FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、EU財務相会合で債務問題解決に向けの具体策が示されなかったことへの失望感から大幅下落も、ギリシャが支援継続についてIMF、EU、ECBとの合意が近いとの報道から下げ幅を縮小させ、前営業日比-108.08ドルの11401.01ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・9月ZEW景況感調査、米・8月住宅着工件数/8月建設許可件数などの発表が予定されています。
米・8月住宅着工件数は59.0万件、8月建設許可件数も59.0万件の市場予想となっています。

昨日は、EU財務相会合で債務問題解決に向けの具体策が示されなかったことからリスク回避の動きが大きく進み、円やドルが強い流れとなりました。ユーロドルは1.3586ドルまで下落、他のストレートもドル買いが強まりましたが、ドル円では円が買われたため、クロス円はユーロ円が103.95円、ポンド円が119.46円、オージー円が77.72円を付けるなど大幅下落となりました。

今日はS&Pがイタリアの格付けを引き下げたこと等から昨日の安値水準での推移が続いています。オージーは先ほど公表されたRBA議事録で、中期的なインフレ見通しに対する警戒感、利下げ否定の内容が示されたため、発表直後は強い動きとなりました。
今日も欧州債務危機関連の報道を受けてのリスク回避の流れが続きそうな雰囲気ですが、今日もユーロドルは弱い動きで1.36ドル付近を明確に割れていくのか、ドル円は76円台半ばを維持できるのかなど見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、76円台半ばを維持できるのかのドル円、1.36ドル付近を維持できるのかのユーロドル、120円割れのポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は、77円~77円台半ばのレンジから再び76円台半ば~77円のレンジに下落し、概ね76円台後半での小動きとなりました。
昨日は76.90円付近から軟調に推移するも76.70円付近はサポートとなっていましたが、NY時間に一時76.32円まで急落、そこからは反発し76.50円台へ戻しました。

今日は76円台半ばで推移していますが、ここから上昇の流れとなると、77円付近まで上昇することができるかを見たいです。
一方軟調な流れとなると76円台半ば~昨日の安値76.31円付近では支えられるか見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週は、週初12日に1.3494ドルの安値を付けたものの、そこからは反発の動きとなり15日には日米欧中銀が協調して3カ月物ドル資金供給を行うとの発表を受け一時1.3936ドルまで上昇、しかし1.39ドル台は維持出来ず1.38ドル台後半へと下落しました。週末16日は軟調な流れで欧州序盤に1.38ドルを割り込みましたが、その後は1.37ドル台後半では底堅い動きを見せ1.38ドルを挟んで上下し明確な動きは出ませんでした。

昨日はEU財務相会合で債務問題解決に向けの具体策が示されなかったことから、大きく下へ窓を開ける軟調なスタートとなり、NY時間には一時1.3586ドルまで下落、しかしその後は大幅反発しNY午後には1.3720ドルの高値をつけました。
今日はS&Pがイタリアの格付けを引き下げたためユーロドルは1.3602ドルまで急落、その後1.3650ドル付近まで回復するもまた反落し一時1.36ドル割れ、現在は1.36ドル台前半での推移となっています。
ここからも軟調な流れとなり1.36ドルを大きく割れると、13日の安値1.3557ドル、まだ下げれば12日の安値1.3494ドル付近までの下落が考えられます。
一方、反発の流れとなると今日の高値1.3647ドルを越え、1.37ドル~昨日の高値1.3720ドル付近まで上昇できるかを見たいです。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週は12日から14日まで3日続落し、ついに121円を割り込み120円台へ下落、15日も欧州時間までは一時120.66円の安値を付ける弱い動きでしたが、欧州時間からじわじわと上昇し、NY時間には主要中銀が協調してドル資金供給の行うとの発表を受けリスクオンの動きとなり一時122.25円まで上昇、しかし122円台は一時的なものとなりその後は概ね121円台前半で推移しました。昨日は一時121円を割れる場面もありましたが、概ね121円台前半での値動きで121.24円で引けました。

週明けの昨日はドル買いの動きからポンドドルが1.57ドル割れし1.5632ドルまで下落、ドル円も下落したためポンド円は大幅下落しNY時間には120円を割りこみ一時119.46円まで下落、その後は小反発し120円を挟んでの動きとなりました。
今日も120円付近での小動きとなっていますが、ここからまた軟調な流れとなると昨日の安値119.46円付近、大きく下へ動くと2009年1月の118.82円も意識される位置にあり、引き続き下落警戒はしておきたいです。
一方、ここから反発となるとまず120円台へしっかり乗せることができるか、そして今のレジスタンス120.20円付近をしっかりと越え121円付近を目指し上昇していけるかを見たいです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1888-cdbb59b4
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替