FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想41.0万人に対し結果40.1万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは、欧州債務危機への懸念が後退したことから続伸し、終値前日比+183.38ドルの11123.33ドルで引けました。

今日21:30に発表される米雇用統計ですが、9月非農業部門雇用者数が+5.5万人、民間部門雇用者数が+9.0万人、9月失業率が9.1%の市場予想となっています。先月は失業率は予想通りだったものの、8月非農業部門雇用者数が市場予想+6.8万人に対し結果±0.0万人、8月民間部門雇用者数が市場予想+9.5万人に対し+1.7万人と、予想を大幅に下回る弱い結果となりました。
水曜の9月ADP全国雇用者数、昨日の新規失業保険申請件数も予想を上回っており、今日予想より強い結果となればリスク回避の巻き戻しを促すことができるか、また76円台で膠着しているドル円に流れが出てくるかが注目されます。
その他の今日の経済指標等は、独・8月鉱工業生産、加・9月失業率/9月雇用ネット変化などの発表が予定されています。

昨日のBOE政策金利発表では、政策金利は据え置かれたものの、資産買入規模は2000億ポンドから2750億ポンドに拡大されました。この決定を受けポンドは急落、ポンドドルは一時1.5271ドルの安値を付けました。
ECB政策金利発表では、政策金利は据え置き、1年物長期リファイナンスオペの実施やカバード債購入を決定しました。ユーロは発表直後は売られるも徐々に反発、NYダウの上昇や商品市場の堅調な流れからのリスク回避の巻き戻しの動きもあり、発表前の水準を回復、更に上昇となりました。

今日は、昨日のNYダウの上昇を受け日経平均も堅調に推移、リスク回避の巻き戻しの動きが緩やかに継続するも、今日の米雇用統計の発表を控え様子見ムードの相場となっています。
今日は米雇用統計次第の相場となりますが、雇用統計をきっかけに76円台半ば~後半で膠着状態のドル円が動きだしてくれるのかに注目、発表後の通貨間の強弱を慎重に見ていきたいです。
では、今日も頑張っていきましょう!


今日は、76円台で動かないドル円、1.34ドル台へ乗せてきたユーロドル、118円台回復のポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週3日は東京午前に77.27円の高値を付けるも、欧州時間にリスク回避の流れから77円を明確に割りこむ流れとなりじりじりと下落し、NY時間には76.70~76.50円付近で小動き、4日は堅調な流れとなりNY時間は一時76.97円まで上昇、しかし77円へは届かず76.80円付近へと押し戻されました。
5日は76.60円をサポートに底堅い動きで、NY時間には米指標の好結果等から一時77.07円まで上昇、しかしすぐ76円台へ押し戻され76円台後半での推移、昨日は76.70円を中心に上下10銭ほどの狭いレンジ内での推移となりました。

今日は76.60円台で膠着しており、米雇用統計発表まではこの膠着が続くかと思われますが、雇用統計後上昇の流れとなればまず77円台へ乗せていけるか、そして50日線も位置している3日の高値77.27円を越え77.50円付近まで上昇できるか、かなり強い動きとなれば9月9日の高値77.85円付近を目指せるか見たいです。
一方、軟調な流れとなり76.50円を大きく割り込んでしまうと、22日の安値76.10円付近まで、まだ下方向へ進むと8月19日の最安値75.95円付近への下落も考えられます。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週3日は1.3349ドルと下窓を開けてのスタートとなり、その後も窓埋めできない弱さで、NY時間にはギリシャ政府が財政赤字削減目標を達成できないとの見通しを示したことから急落となり1.33ドル、そして1.32ドルも下抜け1.3163ドルまで下落、4日は東京時間は1.32ドル台へ緩やかに上昇していく動きも、欧州序盤には1.3145ドルまで急落し1.32ドル付近がレジスタンスとなる動き、しかしNY時間に1.32ドル台後半まで急反発し、NY終盤にはダウの急反発に連れ1.3368ドルの高値をつけました。
5日は緩やかに下値を切り上げる動きも、上値は1.3370~1.3380ドル付近では止められましたが、昨日はECB政策金利発表後乱高下しながらもリスク回避の巻き戻しの流れから1.34ドル台へ乗せ一時1.3450ドルの高値をつけました。

今日も1.34ドル台を維持し、現在は1.3420ドル台で推移しています。
今日は米雇用統計後、好結果からリスク選好のドル売り、好結果から素直にドルが強い動き、リスク回避のドル買いなどのパターンが考えられますが、ここから1.34ドルを維持し上昇の流れ続けば1.35ドル付近まで、大幅に上昇すれば1.36ドルを目指す動きとなるか見たいです。
一方、弱い動きとなり1.34~1.3380ドルを大きく割り込むと、1.33~1.32ドル台中盤までの下落が考えられます。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週3日は119.90円でオープンし、120.34円まで上昇するも、リスク回避の動きに押され120円を大きく割り込みずるずると下落しNY時間には119円割れし、118円台前半へと下落しました。4日は軟調に推移し欧州時間には118円を割り込む動きとなりましたが、NY時間に反発し118円台前半~半ばで推移、NY終盤にはリスク回避の巻き戻しの動きが進み119.08円まで上昇しました。
5日は東京午前にイタリアの格下げや株価の下落によるリスク回避の動きから118円台前半まで下落、そこからは緩やかに上昇し118円台半ば~後半での動きに、昨日はBOE政策金利発表後118.50円付近から116.91円まで急落、しかしNYダウの上昇やユーロドルの反発からポンド円も回復し118円台へ戻し118円台前半で推移しました。

今日は米雇用統計を控え様子見ムードの中、118.30円付近での推移となっています。
今日ここからも118円台を維持し反発していければ、昨日の高値118.85円を越え119円台へ上昇できるか、まだ強い流れとなると120円を目指し上昇できるか見ていきたいです。
一方、118円を割れ軟調な流れとなるとまず4日の安値117.72円付近では止まれるか、大幅な下げとなると117円台前半~昨日の安値116.91円までの下落も考えられます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1905-cb98ce9c
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替