FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・8月新築住宅販売件数は、市場予想29.3万件に対し結果29.5万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは、ECBが利下げを実施するとの観測を受けた欧州株の上昇や、欧州当局が欧州金融安定ファシリティーのレバレッジ活用を検討との報道等を受け欧州債務危機への懸念が後退したことから大幅続伸、終値前日比+272.38ドルの11043.86ドルで引けました。


今日の主な経済指標等は、米・9月消費者信頼感指数などの発表が予定されています。米・9月消費者信頼感指数は市場予想46.0となっています。
また、今週は今日27日に2年債350億ドル、28日に5年債350億ドル、29日に7年債290億ドルの総額990億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は東京時間はリスク回避の動きが大幅に進み、東京午後にユーロドルが一時1.3362ドルの安値を付け、クロス円もユーロ円が101.92円、オージー円が73.38円まで下落するなど軒並み急落しました。その後はダウ先物の上昇から反発するも、噂や要人発言等で乱高下し、結局NY終盤はダウの大幅上昇からリスク回避の巻き戻しの動きとなりました。

今日もアジア株の堅調な動きを受けリスク回避巻き戻しの動きが続いているものの、現在はそう勢いもなく動きがはっきりしない展開となっています。ここからも株価の動向等注意しながら、まずユーロドルは1.35ドル台半ばを越えることができるのかどうか注目しつつ取引していきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、76.50円を越えられないドル円、1.35ドル台半ばを越えられるかのユーロドル、反発続くポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は、76円台半ばのサポートを割り込み一時76.10円まで下落するなど軟調な動きとなりましたが、週末は反発し76円台後半~半ばへ戻し引けました。
今週26日は76.50円でオープンし東京午前に76.75円まで上昇するも、そこからはクロス円の下落に押され軟調に推移し、76.25~76.50円でのレンジ内で推移しました。

今日も76.50円を越えられない動きで、現在76.35円付近で推移しています。
今日もはっきりしない小幅な動きとなりそうですが、ここから反発し76.50円を越えてくれば76.70円付近まで上昇できるか、そして先週の高値76.97円を上抜け77円付近まで上昇できるかを見たいです。
一方、軟調な流れとなると、22日の安値76.10円、そして8月19日の最安値75.95円付近、もしも大きく動けば最安値更新や日銀による介入も考えられ、一応注意をしておきたいです。




【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週は根強い欧州債務危機への懸念から下落し、22日には1.34ドルを割り込み1.3385ドルの安値をつけました。 週末23日は神経質な値動きをしながらも下値を切り上げ、1.3498ドルで引けました。
今週26日はリスク回避の動きが続き急落、一時1.34ドルを割り込み1.3362ドルまで下落、その後1.35ドル台半ばまで急反発し乱高下しながらも下値を切り上げ底堅い流れとなりました。

今日は一時1.3566ドルまで上昇し、現在も1.3530ドル付近で推移し1.35ドル台を維持しています。
ここからも1.35ドル台を維持し反発の流れが継続すれば、現在止められている1.35ドル台半ばをしっかりと越え1.36ドル台へ乗せることができるか、強い動きとなると1.37ドルを目指す上昇となるか見たいです。
一方、1.35ドル台を維持出来ず軟調な流れとなると1.34ドル台半ばへの下落、まだ下方向へ進むと1.34ドル~昨日の安値1.3362ドル付近までの下落が考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週19日はドル買いの動きからポンドドルが1.57ドル割れし1.5632ドルまで下落、ドル円も下落したためポンド円は大幅下落しNY時間には120円を割りこみ一時119.46円まで下落、その後は小反発し120円を挟んでの動きとなりました。20日は、119円台後半~120円台半ばまでの比較的狭いレンジ内の推移でした。
21日はBOE議事録で委員の多くが追加緩和の可能性が増したとの見方をしたことなどからポンド売りが強まり、FOMC後はドル買いが強まりポンドドルが1.55ドル割れしたことでポンド円も118.33円まで安値を更新、22日は更にリスク回避の動きが進み116.83円まで史上最安値を更新、週末23日は買い戻しの動きが強く、ポンド円は一時118.89円まで回復し118.30円で引けました。

今週26日は、一時118円を割れる場面がありましたが概ね堅調な流れとなり、NY終盤に119円へタッチ、今日は午前に119.07円まで上昇し現在も118.90円台で推移しています。
ここからも堅調な流れとなればまず119円を越えることができるか、そして119円台後半~120円を目指し上昇できるか見ていきたいです。
一方、軟調な流れとなると118円台半ばへ、まだ下げると118円~昨日の安値117.76円付近まで考えています。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
豪ドルの見通しもお願いします。
2011/09/27(火) 18:07 | URL | milk #-[ 編集]
こんにちは!ご意見ありがとうございます。
オージーは、オージー円の分析は毎週土曜日にしているのですが、
最近平日には全然していません(汗)
私も好きな通貨ですし、豪雇用統計や政策金利発表時など、
これからなるべく記事を増やすようにしますね。
2011/09/28(水) 15:09 | URL | FX大好きママ(しましま) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1895-d1a9f72c
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替