転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された注目の米雇用統計は、7月非農業部門雇用者数が市場予想+8.5万人に対し結果+11.7万人、民間部門雇用者数が市場予想+11.3万人に対し結果+15.4万人、7月失業率が市場予想9.2%に対し結果9.1%といずれも予想を上回る強い結果となりました。
NYダウは、雇用統計の好結果から前日比+170ドル超の上昇となるも、その後米格下げ懸念や景気先行き不安から前日比-250ドル近くまで急落、そこから欧州債務懸念の後退で再びプラス圏に浮上するという大荒れの展開で、結局終値は前日比+60.93ドルの11444.61ドルと反発し引けました。

来週の相場は、まず今日S&Pが米国債の長期格付けを「AAA」から「AA+」に1段階格下げし、見通しもネガティブとしたことが週明けの市場にどう影響してくるか見たいです。また、来週は9日のFOMC政策金利発表、11日の豪雇用統計、12日の米・7月小売売上高などの経済指標や、円売り介入は続くか、数日以内にG7財務相会合が緊急に開催されるかどうかなど注目材料も多々あり、引き続き乱高下に注意の相場となりそうです。

来週の政策金利関連は、9日にFOMC政策金利発表が予定されています。政策に変更はなさそうですが、低金利維持への見解等その声明には注目したいです。
来週の主な経済指標等は、9日に英・6月鉱工業生産、英・ 6月商品貿易収支、10日に英・BOE四半期インフレレポート、11日に豪・7月新規雇用者数/7月失業率、米・6月貿易収支、米・新規失業保険申請件数、12日に欧州・6月鉱工業生産、米・7月小売売上高、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。

昨日は、東京時間に一時ドル円・クロス円が急騰する場面があったもののすぐ元の位置に下落しリスク回避の流れ継続、欧州時間は米雇用統計待ちの動きとなりました。NY時間は予想より強い雇用統計の結果にリスク選好の流れとなるも、米国格下げ懸念やGSが米国の成長見通しを引き下げ、再び景気後退に向かう可能性も指摘したことなどからリスク回避の流れとなりましたが、その後イタリア債務危機後退によりユーロが上昇、リスク回避の動きの巻き戻しとなりました。

今週はとにかく大荒れの週でしたが、来週も暗い影を落とす米欧景気先行き懸念からリスク回避の方向へ向かうのか、緊急のG7財務相会合が開催されるなどで相場反転となるのか、来週も乱高下に十分な注意が必要となりそうです。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週は週明け1日から軟調で一時108.71円まで下落、2・3日も111円がレジスタンスとなり上値重い流れでしたが、4日は政府・日銀の円売り介入により一時114.16円まで急騰、しかしその流れは長続きせず再び111円台まで大幅下落、週末5日はリスク回避の流れから東京午後~欧州序盤に110.30円台まで下落しましたが、そこからは持ち直し111円をサポートとする流れとなり、NY時間には111円~112円台前半での推移となり112.05円で引けました。

介入によるドル円の上昇や、週末の欧州債務懸念後退からのユーロドルの上昇により持ち直して引けたユーロ円ですが、来週も底堅く推移すれば、まず112円付近をしっかりと固め113円台へ上昇できるか、そして50日線113.74円をしっかり越え今週の高値114.16円付近まで上昇していけるかを見たいです。
一方、来週もリスク回避の流れ継続で反落し111円~110円台後半を割れると、110円~先月12日の安値109.57円、まだ下落となれば109円~今週の安値108.71円付近への下落が考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週1日は高値128.5円、安値124.18円と4円超の値幅が出る荒れ相場で、ポンド円はドル円の下落や英指標の弱い結果から下落、NY時間には一時24.18円の安値をつけましたがそこからは126円近くまで反発、2日はリスク回避の流れから軟調に推移、欧州時間以降は126円をレジスタンスとする動きに、3日は東京時間は126円に抑えられ125円台後半での小幅な推移、欧州時間は指標結果がよかったことなどから126円台へ上昇、その後はほぼ126円台前半~半ばでの推移でした。
4日は日銀の円売り介入で急騰し一時130.83円と7月5日以来の水準まで回復しましたが、NY時間にはリスク回避の流れが進み128円台へ下落、週末5日は上値を50日線も走る129円付近で抑えられたものの比較的底堅い動きとなり、NY時間は128円付近をサポートとし128.58円で引けました。

今週は週前半軟調だったものの、週後半は今までのレジスタンス128円台前半を越え一時130.83円まで上昇し128.58円で引けるという堅調な流れとなりました。
来週はこのまま128円付近をサポートとし、50日線も走る129円付近をしっかりと越え130円を目指せるか、そして今週の高値130.83円を越え200日線131.69円付近を目指すような上昇となれるかを見たいです。
一方、ここからまた128円を割りみ軟調に推移すると127円付近まで、まだ下落となれば126円~125円台前半付近までの下落が考えられます。




【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週はオージーの弱さがひときわ目立つ週となりました。欧米景気減速への懸念からオージードルは1.10ドル台から週末には一時1.04ドルを割り込む大幅下落となり、オージー円も週初の86円付近から次々とサポートを割り込み下落、週末5日には82円も割り込み一時81.40円まで下落し81.92円で引けました。

今週はオージードルの急落で大幅下落となったオージー円、来週もオージードルの動きや、今週大幅下落し90ドル割れした原油相場、そして金相場にも注意しながらまだ下を目指す流れとなるのか慎重に見ていきたいです。
来週もリスク回避の流れ強まり今週の安値81.40円を下抜けると80円台半ば~80円付近までの下落も考えておきたいです。
一方、来週は反発となるとまず82円をしっかり越え83円台へと上昇できるか、そして200日線84.14円付近まで上昇し200日線を上回る上昇ができるかを見ていきたいです。


明日は、ドル円とユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
昨晩は、豪ドル円を、久々にトレードしましたーv-6181円台に突っ込んだチャートの形を見て、介入、介入と心の中で叫びながら、豪ドル円を、連発買い発注♪ほとんど何も考えず、ひたすら、発注するのは気持ちいいですねー☆来週もがんばりましょ!v-91
2011/08/06(土) 15:11 | URL | junichi!! #-[ 編集]
私もオージー円トレードしました♪オージードルも今週は凄かったですよ!
来週もjunichiさん好みの荒れ相場になりそうですね、頑張りましょう!!
2011/08/07(日) 00:51 | URL | FX大好きママ(しましま) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1845-ea95a0c2
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替