FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


おはようございます。FX大好きママしましまです。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週最大の注目材料は26日のバーナンキ米FRB議長の講演です。今のところQE3導入とはならないと見られていますが、サプライズのQE3導入示唆となるか、今週末要注目です。
また、バーナンキFRB議長の講演を前に、政府・日銀が止まらない円高に対し何らかの対策を打ってくるかにも注視したいです。まずは追加緩和、介入は様々な方面からタイミングを計りながらということになるのでしょうが、なかなか流れに逆らうのは難しい状況のように見えます。

今週の主な経済指標等は、23日に独・8月ZEW景況感調査、加・6月小売売上高、米・7月新築住宅販売件数、24日にNZ・7月貿易収支、独・8月IFO景況指数、米・7月耐久財受注、25日に米・新規失業保険申請件数、26日に日・7月全国消費者物価指数、英・第2四半期GDP・改定値、米・第2四半期GDP・改定値、米・第2四半期個人消費・改定値、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。
また、今週は23日に2年債350億ドル、24日に5年債350億ドル、25日に7年債290億ドルの総額990億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

先週はまだ株安が進み、金は連日の史上最高値更新、原油は景気後退懸念で大幅下落、為替は全体的にリスク回避の中にもドル売り傾向となりましたが、今週はドル円が更に安値を目指すのか、また、QE3への思惑や景気後退懸念からドル安が全体的に進むのかなど、引き続き乱高下には十分注意しながら取引していきたいです。
では、今週も頑張っていきましょう!


今日は、77円がレジスタンスのドル円、今週はどちらへ動くか注目のユーロドル、126円台維持できるかのポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は上は77円で抑えられ、下は76.40円までと大変狭い値動きとなっていましたが、週末19日にはドル売りの流れ進み、ドル円もドル売り圧力強まりそれまでの最安値76.25円を下抜け75.94円まで下落、史上最安値更新となりました。その後は反発し、76.53円で引けました。

下への圧力が強く、先週末はついに史上最安値を更新したドル円、このまま何も起こらなければ今週も弱い動きとなりそうです。
今週軟調な流れとなり、今の水準76円台半ばを下抜けると3月につけた最安値76.25円付近~19日につけた史上最安値75.94円までの下げに、そしてまたも最安値更新の可能性も考えておきたいです。
先週は76.50円付近で引けましたが、ここから反発の動きとなると、76円台後半から77円までなんとか戻していけるか、強い動きとなれば77円台へしっかり乗せ、78円目指し上昇できるか見ていきたいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週15日は、ECBの国債購入額が過去最高となったことや独の12年度の国債発行額が前年比15%減となる予算案発表からユーロが買われたことでNY時間に1.44ドルを越え一時1.4476ドルまで上昇、その後も1.44ドル台を維持、16日は独GDP速報値や独仏首脳会談の内容などから伸びきれず、1.43ドル台後半まで反落となりました。
17日は欧州時間まで1.44ドルをしっかり越えられない動きでしたが、欧州時間に1.44ドルをしっかりと越え、NY序盤に一時1.4517ドルまで上昇、しかしその後はまた下落し1.44ドル台半ばでの推移に、18日は欧州銀行への懸念からリスク回避の流れとなり一時1.4271ドルまで下落しました。
週末19日は欧州時間からドル売りの流れ進み、NY時間にユーロドルは1.4452ドルまで上昇、その後1.43ドル台後半まで下落するもそこでは支えられ、1.4392ドルで引けました。

この2カ月ほど概ね1.41~1.45ドルの範囲内で推移しているユーロドル、ドル売りの流れではありますが今週も上昇しても1.45ドル台では上値重い流れとなるでしょうか。
今週上昇となれば1.44ドル台へしっかり乗せ、先週の高値1.4517ドル、7月4日の高値1.4578ドル付近まで上昇していけるかを見たいです。
一方、1.43ドル台後半を割り込み下落すれば50日線の走る1.4306ドル付近、19日の安値1.4258ドル付近までの下落に、1.42ドル台中盤を大きく割れてくれば、1.4150ドル~1.41ドル付近までの下落が考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週は125円をサポートに堅調に下値を切り上げながら推移し、17日は一時127円手前までの上昇となるも127円を前に抑えられ、18日は一時125円台へ下落するなどやや軟調に推移しながらも概ね126円をサポートとした動きとなりました。週末19日もやや軟調ながらもそう大きな動きはなく126.02円と126円台をなんとか守り引けました。

先週はポンドドルが上昇したため、ポンド円もドル円の軟調さを打ち消す堅調な流れとなり、週後半も126円付近をサポートに推移し比較的堅調な動きでした。
今週も126円付近のサポートを維持し堅調な流れとなると、17日の高値126.96円~127円まで上昇できるか、そして50日線も走る128円付近へと上昇していけるか見たいです。
一方、今週126円を大きく割りこむ軟調な動きとなると125円台前半~125円付近ではしっかり止まれるか、止まれず下げれば12日の安値124円付近、10日の安値123.29円付近までの下落が考えられます。



昨日から九州へ帰省しており、今日は予約投稿なので、朝一で相場が大きく動いてたらすいません(汗)
私の実家はモバイルでも電波がつながらないところで、外へ出ないとネットができませんので今週は更新時間もまちまちで、更新できない日もあると思います。
明日は家族で旅館にお泊まり、私の姪は生後半年で温泉初体験です。大きなお風呂びっくりするかな?(笑)
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1861-e2a3e718
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替