FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・7月小売売上高は、前月比+0.5%と市場予想通りの結果に(除自動車は前月比+0.3%に対し結果+0.5%と強い結果)、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値は市場予想62.0に対し結果54.9と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、欧州規制当局による空売り規制を好感し続伸、前日比+125.71ドルの11269.02ドルで引けました。

来週の相場は、まず今週月曜に前日比-634.76ドル、火曜に前日比+429.92ドル、水曜に前日比-519.83ドル、木曜に前日比+423.37ドルと凄い値幅で乱高下を続けたNYダウや欧州株価が落ち着きを取り戻せるかどうかに注目です。また、15日は米国債償還・利払い日ですが、それに伴う円買いがどこまで進むかに注意、介入の有無と合わせ値動きに十分注意しておきたいです。

来週の政策金利関連は、16日にRBA議事録、17日にBOE議事録が予定されています。
来週の主な経済指標等は、15日に日・ 第2四半期GDP・一次速報値、米・8月NY連銀製造業景気指数、米・6月対米証券投資、16日に独・第2四半期GDP・速報値、英・7月消費者物価指数、米・7月住宅着工件数/ 7月建設許可件数、米・7月鉱工業生産、17日に英・7月失業率/7月失業保険申請件数、米・7月生産者物価指数、18日に英・7月小売売上高指数、米・7月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・8月フィラデルフィア連銀景況指数、米・7月中古住宅販売件数、19日に加・7月消費者物価指数などの発表が予定されています。

昨日は、NYダウが比較的落ち着いた動きをしたこともあり、為替相場も今週の値動きの中ではかなり落ち着いた動きとなりました。ドル円は76円台後半中心の狭いレンジでの値動き、ユーロドルは欧州序盤に1.4150ドルまで下落する場面がありましたが、NY序盤には1.4291ドルまで上昇しその後も1.42ドル台を維持し1.4247ドルで引けました。クロス円も昨日は比較的落ち着いた動きとなりました。

今週も米格付け引き下げやフランスの格下げ懸念等から各市場大荒れの週でしたが、来週は乱高下から収束の方向へ向かっていくのか、来週も引き続き乱高下には十分注意しながら、慎重に流れを見ていきたいです。
では、来週も頑張っていきましょう!



今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週は週明けから軟調な流れとなり、8日には112円台半ばから一時109.71円まで大幅下落、その後も上下に振れつつも下向きの流れで10日には108.25円、11日には108.02円の安値を付けました。そこからは109円台後半まで反発しましたが上値も重く、週末12日は108円台中盤~109円台中盤のレンジ内での推移で109.28円で引けました。

ドル円が史上最安値水準で動きのない状態、ユーロドルは乱高下するもレンジ内での推移となっていますが、やはり来週以降ドル円が反発して来ないと、ユーロ円の上昇も厳しいものとなりそうです。
現在109円台後半で止められていますが、来週も110円台へ乗せれず軟調な動きとなると11日の安値108円付近まで、更に下抜けると3月の安値106.64円(GFT)も視野に入ってきそうです。
一方、来週底堅く推移できれば、110円台へ乗せていけるか、そして111円を越え週初の高値112.64円付近まで上昇していけるかを見たいです。




【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週8日は、東京時間には128.87円の高値を付ける場面もありましたが欧州時間からNY時間にはリスク回避の流れから127円も割れ126円台半ばまで下落しました。9日も軟調な流れとなり127円付近から大幅下落し一時124.50円まで下落、そこから反発するも126円台へは戻れず、10日も126円付近からずるずる値を下げNY時間には123.29円まで下落、その後124円付近へ戻すもそこでは上値の重い流れとなりました。
11日は124円を挟んでの動きから、NY時間には堅調な流れとなり124円を越え125円付近へ上昇、週末12日も124円~125円台前半での値動きとなり124.83円で引けました。

今週後半は123円台前半から125円台前半付近までのレンジになっているポンド円、来週もこのレンジ内での動きとなってくるでしょうか。
来週は反発となるとまず125円付近まで戻せるか、そして125円台へしっかりと乗せ126円付近まで、そして127円付近まで上昇していけるか見たいです。
一方、来週も軟調に推移し、124円を大きく割れると10日の安値123.29円付近、123円でも止まれず下落となると3月の安値122.22円(gft)付近が意識されます。




【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週は、先週に続きオージーの弱さがまた目立った週となりました。欧米景気減速への懸念からオージードルは一時パリティ割れの大幅下落となり、オージー円も週初から80円割れ、その後も次々とサポートを割り込み76円台まで下落、そこからは80円まで急反発も80円台には乗せれず77円台後半~79円台出の推移となり、週末12日には79円を挟んでのレンジで79.42円で引けました。

今週はリスク回避からのオージードルの急落で大幅下落となったものの、週後半は79円台へ戻してきたオージー円、来週もオージードルの動きや、株価や商品価格の動向にも注意しながら、もし反発の動きとなれば今週大いに売られた分反発も勢いづくのかどうか、慎重に見ていきたいです。

来週反発の流れととなると、まず80円をしっかり越え81.50~82円付近まで戻していけるかを見ていきたいです。
一方、来週もリスク回避の流れ強まり79円を下抜けると78円付近では止まれるか、まだ下へ行くと77円~今週の安値付近、さらに下落となると3月安値74円台半ばまでの下落も考えておきたいです。


明日は、ドル円とユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1852-8a851233
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替