転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、EU首脳会議への期待やマクドナルド等の好決算を受け大幅続伸し、終値前日比+267.01ドルの11808.79ドルで引けました。

来週の相場は、まず23・26日のEU首脳会議で欧州債務問題についてどのような解決策がとられるかに注目、果たして今回の会談で解決に向け1歩前進となるでしょうか。

来週の政策金利関連は、25日にBOC政策金利発表、27日にRBNZ政策発表、日銀政策金利発表が予定されています。政策金利はいずれも据え置き予想となっています。
来週の主な経済指標等は、24日に豪・第3四半期生産者物価指数、25日にNZ・第3四半期消費者物価指数、加・8月小売売上高、米・10月消費者信頼感指数、26日に豪・第3四半期消費者物価指数、米・9月耐久財受注、米・9月新築住宅販売件数、27日に米・第3四半期GDP・速報値、米・新規失業保険申請件数、米・9月中古住宅販売保留、独・10月消費者物価指数・速報値、28日に米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。

来週は明日23日に続き、26日にもEU首脳会議が開催されます。
また、来週は25日に2年債350億ドル、26日に5年債350億ドル、27日に7年債290億ドルの総額990億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は、NYダウがEU首脳会議への期待から終値前日比+267.01ドルとなる大幅上昇、商品相場も堅調な流れとなり、為替市場もリスク選好的なドル売り相場となりました。
ドル円はNY序盤に投機的な動きもあり急激に円高が進み、76円を下抜け75.78円まで史上最安値を更新しましたが、その後はすぐ76円台前半へ反発し76円台前半で推移し76.27円で引けました。
クロス円は、ドル円の史上最安値更新の動きで急落する場面もありましたが、ドルストレートでのドル売りの動きが支えとなり底堅く推移し、終値はユーロ円105.99円、ポンド円121.65円、オージー円は79.15円と安値圏から回復して引けました。

来週はEU首脳会議で欧州債務問題に対しどのような対応策がとられるかに注目、この決定からの相場の急変動には十分注意しておきたいです。また、ドル円の市場最安値更新の動きは一時的なものなのかどうか、こちらの動きにも注目したいです。
では、来週も頑張っていきましょう!

今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週は週初17日に107.67円まで上昇するも107円台を維持出来ず106円台、そして105円台へ下落、19日にも106.53円まで上昇するも50日線に抑えられ再び105円台へ、週末21日も105円付近では支えられるも106円付近では抑えられ、105.99円で引けました。

今週は主に105円台での値動きとなりましたが、来週106円台へとしっかり乗せ強い動きとなれば、50日線106.58円をを越え107円台へ上昇できるか、そして17日の高値107.67円~108円を目指し上昇できるか見たいです。
一方、来週軟調な流れとなり今週のサポート105円を割れると104円付近では止まることができるか、まだ下方向だと103円付近までの下落も考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週17日は軟調な流れとなり一時121円を割り込みましたが、ネックラインである120.83円付近では守りました。
18日はリスク回避の流れや英9月消費者物価指数の結果から弱い動きとなり、一時119.98円と120円付近まで下落、しかし120円ではサポートされ再び120円台後半まで回復しました。
19日は堅調な流れとなりNY序盤には121.69円まで上昇するも、そこからリスク回避の動きが強まり反落し121円付近へと下落、20日は120.50~121.50円でのレンジとなりました。
週末21日は120.80円では支えられるも上値も50日線122.09円に止められ、121.65円で引けました。

来週も堅調な動きとなると、122円~50日線122.09円を越えることができるか、そして今週17日の高値122.63円を越えて123円へ、まだ強い動きとなれば、124円を目指す動きとなるか見たいです。
一方ここから軟調な流れとなると、まず昨日のように121円~120.80円付近で止まれるか、下へ行くと120円台半ば、それも維持出来ないと18日の安値120円付近への下落が考えられます。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週は週初17日に80.27円まで上昇するもリスク回避の動き強まり78円付近まで下落、そこからは78円付近では底堅いものの、79円台では上値重い動きとなり、週末21日は78円台前半~79円のレンジで推移していましたが、NY終盤に79円を越える強い動きとなり79.15円で引けました。

週末79円台へ乗せて引けたオージー円ですが、来週79円~50日線78.63円を割りこむことなく堅調に推移すると、まず19日の高値79.53円を越えて80円の大台へ乗せていくことができるか、そして81円まで、まだ強い動きとなれば200日線81.71円を目指し上昇できるかを見たいです。
一方、軟調な流れとなり79円を下抜けると50日線78.63円付近では止まれるかに注目、下抜けてしまうと78円付近ではサポートされるか、まだ下げ止まらなければ77円付近への下落が考えられます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1920-3df887ae
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替