転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・9月小売売上高は、市場予想前月比+0.7%に対し結果前月比+1.1%と予想より強い結果に(除自動車も予想前月比+0.3%に対し結果前月比+0.6%と強い結果)、一方、米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値は市場予想60.2に対し結果57.5と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、米9月小売売上高の好結果やグーグルの好決算、欧州債務危機解決への期待から大幅上昇し、前日比+166.36ドルの11644.49ドルで引けました。

来週の相場は、まず相次いで発表される米主要企業決算を受けての株価の動きに注目、そして根強い欧州債務問題への懸念は続きながらも、その対応への楽観的な見方からユーロは来週も反発の流れとなるかを見ていきたいです。

来週の政策金利関連は、18日にRBA議事録、19日にBOE議事録の公表が予定されています。
来週の主な経済指標等は、17日に米・10月NY連銀製造業景気指数、米・9月鉱工業生産、18日に英・9月消費者物価指数、独・10月ZEW景況感調査、米・9月生産者物価指数、米・8月対米証券投資、19日に米・9月消費者物価指数、米・9月住宅着工件数/9月建設許可件数、ベージュブック公表、20日に英・9月小売売上高指数、米・新規失業保険申請件数、米・10月フィラデルフィア連銀景況指数、米・9月中古住宅販売件数、21日に独・10月IFO景況指数、加・9月消費者物価指数などの発表が予定されています。

また、来週は17日にシティ・グループ、ウェルズ・ファーゴ、18日にバンク・オブ・アメリカ・ゴールドマン・サックス、ステート・ストリート、インテル、ヤフー、アップル、19日にバンク・オブ・NYメロン、モルガン・スタンレー、20日にマイクロソフト、21日にGEなどの第3四半期決算発表が予定されています。

昨日は、米9月小売売上高の好結果やイタリアのベルルスコーニ首相が信任されたこと、NYダウの大幅上昇などを受けリスク選好の流れとなり、ドル円は77.44円、ユーロドルは1.3893ドルまで上昇、クロス円もユーロ円が107.44円、ポンド円が122.60円の高値を付け、オージー円は79.91円と80円目前に迫るまで上昇するなど大変堅調な流れでした。

来週は米主要企業決算が本格化しますが、決算発表を受けダウが強い動きとなってくれば為替もまたリスク選好の方向へ進みそうです。しかしその逆もとなれば、今週の上昇の流れが一変する可能性もあります。
また、来週も引き続き欧州債務危機関連の報道からの急変動は警戒しておきたいです。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週はユーロドルの上昇から、ユーロ円も強い動きとなり週明け10日には先週抑えられていた103円を越え105円手前まで上昇、11日は105円で止められるも12日には105円を上抜け一時107.04円まで上昇、しかし50日線をしっかり上抜けることはできず13日も調整の動きに、しかし週末14日はリスク選好の動きから50日線を上抜け一時107.44円まで上昇し、107.17円で引けました。

今週はユーロドルが大変堅調な動きで、今週10日に1.3377ドルの安値から1.3697ドルまで上昇、その後も1.36ドル付近をサポートにし12日には1.3833ドルまで上昇、週末14日には50日線を上抜け1.3893ドルまで急伸、来週も堅調な流れが続き1.4ドルを目指す動きとなるのか注目したいです。
来週もユーロが堅調な流れとなれば、ユーロ円は107円~50日線106.76円をサポートに14日の高値107.44円を越え1108円付近まで上昇できるか、強い動きとなれば109円台へ乗せ、110円の大台目指し上昇できるか見たいです。
一方、来週軟調な流れとなり107円を割れると50日線106.76円付近では止まることができるか、まだ下方向だと105円付近までの下落が考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週10日は119.43円でスタート、リスク選好の動きから120円台へ上昇し、120.29円の高値をつけ、11日は120円付近から119円台中盤までじりじりと下げ続ける軟調な流れとなりました。
12日はリスク選好の流れから大幅に上昇、欧州時間に120円台へ乗せ9月29日の高値120.83円を越え120.91円を付け、NY序盤には121円台へ乗せ続伸、一時122.36円の高値をつけるも50日線に阻まれ失速、13日は一時120.80円のネックラインを割り120.30円まで下落する軟調な流れとなるも再上昇、週末14日はリスク選好の流れから上昇し122.60円の高値を付け122.17円で引けました。

来週122円台を維持し上昇すれば、50日線の走る122.30円をしっかりと越えていけるか、そして今週の高値122.60円を越え123円円台へ乗せることができるか、また強い動きとなれば124円付近まで上昇していけるかを見たいです。
一方、軟調な流れとなり122円を割りこむと121円台半ばまで、まだ下に行くと121円~9月29日の高値120.83円のネックライン付近ではしっかり下げ止まることができるかに注目です。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週はオージードルの回復を受け、週を通じ堅調な流れとなりました。週明け10日には76円台へと上昇、11日には足踏みするも12日にはドル円の77円台半ばまでの上昇もあり79円手前まで回復、13日は79円台を目指すも越えられず、しかし週末14日にはリスク選好の動きから大幅上昇し79円をしっかりと越え79.91円で引けました。

ついに80円手前まで回復したオージー円ですが、来週79円~50日線78.61円を割りこむことなく堅調に推移すると、まず80円の大台へ乗せていくことができるか、そして81円まで、まだ強い動きとなれば200日線81.86円を目指し上昇できるかを見たいです。
一方、軟調な流れとなり79円を下抜けると50日線78.61円付近では止まれるかに注目、下抜けてしまうと78円、まだ下げ止まらなければ77円付近への下落が考えられます。


明日は、ドル円とユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1913-bb096e92
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替