FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは買い戻しの動きから小幅反発し、前日比+37.65ドルの11771.48ドルで引けました。

来週の相場は、今週大幅に進んだリスク回避の動きがまだ続いていくのかに注目、そしてもしこれ以上円高が進めば日銀の介入があるか、介入が十分に考えられるレベルだけに可能性は低くないと考えておきたいです。

来週の主な経済指標等は、26日にNZ・8月貿易収支、独・9月IFO景況指数、米・8月新築住宅販売件数、27日に米・9月消費者信頼感指数、28日に米・8月耐久財受注、29日に米・第2四半期GDP・確報値、米・新規失業保険申請件数、米・8月中古住宅販売保留、30日に欧州・9月消費者物価指数・速報値、加・7月GDP、米・9月シカゴ購買部協会景気指数、米・9月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。
また、来週は27日に2年債350億ドル、28日に5年債350億ドル、29日に7年債290億ドルの総額990億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は、神経質な動きをしながらもリスク回避の巻き戻しの流れとなり、ドル円、クロス円は反発しました。
今週は、FOMCで非常に厳しい景気認識が示されたことや、欧州債務危機に対する対応が進まないことで市場心理が悪化しリスク回避の動きが大幅に進みましたが、来週もリスク回避の動きとなり円買い・ドル買いが進むのか、引き続き欧州債務危機関連からの急変動に注意しながら取引していきたいです。
また、いつ市場が落ち着きを取り戻してくるかはまず株価の下げ止まりを確認しながら、反発の兆しが出るかも模索していきたいです。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということで10年ぶりの安値をつけたユーロ円、史上最安値更新のポンド円、73円台までの下落となったオージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足・月足】
eurjpyeurjpy2
ユーロ円日足・月足です。クリックしてご覧ください。

今週は下窓を開け105.39円と下窓を開けてのスタートで、週前半はなんとか104円付近がサポートとなっていましたが、週後半は104円を割り込み一時200一年6月以来の安値102.21円まで下落し、週末23日は安値からは反発し103.39円で引けました。

ユーロドルは今週も下げ止まらず、22日にはFOMCで非常に厳しい景気認識が示されたことなどからリスク回避の動きが進み一時1.3385ドルまで下落、しかしそれ以上の安値はつけず週末23日は1.3498ドルで引けました。

ユーロ円が来週、今週の終値103.40円付近を維持し上昇となれば先週前半のレジスタンス104円付近へと戻していけるか、大きく上昇していければ105円~先週の高値105.58円付近まで上値を伸ばしていけるかを見たいです。
一方、来週また弱い流れとなり103円を大きく割りこむと、22日の安値102.21円付近、もし激しくリスク回避の方向へ進むと、2001年5~6月の100円の水準へ接近する可能性も考えられます。



【GBP/JPY 日足・月足】
gbpjpygbpjpy2
ポンド円日足・月足です。

今週19日はドル買いの動きからポンドドルが1.57ドル割れし1.5632ドルまで下落、ドル円も下落したためポンド円は大幅下落しNY時間には120円を割りこみ一時119.46円まで下落、その後は小反発し120円を挟んでの動きとなりました。20日は、119円台後半~120円台半ばまでの比較的狭いレンジ内の推移でした。
21日はBOE議事録で委員の多くが追加緩和の可能性が増したとの見方をしたことなどからポンド売りが強まり、FOMC後はドル買いが強まりポンドドルが1.55ドル割れしたことでポンド円も118.33円まで安値を更新、22日は更にリスク回避の動きが進み116.83円まで史上最安値を更新、週末23日は買い戻しの動きが強く、ポンド円は一時118.89円まで回復し118.30円で引けました。

史上最安値更新が懸念されていたポンド円、今週はついに2009年1月の最安値118.82円も割りこんでしまい、22日には116.83円まで史上最安値更新となりました。今週末118円台へ回復して引けたものの、反転したとみるには弱く、来週また最安値更新の流れとなることも懸念されます。
来週は今週末の動きが続き反発となると、まず118円台を維持しながら23日の高値118.89円を上抜け119円台へ上昇できるか、そして120円の大台、先週19日の高値121.22円付近まで戻すことができるか見ていきたいです。
一方、また下へ行くとまず117円台前半で止まれるか、現在の最安値116.83円付近を割れてしまうとなかなか下値の目途が難しいですが、115円付近までを考えておきたいです。



【AUD/JPY  日足・月足】
audjpyaudjpy2
オージー円日足・月足です。

今週はリスク回避の動きからオージー円は大幅下落となりました。週初の79円台前半から78円割れ、77円付近へとサポートを次々破り22日には73.87円付近まで急落、週末23日はNY序盤に73.64円まで安値を更新しましたがそれ以上の下げとはならず、74円台後半~75円付近へ反発し74.90円で引けました。

今週オージー円は3月の安値74.46円を割り込み73.64円まで下落、週末に75円付近へと戻しましたが来週も一層の下げを警戒しておきたいです。月足を見ても74~73円を明確に割りこんでくると70円付近までの下落も警戒される形となっており、まずは23日の安値73.64円割れとなるかに注意しておきたいです。
一方、来週75円付近を維持し反発してくると、77円、78円へと反発していけるか見たいです。



明日は、ドル円とユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1892-54cb35be
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替