時間に78円を明確に割り込み77.59円の安値を付け、その後も反発できず77.65-77.80円付近のレンジで推移しました。
9日は一時77.53円の安値をつけたものの、その後リスク回避の動きからドルが買われドル円も緩やかに上昇しNY時間は77円台後半での推移となりましたが、昨日は77.80円付近から緩やかに下落しNY時間には一時77.50円の安値をつけるもそれ以上の下落はなく、その後は77.60~77.70円で小幅な動きでした。

今日もわずかに先日の介入後の安値を更新し77.49円まで下落、現在は77.50円台で推移していますが、ここからまた77.50円を下回ると、50日線77.25円~77円付近までの下落が考えられます。
一方、ここから反発となると、77.80円付近をしっかり越え78円台まで反発できるかを見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週7日は1.36ドル台後半~1.38ドル台前半を神経質に上下し明確な方向は見えない動き、8日は1.37ドル台前半で支えられNY時間には1.3843ドルまで上昇するもリスク回避の動きから1.3766ドルまで下落、その後イタリア首相が辞任の意向を表明したことで急反発し1.3846ドルの高値をつけました。
9日はイタリア国債の利回りが危険水域の7%を突破したことなどからリスク回避の動きが強まり1.38ドル台半ばから1.35ドル台前半へと急激な下落となり、昨日も欧州時間序盤までは軟調で一時1.35ドルを割り込み1.3483ドルの安値を付けましたが、その後は大きく反発しNY時間には1.36ドルを挟んでの動きとなりました。

今日は1.35ドル台後半~1.36ドル台前半付近での推移となっています。
現在は1.3627ドルまで反発していますが、ここからも反発となるとまず1.36ドル付近をサポートとし、昨日の高値1.3653ドルを越えて上昇していけるのか、そこからもしっかりした動きとなれば1.37ドル台へと上昇できるかを見ていきたいです。
一方、1.36ドル~1.35ドル台後半を下抜け軟調な流れとなると、1.35ドル~昨日の安値1.3483ドル台後半への下落、大きく下方向となると1.34ドル付近までの下落が考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週7日は124円台後半から125円台半ばで小動き、8日も125円をサポートとするも125円台半ばでは抑えられ小動きでした。
9日はリスク回避の動きから欧州時間以降弱い流れとなり124円割れ、NY時間は123円台後半~124円付近でのレンジで推移、昨日は一時123.07円まで下落する場面もありましたが、123円を前にサポートされ、概ね123円~124円のレンジ内を推移しました。

今日は今のところ123.50円台で推移しています。
ここから123円台半ばをサポートに反発となると、まず124円台へ乗せることができるか、そして125円目指し上昇できるか見ていきたいです。
一方、ここから軟調な流れとなり今の123円台半ばを割り込むと昨日の安値123.07円~50日線122.92円付近ではしっかり止まれるかに注意しておきたいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1941-0e53ac4c
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替