転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・8月住宅着工件数は、市場予想59.0万件に対し結果57.1万件と予想より弱い結果に、8月建設許可件数は市場予想59.0万件に対し結果62.0万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは、終値前日比+7.65ドルの11408.66ドルと前日とほぼ変わらずで引けました。

今日の政策金利関連は、BOE議事録、FOMC政策金利発表が予定されています。
FOMC政策金利発表では、短期債を売り長期債を買うツイスト・オペ実施が有力視されています。
今日の主な経済指標等は、加・8月消費者物価指数、米・8月中古住宅販売件数などの発表が予定されています。
米・8月中古住宅販売件数は市場予想475万件となっています。

昨日は、東京時間はS&Pがイタリアの格付けを引き下げたことからユーロは軟調に推移していましたが、欧州時間からはギリシャがユーロ離脱の国民投票を行うことを否定したことや本邦のEFSF債購入、ECBのイタリア債購入、ユーロスイスの下限を1.2CHFから1.25CHFに変更するとの噂により反発し、比較的堅調な推移となりました。
ドルは、IMFによる主要国の経済成長見通しの引き下げを等から軟調な流れになりました。

今日はFOMCを前に、ドル円が一時76.11円と8月19日以来の安値水準まで下落後、日銀のレートチェックの噂から76.66円まで急反発するなど乱高下に、ユーロドルは1.37ドル台前半での推移となっています。
今日はFOMCを控え動きづらいですが、ドル円はここから最安値75.95円を目指すのか、ユーロドルは1.37ドル付近で底堅い動きとなるのかなど見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、76円台前半へと下落のドル円、1.37ドル付近を維持できるのかのユーロドル、120円付近のポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は、77円~77円台半ばのレンジから再び76円台半ば~77円のレンジに下落し、概ね76円台後半での小動きとなりました。
19日は76.90円付近から軟調に推移するも76.70円付近はサポートとなっていましたが、NY時間に一時76.32円まで急落、そこからは反発し76.50円台へ戻しましたが、昨日NY午後には76.50円がレジスタンスとなる軟調な流れとなりました。

今日は一時76.11円と8月19日以来の安値水準まで下落後、日銀のレートチェックの噂から76.66円まで急反発するなど乱高下となり、現在は76.30円台で推移しています。
今日FOMCまでは動きが出づらいと思われますが、ここから上昇の流れとなるとまず76円台半ばへ戻れるか、そして77円付近まで上昇できるかを見たいです。FOMCで動きが出るなどで大幅な上昇となれば、50日線も位置する77円台半ばまで上昇していけるでしょうか。
一方ここからも軟調な流れとなり今日の安値76.11円を下回ると8月19日の最安値75.95円付近、そして最安値更新も考えられ注意しておきたいです。しかしこの水準はいつ介入が入ってもおかしくなく、日銀介入の可能性も考えながら慎重に取引したいです。




【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週19日はEU財務相会合で債務問題解決に向けの具体策が示されなかったことから、大きく下へ窓を開ける軟調なスタートとなり、NY時間には一時1.3586ドルまで下落、しかしその後は大幅反発しNY午後には1.3720ドルの高値をつけました。昨日は東京時間はS&Pがイタリアの格付けを引き下げたことから一時1.36ドル割れまで下落しましたが、欧州時間からはギリシャがユーロ離脱の国民投票を行うことを否定したことや、ユーロスイスの下限を1.2CHFから1.25CHFに変更するとの噂により反発し比較的堅調な推移となりました。

今日は今のところ1.37ドル台前半での穏やかな推移となっています。
ここからも反発続けばまず昨日の高値1.3744ドルを越え、先週末の水準1.38ドル付近へ戻し週初に開いた窓を埋めることができるかを見たいです。
一方、弱い動きとなり1.37ドル~1.36ドル台後半を下抜けると、今週の安値圏1.36ドル付近までの下落が考えられます。




【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週19日はドル買いの動きからポンドドルが1.57ドル割れし1.5632ドルまで下落、ドル円も下落したためポンド円は大幅下落しNY時間には120円を割りこみ一時119.46円まで下落、その後は小反発し120円を挟んでの動きとなりました。昨日は、119円台後半~120円台半ばまでの比較的狭いレンジ内の推移でした。

今日はおおもね120円をサポートとした小動きとなっていますが、ここから上昇となるとまず120円台半ばへ上昇できるか、そして121円付近まで、大きく上昇となった場合は122円を目指し上昇していけるかを見たいです。
一方、ここからまた軟調な流れとなり120円を割れてくると19日の安値119.46円付近、大きく下へ動くと2009年1月の118.82円も意識される位置にあり、引き続き下落警戒はしておきたいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
ポン円仕掛けてるんですか!(^^)
突っ込み買い狙い??
そろそろ下げ渋りっぽい119円台。自分はポン円やったことほとんど無いのであまり見てはいないんですけど、ユーロ円も、ポン円もキテマスネー!
2011/09/22(木) 00:02 | URL | junichi!! #-[ 編集]
底値をうまく買いたいですが、それがわからないので(笑)売りでいってます。
何処まで下げるんでしょうね、底なし沼ですね~。
2011/09/22(木) 20:50 | URL | FX大好きママ(しましま) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1889-f3e3374f
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替