転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

ここ数年で1000通貨単位の取扱いを開始される業者がかなり増えました。1000通貨単位で取引したいという、個人投資家の要望が多いことが窺えます。初心者の方や自信のない方は1000通貨単位で練習を重ねて、自信がついてから1万通貨単位でトレードされるとよいですね。
私がFXを始めたころ(2005年)は、1000通貨単位の会社はほどんどありませんでしたし、スプレッドも広く手数料もとられていましたが、今は手数料無料の会社も増えて、スプも狭く、1万通貨単位の取引とほぼ変わらない環境で有利に1000通貨単位の取引が可能となっています。

今日は、1000通貨単位の取引をするのにおすすめの業者さんを2社ご紹介します。

1社目がトラップリピートイフダンで有名なマネースクウェア・ジャパンです。
トラップリピートイフダンとは、自動リピート機能により、ほったらかしで積極的に収益が狙える、マネースクウェア・ジャパンのオリジナル注文機能です。以前から1万通貨単位でこの機能は使えたのですが、1万通貨単位で損切りなしでこの機能を使うのはリスクが大きすぎる、損切りありなら相場観がいりますし、その手間は実は普通のトレードとそんなに変わらないではないかと思い、私はご紹介しませんでした。しかし今は1000通貨単位でトラップリピートイフダンが使えるということで、私も大変興味を持っています。トラップリピートイフダンは、一回設定しておけば、後は注文を出さなくても勝手に売買してくれ、ほったらかしでいいというのが何よりの魅力です!!

そして、私が愛用しているGFTも、去年7月から1000通貨単位での取引を開始しました。GFTチャートは本当に秀逸で、私はGFTのチャートで分析をしているのですが、7月から1000通貨単位で取引が可能になったことで、GFTもぐっと口座開設しやすくなりましたね♪
1000通貨単位でも手数料無料ですし、現在キャッシュバックキャンペーンも行っててお得ですし、綺麗なチャートを見たい方はぜひGFTに口座開設してみてくださいね!
GFTはデモがありますので、まずはデモで練習、そして1000通貨単位の取引でご自分のトレードの形を掴んでから1万通貨単位の取引へ移行されると、けがが少なくてよいかと思います。


今日は、今週史上最安値更新となるか注目のドル円、ドル売りから底堅い動きとなるかのユーロドルの分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週は米債務問題、米国雇用統計、RBA、BOE、ECB政策金利発表等注目材料目白押し/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


【USD/JPY 日足】
usdjpy

ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週25日は米連邦債務上限引き上げ協議が難航していることが嫌気され一時78.05円まで下落、上値も78.55円と78円台半ばでは抑えられ上値重い動きとなり、26日は東京午前には77.89円まで下落後すぐ78.70円まで急騰するなど荒い値動きでしたが、その後は78円付近で上値の重い小幅な動きとなりました。
27日は欧州時間に77.57円まで下落するも、ユーロの下落・ドル買い戻しにより持ち直しNY時間には78.16円まで上昇、しかしそれ以上伸びることはできず再び78円付近での動きに、28日は77.60~77.90円での小幅なレンジでの推移でした。週末29日は米連邦債務上限引き上げ協議が難航していることに加え、米・第2四半期GDP・速報値が市場予想前期比年率+1.8%に対し結果前期比年率+1.3%と予想より弱い結果に、シカゴ購買部協会景気指数、ミシガン大消費者信頼感指数も相次いで弱い結果となったためドル売りが進み77円台前半へと下落、そしてNY終盤には77円を割り込み76.72円の安値をつけ76.75円で引けました。

