転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

おはようございます。FX大好きママしましまです。

ここ数年で1000通貨単位の取扱いを開始される業者がかなり増えました。1000通貨単位で取引したいという、個人投資家の要望が多いことが窺えます。初心者の方や自信のない方は1000通貨単位で練習を重ねて、自信がついてから1万通貨単位でトレードされるとよいですね。
私がFXを始めたころ(2005年)は、1000通貨単位の会社はほどんどありませんでしたし、スプレッドも広く手数料もとられていましたが、今は手数料無料の会社も増えて、スプも狭く、1万通貨単位の取引とほぼ変わらない環境で有利に1000通貨単位の取引が可能となっています。

今日は、1000通貨単位の取引をするのにおすすめの業者さんを2社ご紹介します。

1社目がトラップリピートイフダンで有名なマネースクウェア・ジャパンです。
トラップリピートイフダンとは、自動リピート機能により、ほったらかしで積極的に収益が狙える、マネースクウェア・ジャパンのオリジナル注文機能です。以前から1万通貨単位でこの機能は使えたのですが、1万通貨単位で損切りなしでこの機能を使うのはリスクが大きすぎる、損切りありなら相場観がいりますし、その手間は実は普通のトレードとそんなに変わらないではないかと思い、私はご紹介しませんでした。しかし今は1000通貨単位でトラップリピートイフダンが使えるということで、私も大変興味を持っています。トラップリピートイフダンは、一回設定しておけば、後は注文を出さなくても勝手に売買してくれ、ほったらかしでいいというのが何よりの魅力です!!

そして、私が愛用しているGFTも、去年7月から1000通貨単位での取引を開始しました。GFTチャートは本当に秀逸で、私はGFTのチャートで分析をしているのですが、7月から1000通貨単位で取引が可能になったことで、GFTもぐっと口座開設しやすくなりましたね♪
1000通貨単位でも手数料無料ですし、現在キャッシュバックキャンペーンも行っててお得ですし、綺麗なチャートを見たい方はぜひGFTに口座開設してみてくださいね!
GFTはデモがありますので、まずはデモで練習、そして1000通貨単位の取引でご自分のトレードの形を掴んでから1万通貨単位の取引へ移行されると、けがが少なくてよいかと思います。


今日は、先週軟調に推移するも週末やや回復のドル円、今の水準で粘れるかのユーロドルの分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「リスク回避の流れ・クロス円の下落はまだ続くのか?週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週19日は76.90円付近から軟調に推移するも76.70円付近はサポートとなっていましたが、NY時間に一時76.32円まで急落、そこからは反発し76.50円台へ戻しましたが、20日NY午後には76.50円がレジスタンスとなる軟調な流れとなりました。21日は東京時間に一時76.11円と8月19日以来の安値水準まで下落後、日銀のレートチェックの噂から76.66円まで急反発するなど乱高下となりましたがその後は76円台前半での小動き、そしてFOMC後は上昇し一時76.73円の高値を付けました。
22日はリスク回避の円買いで上値重く、76円台半ばを下抜け76円半ばをレジスタンスとした76円台前半での動きとなり、週末23日もNY時間まで76円台前半で小動きでしたが、NY時間に76円台半ばを越え一時76.88円まで上昇し76.60円で引けました。

先週は76円台半ばのサポートを割り込み一時76.10円まで下落するなど軟調な動きとなりましたが、週末は反発し76円台後半~半ばへ戻し引けました。
今週76円台半ばを維持し反発続くと、先週の高値76.97円を上抜け77円台へしっかりと乗せることができるか、そして50日線77.51円まで上昇できるかを見たいです。一方、また軟調な流れとなり22日の安値76.10円を下回ると8月19日の最安値75.95円付近、そしてもし大きく動けば最安値更新も考えられ、一応注意をしておきたいです。

今週、今以上円高が進めば日銀の介入が十分に考えられるレベルにあり可能性は低くないと考え、警戒感を持ち今週の相場に臨みたいです。




【USD/JPY 月足】
usdjpy
こちらはドル円月足です。

ドル円は2008年3月に102円の重要サポートを割り、リーマンショック後から100円割れが定着、上値もどんどん切り下げずるずると下落を続け、2009年11月には84.80円の安値を、そして今年も安値を更新し続け、3月17日早朝にはついに史上最安値を更新、一時76.25円をつけました。

3月のこの急激な下落がセリングクライマックスのような雰囲気はありましたが、その後なかなか反発の兆しが感じられず、8月1日はついに3月の市場最安値76.25円と同水準のと76.29円、11日にも76.30円まで下落してしまい、19日にはついに76.25円を下抜け75.94円まで下落、史上最安値更新となりました。

最安値更新となったことでまた底がどこかわからなくなったドル円でしたが、そこからはやや落ち着きを取り戻し、現在まで76円台前半~77.50円付近での動きを続けています。
なかなか大きなトレンドが出ないドル円ですが、今週も狭いレンジ内での推移は続くのか、長くレンジ内で動いていることもありどちらかに抜けてくる可能性も考えながら、動きが出るのを待ちたいです。大きな下向きのトレンドはまだまだ継続で、引き続き史上最安値更新も警戒しておきたいです。


usdjpy2
ちなみにこちらが約16年前・1995年のドル円日足チャートです。
年明けから100円をレジスタンスにし、2月に96円割れをしてからきつい下落となり4月には史上最安値79.70円(GFT)をつけます。その後87円付近まで上昇してからまた82円付近へと下落し、2ヶ月ほど85円をレジスタンスに揉み合いを続けた後本格的に上昇開始となりました。
今回はどのような形でこの円高が終了するかまだわかりませんが、参考までに載せてみました。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週19日はEU財務相会合で債務問題解決に向けの具体策が示されなかったことから、大きく下へ窓を開ける軟調なスタートとなり、NY時間には一時1.3586ドルまで下落、しかしその後は大幅反発しNY午後には1.3720ドルの高値をつけました。20日は東京時間はS&Pがイタリアの格付けを引き下げたことから一時1.36ドル割れまで下落しましたが、欧州時間からはギリシャがユーロ離脱の国民投票を行うことを否定したことや、ユーロスイスの下限を1.2CHFから1.25CHFに変更するとの噂により反発し比較的堅調な推移となりました。
21日はFOMCまではギリシャ緊縮財政案を好感するなどで1.3797ドルまで上昇するも、FOMC後は急落し1.35ドル台中盤まで下落、22日はユーロ売りが大きく進み東京午前の1.35ドル台後半からずるずる下落、欧州時間には1.35ドルも割り込みNY序盤に一時1.3385ドルの安値をつけました。その後は反発の流れとなり1.35ドル付近で抑えられるも下値は切り上げる動きとなりました。
週末23日は神経質な値動きをしながらも下値を切り上げ、1.3498ドルで引けました。

今週1.35ドル付近を維持し反発の動きが継続すれば、まず23日の高値1.3566ドルを越え1.36ドル台へ乗せることができるか、まだ上昇となれば1.37ドルまで、まだ強い動きとなれば21日の高値1.3797ドルを目指す動きとなるか見たいです。
一方、まだ今週1.35ドルを明確に下抜け軟調な流れとなると、1.34ドル~22日の安値1.3385ドル付近への下落が考えられます。まだ大幅に下げるようだと1.33ドル台前半まで、下げ止まらない流れとなると1.32ドルを割れ1.30ドルに近づく動きも一応考えておきたいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1893-bea7562d
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替