8週末は上院が下院の債務上限法案を否決、民主党は妥協案を提示していますが、こちらが8月2日の期限までに合意に至るかが注目されます。
米連邦債務上限引き上げの合意が得られるまでは引き続きドルが円より弱い流れが続きそうで、3月17日早朝につけた最安値76.25円を下抜け最安値を更新するのか、また、そうした動きになればいよいよ日銀の介入が実施されるのかが注目されます。
一方、今週反発の動きとなれば、まず77円台へしっかり戻せるか、そして77円台後半から78円へと上昇し78円台中盤を目指していけるかを見たいです。




(ドル円月足は先週の内容とほぼ同一です)
【USD/JPY 月足】
usdjpy
こちらはドル円月足です。今日月足チャート更新しようと思ったのですが、GFTがメンテナンス中なのでまた来週させていただきます。

ドル円は2008年3月に102円の重要サポートを割り、リーマンショック後から100円割れが定着、上値もどんどん切り下げずるずると下落を続け、2009年11月には84.80円の安値を、そして今年も安値を更新し続け、3月17日早朝にはついに史上最安値を更新、一時76.25円をつけました。

3月のこの急激な下落がセリングクライマックスのような雰囲気はありましたが、その後なかなか反発の兆しが感じられず、先週はついに76.75円まで下落してしまったことで、76.25円が最安値だという可能性がかなり低くなり、ここから下へ行く動きにも警戒しておきたい流れになってきています。とりあえず今週は3月17日の安値76.25円を割れず耐えきれるかに注目です。
下の1995年の値動きと同様に、反発上昇しても85円~86円をあっさり抜くのは難しく暫くはもみ合いが続いておかしくないですが、それにしてもドルが弱い動きで、このままあまりにも上値を切り下げる動きが長引くと、まだ下へ行くと考えた方がよさそうです。


usdjpy2
ちなみにこちらが約16年前・1995年のドル円日足チャートです。
年明けから100円をレジスタンスにし、2月に96円割れをしてからきつい下落となり4月には史上最安値79.70円(GFT)をつけます。その後87円付近まで上昇してからまた82円付近へと下落し、2ヶ月ほど85円をレジスタンスに揉み合いを続けた後本格的に上昇開始となりました。
今回はどのような形でこの円高が終了するかまだわかりませんが、参考までに載せてみました。




【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週25日は朝方1.4416ドルまで上昇するも、その後は1.44ドルを割り込み1.44ドル付近では重い動きで、ドル売りの相場ながらも伸びきれない動きでしたが、26日はドル売りの流れから東京午後に1.45ドル台まで上昇、欧州時間で1.45ドル割れするも底堅く推移し、NY時間には再び1.45ドル台へ乗せる堅調な流れとなりました。
27日は東京時間は1.45ドルをサポートとする底堅い動きでしたが、欧州時間はショイブレ独財務相が無条件の国債購入に反対の姿勢を示したことなどから1.45ドルを割り込み1.44ドル台中盤へ下落、NY時間はダウの200ドルもの下落もあり1.44ドルを割れ一時1.4339ドルの安値を付け、1.43ドル台中盤での弱い動きに、28日も欧州時間に弱い指標結果を受け一時1.4254ドルまで下落、その後は1.43ドル台へじわじわ回復しました。
週末29日は、米連邦債務上限引き上げ協議が難航していることに加え、米・第2四半期GDP・速報値など米指標が弱い結果だったためドル売りが進み1.4413ドルまで上昇し1.4385ドルで引けました。

今週も米連邦債務上限引き上げ協議が難航するなどでドル売りが進みユーロドルが堅調に推移すれば、1.44ドル台へ乗せ22日の高値1.4437ドルまで上昇できるか、強い流れとなってくると1.45ドル付近、そして27日の高値1.4536ドル~今月4日の高値1.4578ドルまで上昇していけるか見たいです。
一方、今週軟調な流れとなると50日線1.4316ドル付近では支えられるか、1.43ドルを割り込む動きとなると1.4260ドル付近から1.42ドル付近へ、まだ下落の流れ続くと1.4150ドルから1.41ドル付近への下落が考えられます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1839-b1b89a11
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替